たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

四国お遍路日記~ウミガメの浜へ

2011年03月29日

徳島の海辺の町、美海町・日和佐にいます。

海が本当にきれいで感動しています。
大浜海岸はウミガメが戻ってくる砂浜です。

日和佐うみがめ博物館では、泳いでいるウミガメを見たり
ピンポン玉みたいな卵を見たり、亀の甲羅を持ったりしました。
甲羅の丈夫さと軽さに感動。蜂の巣状のハニカム構造であること
2層構造であることなど、すごいなあと思いながら見ていました。
この砂浜で産まれたウミガメは遠くカルフォル二ア沖まで泳いで
また大浜海岸に帰ってくるらしいとのこと。ウミガメの歴史が55歳だとしたら
人類の歴史は1歳とのこと。広くて大きなストーリーに胸を打たれる。


町の様子もすごい好きです。古ぼけた商店街なんだけど活気がある。
昔ながらの魚屋さんもあれば、新しい道の駅には足湯なんかもある。
23番札所の薬王寺の隣には温泉があって、タイ式マッサージも受けました。
善根宿はローカルバスの払い下げ。喫茶店のホットケーキの味。
深い森。一期一会の明るい笑顔。

空と海にとけるような、水平線の青い色。
これからまた、新しい気持ちでお遍路を続けられそうです。






  


  • Posted by えだまめ at 10:27Comments(4)四国遍路

    四国お遍路日記~春の風・春の匂い

    2011年03月26日

    お遍路を始めてからはや5日目。

    ふたたび徳島市内にいます。
    いまは17番札所井戸寺と18番札所の恩山寺の間の
    大きな街道沿いのインターネットカフェの中です。


    お遍路をして良かったな~と思っています。
    四国・徳島の人は人懐っこいというかお遍路さんに優しいです。
    みかん畑で農作業をとめて話しをしてくれたおばあちゃん。
    通学途中にチャリから挨拶してくれる中高生のお兄ちゃん・お姉ちゃん諸君。
    うどんの食堂で娘さんの思い出話をしてくれたおじちゃん。
    たくさんの思い出深い出会いがあります。


    お接待といって、飴とかチョコとかきなこ餅とか苺とか
    色々なものを頂きました。優しい笑顔にそえられていただくので
    こちらもお蔭様で自然と笑顔で旅を続けられています。


    泊まるところは善根宿といって、お遍路さんに無料で提供してもらっている宿です。
    タクシー会社とか少し胡散臭い禅道場とか山小屋とかバリエーションに富んでいてまったく飽きず。
    同宿する人も尼僧さんとかお遍路の達人さんとか様々です。


    道端にはたくさんの菜の花が咲いています。
    歩きつかれたときに感じる黄色い光。
    山には梅の花。すっぱい匂いに春を感じます。


    もう何日かしたら海が見えると思うと楽しみです。ウミガメの気持ち。
    元気に旅を続けよう。


      


  • Posted by えだまめ at 10:28Comments(0)四国遍路

    四国お遍路日記~発心

    2011年03月21日

    いま徳島にいます。

    町田のアパートを出て中央線~紀勢線~南海フェリーを
    乗り継いでゆくローカル列車と船の旅でした。

    途中の小淵沢では連峰の頂の白い雪を眺めながら
    名物駅弁・高原野菜とカツの弁当を食べ、南紀新宮
    では雨天の中でアーケード野宿を決行、翌朝に
    晴れた太平洋の車窓を満喫していました。


    時間をかけて旅行をすることで感じられるもの。
    それは匂いだと思います。電車の待ち合わせ時間で
    降りたときの町の匂い・森や花の匂い・消毒液の匂い。
    いままで東京で慣れてきた感覚とは少し違う嗅覚。

    あと妙に涙もろくなりました。
    立ち寄った喫茶店で読んだ漫画で泣いたり、なんてことない親子の
    遊びを見て泣いたり、笑ったり。これまでちょっと感情にフタを
    してたんかなぁと思うほど。固い心がフワフワになってく様。


