たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

茶の器

2017年04月19日

1本のる電車をまちがえて、宿河原のホームでしばし待って。

南武線のなかで、おはようございます。今日はよろしく。


久地からは、もう1人の友人ものってきて、おはようございます。


3人で出かけた日。


川崎でのりかえて、上野東京ラインにのって。


多摩川をこえて、眺めながら、話しながら。



上野公園!


ひろびろ感じる。


新緑のあわい色あい。

木々の匂いをかぐと、おにぎりが食べたくなる。


なぜだろう。きっと微かな遠足の記憶。

持たせてくれた海苔と梅干しと白いごはん。


春のような、夏のような、雨あがり。


きっと葉っぱは、水をすって、喜んでるんだろうな。



久しぶりに訪れた国立博物館。


なかに入ると大階段。の脇のロッカーに、それぞれリュックを預けて。



さっそく、茶の湯展の展示へとはいってゆく。


ガラスケースのなかに、茶道具。


たくさんの形、それぞれの味わい。

近くで目をこらして見られるから、微妙な手ざわりや重さが想像できる。


誰の手をわたってきたか。


作陶の人、茶人から、天下人たち、豪商、骨董屋。

パネルの系譜をみては想像し、心沸きたつ。


堺の町の話をきいて、茶席を思い浮かべてみる。


一休さんの書。詩がしみじみと沁み入った。

流れてゆく花の香り。一行から伝わるもの。

流浪の生涯。茶も禅も同じようなもの、という思想。



いい土から、いい器ができる。

その話をきいて、心にのこった。



最後のほうで、おなかが鳴り出した。

ちょっと無口になってしまい、申し訳なかった。



ブースをでて、お土産物コーナー。

絵はがきやクリアファイル、脇にはがちゃがちゃ。



外にでて、新鮮な空気をすいこむ。

暑いんだよね。


裏手には庭があり、池があって。木々が美しかった。

3人で歩けてよかった。


茶室へ。腰をかがめて入ってゆく。



さてさて、おなかすいたね、と上野公園をあるく。


おおきな交差点をわたり、アメ横へ。


海鮮丼屋さんでビール飲みつつ、おいしかった!

身体中にしみわたった~!


アメ横あるいてたら、お兄ちゃんと呼び込みの声。

お茶・豆類・海産物・ミリタリー・かばん・などなど…。


地下におりると、多国籍食材空間。

スパイス・野菜。生け簀にぎっしりの鯉。

行ったことないけど香港を想起したりして。


なに食べようかとぶらぶら。


屋台風の小籠包を食べたくなった。

焼きイカに煮玉子に大根餅。生ぬるいビール。


ゆきかう雑踏、むかいの店の桜模様のスカジャン。

場所はよかったんだけど、味は残念。



ローソンでビールを調達し、ピンク映画館を横目に、不忍池へ。


ベンチにこしかけて、乾杯~(^^)

ケバブを頂きながら、いいひととき。


枯れた蓮の花。また咲く季節がくるだろう。



上野まであるいて、川崎、登戸。


遠足の日をありがとう。  


  • Posted by えだまめ at 23:05Comments(0)

    波の音色

    2017年04月16日

    まぶしい新緑。


    日曜日の昼さがり。


    新百合にある沖縄料理屋へ。


    知人の三線教室を聴きにゆきました。



    テンテントントン♪

    暖かみのある音色に包まれてゆく。


    生徒さんは5名。


    それぞれのずれが生みだす、心地いいハーモニー。


    泣きな~さ~い~、笑いなさ~い~。



    やさしくうねる波が曲になってゆく。

    懐かしい景色や、友へと導いてくれるような。




    音楽は、とても崇高で、身近なものに思えてくる。


    琴線に触れられて、いい気分になりました。


    自然な味わいの料理もおいしかった!


    ありがとう!  


