たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

おぶせフルーツ~フルーツ

2017年07月18日

葉っぱのあいだから陽がさしこむ。


あかるい草の色。


ころころの緑の実が、たくさんおちている。


木になっているリンゴたち。

脚立にのって、お喋りしながら。



通りぬけてゆく風。


さわやかな、青らしい匂いを感じる。


あぁ、涼しいねって、一瞬だけどよろこぶ。







小布施は、なんだかんだで、いいひとときでした。


あたり一面にひろがる果樹園。


出会った人たち。街なみ。家々。



7月はじめ、あっというまの映画のようだった。


暑い陽ざしのとき。雲がたちこめてはげしい夕立。


雨あがり、山並みをながめては、そのさきの光を思う。




人生でであう果実。



かたかったり、すっぱかったり、あまかったり。


いろいろなころころの実。木の枝のさき。



時をかさねたみのり。


風も、雨も、陽射しも、そのなかに。


ちいさな命。


味わえることに感謝。



農作業にたずさわれて、たのしかったです。


さまざまな果物たち、表情ゆたかに。



ありがとうございました!  


  • Posted by えだまめ at 08:49Comments(0)おぶせフルーツ

    おぶせフルーツ~モモ

    2017年07月12日

    今朝は、自転車にのって。


    千曲川のかわべにある果樹園まで。


    昨日の夕立からの雨あがり、きらきらにぬれた草をふむ。



    ネクタリン、プラム、栗、桃、杏‥。


    ひろい土地に、色とりどりの果実。



    桃をみつめる。


    やわらかな気持ちになった、やさしい色。


    なぜか、なつかしくなって、そっとふれてみた。  


  • Posted by えだまめ at 15:51Comments(0)おぶせフルーツ

    おぶせフルーツ~リンゴの木

    2017年07月10日

    あおく繁る葉のむこうには山々が見えます。


    西には黒姫、妙高、斑尾。

    東に雁田山のゆるやかな稜線。



    千曲川にそってできた河岸段丘。やや遠くには長野市街。


    川のながれがあわさるところ、小布施。




    七段脚立に足をかけて、リンゴの木から顔をだしたら。

    たくさんの果実のなかから、小さな実をもいで落としてゆきます。


    まだまだ青い実や、やや赤みがかった実。


    軸からもいだときにあお酸っぱい匂いがしてきます。


    さわやかで、どこか懐かしい匂い。


    リンゴは幼少からの好物。


    ここ何日も、この摘果作業ばかりしています。

    おかげで、なんとなくリンゴの木にすこし親しくなれたような気もしています。


    ニュートンの林檎。ながめたり、気づきを重ねながら。




    アルバイトはほかにひとり。

    あと社員さんがふたり。


    4人で、築120年はあるという古民家に暮らしています。


    みんな僕よりは若いのですが、あまり気にならず。


    一緒にごはんをたべたり、テレビをみたり。

    映画をレンタルして、観たりしながら。



    農園まではスクーターに乗ってゆきます。

    これが最初はびくびくだったのですが。

    なんとか慣れてきて。



    なだらかな果樹園のなか。

    風をきって走ってゆく愉しさ。




    作業は、あとはナシの摘果。


    収穫はほかの方々がしているのですが。


    今度、桃やネクタリンの畑を見にゆくつもりです。



    はやくも、のこりあと数日になりました。



    たまたまかかったウォークマンからのハローグッバイ。

    ビートルズの音楽が沁みてくる夏の夜。



    古民家の木々もまた、息をしてるように感じるとき。


    ながいときを、ゆっくりとこえてゆく。  


  • Posted by えだまめ at 21:10Comments(0)おぶせフルーツ