    徳島はすこし歩いただけで気に入りました。

    眉山のまるっこい形。川沿いの公園。
    商店街のお店が個性的なところ。
    道をきいたら親切に返してくれる人たち。
    自転車と歩行者のゾーニングが徹底していること。
    鳴門金時・すだち・阿波地鶏・藍染。
    すごーく優しい町という印象です。
    地方都市を見続けて34年の私が言うから
    まず間違いありません(笑)


    今日は小雨の肌寒い天気です。
    明日からお遍路がいよいよ本格スタート!
    温かくなればいいな。気をつけて行ってきます。







      


  • Posted by えだまめ at 19:42Comments(2)四国遍路

    四国お遍路日記・前編~パッキング

    2011年03月18日

    いよいよ、順調にいけば明日から四国にお遍路に行ってきます!

    荷造りと準備、寝袋に1人用テントに服に歯ブラシにヘッドランプ
    なんか色々と抜けているような気がする。携帯充電器に非常食。まだまだ。
    小さめのバックパックに詰め込んで組み替えて。わくわく。

    桜が咲く頃に無性に旅に出たくなる。どきどきどき。


    昨日から東北地方太平洋沖地震へ寄付を始めました。
    国境なき子供たちというNGOです。

      


  • Posted by えだまめ at 17:35Comments(6)四国遍路

    心のプラン

    2011年03月16日

    昨日と今日は起業塾でビジネスプラン発表会でした。
    本当に色々なプランが出てきて、聞いているだけで
    すごく充実感がありました。


    とりわけ心を打たれたのはIくんの発表でした。
    自分と同じシェアハウスなのですが、切り口は
    世代間の交流をテーマにしていました。

    その時、ふと起業塾に入るときに原稿用紙に書いた
    作文を思い出したんです。そもそも起業塾に入った動機
    、それは学生時代の終わりにバックパッカーをしていた時の
    フィンランドでのファームスティの体験からでした。


    その場所はすごくユニークなところで、お年寄りも赤ちゃんも
    バングラデッシュからの移民もジプシーも精神病の人もアル中患者も
    庭師もコックも僕のような若者も受け入れてくれる所でした。

    古い古い木造の建物に暖炉があって、それぞれに事情があったりしながらも
    それぞれの個性のままに生きていて、食事をしてサウナに入って湖に入って
    たくさんの楽しい経験をしました。生まれて初めて“心の居場所”を持てた
    気がしました。


    Iくんのプレゼンを聞いていると、深い胸の内側まで声が届きました。
    なんでだろう?学生時代のことを思い出したから?

    それもあるけど、きっとシェアハウスを思いついた発想に僕は共感していて、
    それをIくんは飾り気なく心にあるプランとして示しているからだと思いました。
    自分にもその初心があったことに改めて気がつきました。
    Iくん、ありがとう!


    学生時代から色々な時を重ねました。人を傷つけたり病気になったり
    転々の日々。そんな中できっと無意識に思い出したのは、
    “心の居場所”だったのかもしれません。
    傷ついている人や心の病気の人にとっても暖まる心の居場所。
    そのような場所をつくるのは容易ではないのかも知れません。

    そこは、身の丈!自分の歩幅でこれから歩きたいと思います。



    この場をお借りして、このブログを読んでくださった
    身の丈3期生の皆さん、ありがとうございました。
    それぞれに歩まれる道を、仲間として微力ながら
    心から応援しています!
    これからもどうぞよろしくお願い致します!














      


  • Posted by えだまめ at 20:25Comments(0)

    2011年03月13日

    東北地方の地震の被害の大きさに、ただただ驚いています。
    このブログをご覧いただいている人の多くもまた、
    驚き悲しまれているのではないでしょうか。


    起業塾の仲間から地震のあとに、きちんと帰れたか?と
    電話をもらいました。とてもうれしく感じました。
    そして、僕もまた起業塾の仲間に電話をかけました。

    ある友達からは、こうした災害の際にお互いに助け合えるのが
    シェアハウスのメリットだ、とメールをもらいました。まったく同感です。

    声をかけてもらえることのありがたさや、声をかけることのできた嬉しさ。
    これからは周りの人を大切にしよう、と思いました。
      
    タグ :電話地震


  • Posted by えだまめ at 22:14Comments(2)

    囲炉裏のほのお

    2011年03月10日

    奥多摩インターンから無事に帰ってまいりました!