  • Posted by えだまめ at 20:09Comments(0)

    花見日和

    2017年04月08日

    やわらかな花曇り。


    陽がさしてきて、きらきらひかる桜吹雪。

    水面をながれてゆく花びら。


    たまりばーるでゆっくりご飯をいただいて。


    ぶらぶらと歩いてゆく二ヶ領用水‥‥♪  


  • Posted by えだまめ at 09:42Comments(0)

    小さな花束

    2017年04月03日

    春。街のすみには咲きかけの桜。


    ひさしぶりに、80になるおばに会いにゆく。


    小さな花束をわたしたとき、笑みが零れて光った。



    昼も、夕方も、夜も、時をこえて、たくさんの話をした。


    生きている、ことは不思議だ。


    会えてうれしかった!


    そして、生きていてくれてありがとう、と思った。







    おばに会いにでかけた。


    最後にあったのは、学生のころだから、もう20年近く経つ。


    ちいさな花束を、鶴川の駅前の花屋でかった。

    電車にゆられながら、白い花、あわい黄色の花が光っているように見えた。


    登戸と、立川でのりかえて、国立へ。


    すっかり駅舎は変わっていたけれど。

    ロータリーから、最寄りのバス停まであるいてゆく。


    薄曇り、もしくは淡いブルーの青空。冷んやりして心地良い天気。

    アパートや一軒家のならぶ住宅街。


    おばは、前と同じアパートに暮らしていた。



    ドアがひらく。


    はにかんだ姿は、なんだか子どものようだった。


    さぁさぁ上がんなさい、といって通してくれた。


    小さな花束を手渡したら、あらおしゃれね~、と満面の笑み。

    花瓶に活けられたとき、花の本来あるところに在る気がした。



    旅のはなし、仕事のはなし、家族のはなし、今の世相。

    うれしいことも、かなしいことも話した。


    それぞれに発見もあり、こういう意見もあるのか、とも思った。


    昔、お連れあいと会えなくなった過去。

    ふかい悲しみの記憶とともに、ここまで溌剌としていることに、驚くしかなかった。


    もしかしたら、それは言葉をとおして伝えようとしてくれた意思、なのかも知れない、と思った。


    80と40。

    半分しか生きてないのよ。まだまだこれからよ、と言ってくれた。



    学生寮をいとなみながら、日本語教師をしながら、出会った学生たちの姿。


    働きながら絵を描いている、娘さんのこと。

    そして、おば本人の絵も見せてくれた。


    前衛的な画風。かっこよかった。


    これも食べなさい、あれも食べなさい、私のも食べなさい、といって相当食べたきがする。

    まだまだ若いんだから、とかいって‥、さすがに多すぎたけど。

    たべてほしい、という気持ちがすごく伝わってきた。


    ながい時間をかけて、話ながら、ゆっくりいただくひととき。


    ごちそうさまでした。おいしかった!


    満腹感。ありがとう。




    玄関をでたら、またいらっしゃい、と言ってくれた。


    ふたたび、駅にむけてあるいてゆく。

    街の隅には咲きかけの夜桜。


    風はつめたいけど、蕾がほころんでいた。  


  • Posted by えだまめ at 09:29Comments(0)

    つぼみ

    2017年04月01日

    今日もふくらんでいた、あたまのうえ。


    ぷっくり、ぷっくり。




    今かまだか、って、思ってるかな。


    それとも、もうちょっと枝から眺めていたいかな。





    雨のなか、風のなか、ふるえてたつぼみ。


    花ひらくときを待ちわびて、また春がくる。



    もうすこしで咲きそうな予感がする、夜のなか。  


  • Posted by えだまめ at 22:20Comments(0)

    菜の花

    2017年03月22日

    やわらかな風のなか。


    がたごと汽車にのって出かけた。


    菜の花をながめながら。




    ふるい踏切・信号機。


    白い駅舎もすごく味わいがあって。


    いちど降りたら、次は2時間あとだった‥。


    ぶらぶらと散策することに。




    たまたま寄った電器屋さんへ。


    いつのまにかお茶とおせんべい。


    ゆっくりと世間話、おしゃべりのとき。




    なだらかな里山をゆく。


    谷あいをぬけて、トンネルをくぐる。





    はじめてのる小湊鉄道。空は水色。


    まぶしいほどの菜の花のいろ。  


  • Posted by えだまめ at 11:20Comments(0)

    ほほえみのタイ~ほほえみ

    2017年03月07日

    スリンから、夜行列車にのってゆく旅。


    ゆっくりと入線してきた車両へと。



    緑のカーテン。二段寝台の下段。


    心地よいゆれ。唸りをあげるモーター音‥♪



    ディーゼルの生々しい息づかいを感じるとき。


    ふかふかのマットがすごくきもちよかった。



    宵闇に街の灯り、ぽつぽつと、弾けとぶ光。




    夢のように流れてゆくとき。


    どこへ向かう?