    行くときは寝袋持参と聞いてたし、バスの窓から山に残る雪が
    見えてて何が起きてもおかしくねぇなと覚悟は決めてました。
    インターンで過ごした時間はとても充実していました。
    帰ってきた今はなんだか、とてもフレッシュな気持ちです。


    古い木造日本家屋で3日間の寝泊りしました。
    昼は屋根を作る作業や、庭を掘り起こして畑にする作業。
    夜は手作り(!)の囲炉裏を囲んで、ししゃもや干し芋を
    あぶったりお酒を飲みながら語らってました。
    インターン先の方々や一緒に起業塾からいったYくんと
    とても楽しい時間を過ごしました。色々な飾らない本当の気持ちを
    リラックスして伝えられる空間って最高だなと思いました。
    囲炉裏の炭火の暖かな赤いほのお。


    みんなでつるつる温泉に行ったり、家の近くを散策して謎の巨大遺跡を
    発見したのも良い思い出です。夜はきれいな星空が瞬いていました。

    森の中での特別な3日間、自分には言葉で言い尽くすのは難しいなと思います。
    でも、感じたことを思い出しては大切にしてゆきたいなと思います。



      


  • Posted by えだまめ at 19:52Comments(2)

    歩き出せ、森の中へ

    2011年03月07日

    今日は寒い一日でした。
    夕方に起業塾を抜け出して、不動産サイトを見て気になった物件の
    下見に行ってきました。格安だし結構広くておおっと。
    結果はいまいち…。鉄塔の真下でした。

    今回学んだこと。
    やっぱり現場に足を運ぶ必要があるなと。
    街の様子があらためて分かりました。
    雰囲気の良い竹林があったり発見も色々あったし。

    あと、近くにある大手運営のシェアハウスも遠くから見ました。
    自分の理想とはまったく違うけど、市場調査として参考になりました。


    明日からはインターン、3日間は奥多摩の森の中です。
    何が起こるんだろう?期待と不安が半ぶっこです。頑張ってきます!
      


  • Posted by えだまめ at 20:23Comments(6)

    ギター

    2011年03月05日

    今日バイトの休憩時間にたまたま聴いたストリートミュージシャンの
    路上ライブに聴き入ってました。

    女の子ひとりでギター弾き語り。
    マーチンのアコースティックギターの柔らかな音色が
    彼女の温かいんだけどどこか切なくてはかなげな感じの声とあってて
    心地良かったです。

    福島の郡山から上京してきたらしい。
    今度は下北沢のライブハウスでライブするらしい。
    そういえば学生時代に学校近くの安美容室で
    よく髪切ってもらって人も郡山出身だった。
    その頃はすごく憧れのお姉さんって感じでどきどきしながら
    切ってもらってたけど、考えてみたら彼女も若かったんだなぁ。

    だれもがみんなきっと路の上、そんなことを思いながら聴いてました。
    学生とか上京してきた人、そんな人のための居場所をつくるのもいいなぁと思いながら。

      


  • Posted by えだまめ at 21:46Comments(3)

    ハルピン

    2011年03月04日

    今日の昼食は、起業塾3期生7人で塾近くの
    小籠包と餃子がとってもおいしいお店「ハルピン」に
    行きました。

    みんなでわいわい食事し、楽しいひとときを過ごしました!
      


  • Posted by えだまめ at 14:53Comments(0)

    toco

    2011年03月04日

    先日、台東区の日比谷線入谷駅付近にある築90年の古民家を
    リノベーションしたゲストハウス“toco”に宿泊しました。

    風情のある建物を格好よくリノベーション。
    キッチンルームでは宿泊客が国籍を問わずわいわい情報交換。
    背伸びしない感じがとても心地良いのです。
    ドリトリーで1泊2600円。超おすすめのゲストハウス!
    今後の事業計画に向けての最高の指針になりました。  


  • Posted by えだまめ at 14:12Comments(4)

    ブログ挑戦

    2011年03月04日

    今日からブログを始めました。
    どうぞよろしくお願いします!

    三鷹身の丈起業塾で学んでます。
    修行の日々を楽しんでいます。  


  • Posted by えだまめ at 12:21Comments(0)