    あけてゆく淡い空。


    都会。色とりどりのタクシー、踏みきりに。

    見覚えのある景色‥。ここはバンコク。




    おおきな駅には、歩きまわるひとの群れ。


    今日もにぎやかな1日がはじまる。




    ぶらぶらとあるき、桟橋まで。


    土に濁ったチャオプラヤ河をボートでのぼる。


    バスさながらに混んでいて、でもしばらくしたら座れた。



    風がふきぬけて、さわやかな気分。


    行きかう舟は、ただそれぞれの想いをのせて。


    やわらかな風景、大好きな船の旅。






    ゲストハウスにはいって、しばらく洗濯とかして。


    屋台では、おいしいおいしいカレーを頂く。



    にこやかに、笑みをうかべながら。


    挨拶をかわすとき、おしゃべりをするときに。


    自然にこぼれてゆくほほえみ。






    先日、日本に帰国しました。



    タイ・ラオスに来られてよかったです(^^)


    あたたかかったこと・おいしかったこと・たのしかったこと。



    たくさんの思い出を、ありがとう!  


  • Posted by えだまめ at 09:24Comments(0)ほほえみのタイ

    ほほえみのタイ~でこぼこ

    2017年03月03日

    バスにがたごと揺られてゆく。


    ちいさな街から、峠をこえて、国境をわたり。

    いまはタイの東北部、イサーン地方を旅しています。



    タイ、といってもけっこう広くて人の顔も料理もいろいろある。

    カンボジアのクメールっぽい褐色の顔だったり。

    辛いソムタム(パパイヤサラダ)もあったり。




    コンケーンから、ローイエット、スリン。


    あまり旅行者がいかないような、知らない街へ、流れるままに。


    なんか、そういうのも新鮮。

    ありのままの姿のタイのような気がする。



    乗り合いのソンテオにのってゆく。


    荷物をたくさん抱えたおばちゃん。

    こっちに来なさいといって横の席に。



    にこにこの日に焼けたおじちゃん。

    何気のない世間話がはじまる。


    アイスコーヒーをストローで吸いながら。



    ふきこむ風に舞いあがる土埃。


    木漏れ日がさしこんで、向かいの席の女の子のさらさらの髪がひかるとき。

    やわらかな幻のように、揺れながら。




    いろんな人に親切にしてもらう旅。

    スクーターにのせてもらったりして。


    こころに触れる、やさしい笑顔に出会うとき。




    そろそろ旅も佳境で、今晩の夜行列車でバンコクに向かいます。


    良いひとときになりますように。  


  • Posted by えだまめ at 10:16Comments(0)ほほえみのタイ

    ほほえみのタイ~川のほとり

    2017年02月25日

    ルアンパバーンへ。


    メコン川にそった、数多くの寺院のある街。


    着いたときはわからなかったけど、歩くにつれて土地の方向感覚に慣れてきた。



    おいしいお粥屋台にうれしくなったり。

    おかゆのなかにはジューシーな肉団子。


    あっさりした味つけで美味。

    ライムを搾って、ナンプラーもちょっと。

    揚げたさくさくパンをひたして食べるんだけど。


    なんとなく、鍋のしめの雑炊をたべる感じ。

    旨みを、身体の髄にまで。






    早朝の5時に起きちゃって、6時から托鉢をみに。


    思ってたよりもたくさんの僧侶たち。

    鮮やかなオレンジの袈裟。


    喜捨をあたえる人はひざをついて、竹で編んだおひつからもち米(カオ・ニャオ)をわたす。


    地元のおじちゃんや、おばあちゃんたちのすがた。

    根づいてる文化なんだなぁと思う。



    まるで京都みたいに、古い家屋もたくさんあって。


    いろどる花々は、本当に美しくて。

    空の青さとひびきあって、絵みたいで。



    お餅に卵をつけて炭火でやく屋台とか。


    最近のマイブーム、ジュースコーナーもいって。

    ラオス・マッサージもして。




    両替をしたら、札束のおおさに驚いて。

    そのくせすぐになくなってゆき。

    通貨の感覚をおぼえていって。





    スローボートで出会った人のひとりとばったり会って、話したり。


    フランス人の親子にも、また会いたかったな。

    連絡先を交換しそびれて、ちょっと残念‥。


    トランプして、たのしかったから。


    陶芸家のひと。

    子どもたちをデッサンするときの、やわらかな目線。



    でも、そうした一期一会が、やっぱり旅のよろこび。


    また会えないとしても、大切に思えるひととき。




    少数民族のカム族の女の子、視線がきりっとしてた。


    なんだか、生きているものの姿。





    夕暮れどきになって、川ぞいのレストランへ。


    オラームという野菜たっぷり鶏肉いりのトロっとしたスープ。もち米(カオ・ニャオ)

    そして、ビアラオを注文。



    ビールをグラスに注いで、行きかう舟をながめながら、ちびちびと味わう夕暮れどき。


    あぁ~、いい1日だったなと思う。  


  • Posted by えだまめ at 22:10Comments(2)ほほえみのタイ

    ほほえみのタイ~スローボート

    2017年02月23日

    ゆらゆらと揺られてゆく、さざなみのうえ。


    2日かけて、ゆっくりと。

    ルアンパバーン行きのスローボート。



    土の色をしているメコン川。

    はるか雲南から、プノンペン、ホーチミンへ。



    谷あいの集落。青々とした田んぼ。にぎやかな都会。


    国境をこえて、ながれてゆく水。




    タイから、ラオスへ。


    言葉も、食べものも、ことなるところ。


    それぞれの人の営みを感じる、旅の途中。


    生きものたちの暮らし、朱い夕日がつつみこむ。



    雨季と乾季と暑季をくり返しながら、ながれてゆくとき。



    人は舟のうえ、泣いたり笑ったり。


    零れた涙をふいたら、あふれてくる微笑み。




    どこかから来た土を見つめる水面。

    きらきらと照りかえす、まぶしいひかり。  


  • Posted by えだまめ at 06:41Comments(0)ほほえみのタイ

    ほほえみのタイ~ナンプラー日和

    2017年02月21日

    チェンライの食堂屋台。


    センミーという米の細い麺に薄味のスープ。

    魚のつみれと鶏肉とパクチーものってる。


    それに好きなだけナンプラーも香辛料もいれて。


    ちょうどいいように味つけできるから、うれしい。



    いい具合にほっとかれるような。

    話してみたらとっても優しくて‥。


    やや照れて、はにかむ顔。


    タイって本当に居心地のいいとこだなぁと思う。





    バスで北上し、国境をわたりラオスまで。


    明日からは、メコン川をスローボートで下ります。  


  • Posted by えだまめ at 14:52Comments(0)ほほえみのタイ

    ほほえみのタイ~星とテント

    2017年02月20日

    チェンダオ・シャンバラフェスティバルへ。


    山の麓で、テントをはって過ごした日々。


    森のなかの音に耳をすませたり。

    色々な人とともに語らったり。


    のんびり温泉につかったり。

    冷たい川に身体をうかべたり。



    心にひびく音楽にひたって、踊って。




    夜はたき火を囲んで、暖をとって。


    テントのうえの星をみあげながら。


    ゆっくり過ごした日々だった。  


  • Posted by えだまめ at 08:25Comments(0)ほほえみのタイ

    ほほえみのタイ~ほほ

    2017年02月14日

    チェンマイへ。


    たくさん寺院をめぐりあるいた。


    にぎやかな時のなか、おおきな古木にほっとしたり。

    思いがけないほほえみに癒されたり。



    色とりどりのマーケット。

    露天には、焼き鳥だったり、果物ジュースだったり。


    タイ式マッサージもたくさんあって。


    あちこち歩きつかれたときに気がつくのは。


    いつもこちらを見ているようなおおきな木だったり。

    街角にある大衆食堂の、なにげのない人の雰囲気だったりするのだ。


    きっと本にも載らない、自分にとって大切におもえるところ。



    頬にしわがよって微笑みになる。

    かげも光もやわらかなしるしのように。


    あたたかな感情になってゆく。  


  • Posted by えだまめ at 01:20Comments(0)ほほえみのタイ

    ほほえみのタイ~車窓から

    2017年02月11日

    車窓からはあおい田の匂い。


    ふきこむ風に涼をいただきながら。


    居眠りしたり。景色をながめたり。

    のんびりしている人のすがた。


    なんだか懐かしく感じるひととき。





    バンコクから、アユタヤへ。


    川を渡し舟(5バーツ)でわたり、市場をぬけてゲストハウスに着く。

    森のなかにある、素晴らしい雰囲気の宿だった。

    窓をあけたら蓮の池。葉の繁る木々。


    青年の友人とレンタサイクルで遺跡めぐり。



    かつて交易で栄えたアユタヤ王朝の遺構。

    遥かポルトガルから、日本まで、海をこえて広い交易圏。



    途中、道を聞ききき、なんとか色々まわれた。



    晩ごはんは、パッタイというタイの炒め麺。



    友人とは、ここでお別れ。

    バンコクへむかうため、駅まで見送り。



    今日はこれから、チェンマイへ向かいます。


    古都で、ふるい寺院もたくさんあるという。

    おいしいご飯も、楽しみ(^^)


    しかし、15時出発の翌朝4時着って‥。


    気をつけて、行ってきます!  


  • Posted by えだまめ at 12:42Comments(0)ほほえみのタイ

    ほほえみのタイ~風と光の恵み

    2017年02月08日

    いまバンコクに来ています。


    空港をおりたら、あまりの熱気にびっくり。

    服を脱いで、Tシャツ1枚になりました。



    ミニバスにのって、中心街にあるカオサンロードをめざす。


    高速道路からみえる広大な街並み。

    ところどころに高層のビル。

    点々とある人のにぎわう露天の市場。


    あぁ、海外に来たんだなぁと思うひととき。



    降りたところは、商店のたちならぶ通り。


    そこで、バスに乗っていた青年に話しかけられる。

    タイもゲストハウスに泊まるのも初めてとのこと。


    そりゃ、僕だって大して知ってるわけではないのだけれど。

    一緒に宿までいってみることにした。

    長野に住んでいる、感じのいい人柄のひとだった。



    宿には、歩いて10分ほど。

    下町のなかの運河沿いにあった。

    庶民的なアパートメントをそのまま利用していた。


    結局、自分もここに泊まることにした。



    夜の屋台に繰り出して、カオマンガイ(鶏肉かけご飯)を食べたり、王宮のほうまで散歩したり。


    町のひとに話しかけたときに、はにかんだ何気のないほほえみに癒される。


    コップンカップ(ありがとう)。

    やわらかなことばの響き。


    手をふって、またねと言って。

    優しいきもちになれるとき。


    風と光の恵みがありますように。


    今日も、ゆっくりと歩きたいと思います。  


  • Posted by えだまめ at 08:33Comments(0)ほほえみのタイ

    春へ

    2017年02月04日

    やわらかな風のなか、立春。


    ほほえむ花にありがとう。

    日々の空をみあげよう。


    あしもとの土をふみ、歩いてゆく。  


  • Posted by えだまめ at 16:36Comments(0)

    一月の海

    2017年01月23日

    つめたい風に、夕日が染みてくるホーム。


    電車をのりついで着いたのは、海沿いの駅。


    京浜運河のむこうにはオイルタンク。白とオレンジの格子柄。



    かけられた橋のさきの埠頭。


    ときおり小さな船がゆきかっている。




    改札からさきへは工場になっているので入れず。


    次の電車まで待ちぼうけ、駅わきに設けられた公園ですごすひととき。




    生け垣にさいている花の匂い。


    ちょうど陽がさしてきて、ほころぶ気持ち。



    来た電車からおりる人と、仕事あがりの人でまざりあう。




    小学生くらいの男の子が、柵から身をのりあげて海を見ていた。

    もしかしたら、自分もちっちゃなころはこんなだったかな。



    抱きあげて、話しかけたいこころの片隅。


    こっそりうつした携帯のカメラ。


    一月の海の色。あたたかな陽が染める。





    ひさしぶりに帰りは、東神奈川から横浜線。


    町田のターミナルのにぎわう雑踏。



    吉野家でたべて、また一歩。


    あたたかいロッセの珈琲。


    冬の日のちいさな旅。  


  • Posted by えだまめ at 11:52Comments(0)

    えひめの海~お正月

    2017年01月01日

    新年あけまして、おめでとうございます。

    今年もよろしくお願いします。



    いまは尾道の実家にいます。

    島ですごすお正月。



    兄一家もきていて、ひさしぶりに甥っ子たちと再会。

    ミニ卓球をしたり、将棋をさしたりして、えがおのとき(^^)



    お雑煮も、餅もちとおいしくて。

    みかんを食べたり。


    ひさしぶりに撮った家族写真。





    先月は、別府から、湯布院、黒川と温泉めぐり。


    電車で門司港まで。



    下関にわたり、岩国、宮島、尾道と、山陽の旅。


    なんだか、とても思いでぶかい、充実した旅だったなと感じています。




    今年がみなさまにとって、しあわせな年でありますように。  


  • Posted by えだまめ at 13:50Comments(0)えひめの海

    えひめの海~海をわたる

    2016年12月20日

    みかんの日々がおわった。



    おとうさんは、またいつでも来なさいと言ってくれた。

    おかあさんは、にこにことお茶を水筒に、みかんを袋にいれて、もたせてくれた。



    バイターさん仲間は、そのままでいいんだよと言ってくれたり。

    もうひとりの仲間は、ポロポロと涙までながしてくれた。



    優しい日の思い出、抱きしめながら。


    家のまえで、何回も、手をふって。





    クルマでフェリーのみなとまで送ってもらい、出航のとき。


    おおきな、白に、緑のラインが入った船、えひめ号。


    甲板にでたら、雲ひとつない真っ青な空。



    すこしずつ遠ざかってゆく四国。


    うかぶ島々や、ちいさな船。



    さわやかな風が心地よかった。





    たまたま二等船室のなかで話したふたりも、みかんバイト。


    すこしだけ、一緒に旅をすることに。



    見えてきた九州。



    山あいからたちのぼる湯けむり。


    ここは温泉のまち、別府。







    あたたかな、自然にわきあがる泉。


    町内には、たくさん銭湯みたいな温泉があって。


    100円で入れるのだ。幾つもはしごしながら。



    竹瓦温泉はなかでも、すごく風情あるところ。


    お寺みたいな外観に、木のぬくもり。


    最高にきもちよかった~。





    湯あがり、ぶらぶら商店街をあるく。


    ブルーバードという単館の映画館で、映画をみて。




    みのりという居酒屋で晩ごはん。



    ビールに麦焼酎。


    だんご汁・りゅうきゅう(青魚の刺身に生姜、醤油、みりん、胡麻)

    じゃこおにぎり、鶏天など、郷土料理。


    めちゃめちゃ、おいしかった!




    夜に、また温泉にはいって、散歩しながらゲストハウスへ。



    ぐっすりと眠って、朝をむかえる。



    今日はどんな1日になるだろうか。



    温泉三昧の日々、満喫してきます。  


  • Posted by えだまめ at 08:23Comments(0)えひめの海

    えひめの海~こたつとみかん

    2016年12月13日

    きょうはおやすみ、雨の音。


    こたつにいろいろなみかんをならべて。



    ちいさいの。

    ふたこぶの‥。


    まんまるの。


    とがったの!

    おおきいの。





    やさしくて、甘酸っぱくて。


    葉書をかきかき、だんらんのとき。




    ・・・・・・・・・・・・



    えだまめのブログ、80000のアクセスをいただきました。


    読んでくださり、どうもありがとうございます(^^)



    えひめのみかんの日々も、あと1週間ほど。


    農家さんでの、やさしいひとときを味わいながら。




    元気な12月になりますように。



    またすこしずつ、かいてゆきたいと思います。  


  • Posted by えだまめ at 17:24Comments(0)えひめの海