たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

四国お遍路日記~坊っちゃんと温泉

2011年04月26日

今日は本当に気持ちの良い天気でした。
いまは松山に来ています。
道後温泉のすぐ近くにあるライダーハウスに宿泊。
湯上りのほかほかしたまんまです。

松山はいままでお遍路をした中でも最高の町。
若い人もお年よりもとても元気な町だと思います。
路面電車に温泉にお城に正岡子規。書きたいことが多すぎて、なにから書くか迷います。

ここの路面電車は素晴らしいです。
今朝はまず"坊っちゃん列車"に乗りました。
レトロ感のある車両。がたがた揺られて窓をあけると春の薫る風。
若い車掌さんが3人、きびきびと働いていました。

他におもに2種類の路面電車が走っています。
オレンジ色の昭和っぽい車両と新鋭の低床車両。
製造年代の違う車両が元気に走っているのに、とても感動します。
原点を残して、使える車両は捨てずに大切に使い、新しいものを取り入れる。
そんな気風が松山にはあると思います。
若い人もお年よりも学生も背広の人も主婦も乗り込む市民の足となっています。

遍路札所の石手寺に入ったときに、筆で大きく「皆一緒」と書かれていました。
お互いを大切に思いながら、寄り添って生きている、そんな温かな風土を感じます。


市内にはいたるところに、正岡子規の句碑を見かけます。
正岡子規の俳句をみると、さまざまなことを感じます。
美しい風景。なにげない日常。故郷を慕う気持ち。病の絶望感。くすっと笑えるユーモア。
シンプルな言葉ですくない言葉数で表現される世界の深み。
見たままを感じたままに写しだされる世界に、どんどん引き込まれてゆきます。

子規堂を訪れると、晩年に正岡子規が描いた水彩の絵が展示されていました。
亡くなるすこし前に描かれた糸瓜(へちま)の淡い緑色がとてもきれいで、不思議な感じがしました。
仲間達を八百屋の野菜にたとえた作品には、子規の人にたいする眼差しを感じます。
夏目漱石は柿にたとえられていました。味わい深く、渋い、と。

松山は俳句の町といわれるだけあって、俳句甲子園とか俳句ポストとか、活動がさかんです。
市民のかいた作品に、いいなぁと思ったり、そうだなぁと思ったり、違うよなと思ったり。
いっぱしの評論家になった気分です。言葉のもつ小さくて豊かな世界に包まれて生活している
松山の市民はとても素敵だと思います。


ロープウェイにのって、松山城にも行きました。
天守閣に登ると、観覧車や山々や海が見渡せて、もの凄い爽快感!


久しぶりに理容室で散髪もしました。
もっさり重たくなってた頭がさっぱり。
シェービングクリームを塗りたくられてカミソリをあててもらう気持ち良さ。
理容師のおじさんの素早い手つき。


夕日にそまるオレンジ色の市電に乗って宿に戻る。
支度をすませると、温泉近くの食堂でじゃこ天うどんを食べる。
生真面目な顔で注文をとるバイトの高校生の女の子。


道後温泉の本館は、昨晩・今晩と通っています。
いくつかコースがあって、1階の大衆浴場の入浴と
2階の広間で茶菓子とお茶とレンタル浴衣のセットを選ぶ。
ここの温泉は本当に最高です。
ちょうど良いお湯加減に身体がほぐれてゆく。
お年寄りもおじさんも若いひとも、地元のひとも観光のひとも、刺青のひとも
昨晩は皇室専用風呂を見学したりもして。
ひとつの建物のなかで、老若男女が皆一緒になってお風呂に入る。
たまった垢や汚れを洗い流して、新しい源泉が心からも身体からも湧きあがってくるように。


ずいぶん夜も遅くなってしまいました。
お遍路の途中のことも書きたかったのですが、ここまでにします。
遍路はまだまだ続きます。ひとつひとつの出会いを大切にしてきたい。
ではでは、おやすみなさい。


  


  • Posted by えだまめ at 00:51Comments(3)四国遍路

    四国お遍路日記~きまぐれ柑橘ロード

    2011年04月18日

    いよいよ遍路も3ヶ国目・愛媛に突入しました。
    今は宇和島に来ています。

    高知の宿毛から愛媛に抜ける遍路道は、峠越えの道でした。
    愛媛に入ると、建物のつくりも集落の様子も変わったことがわかりました。
    古い木造の建物が増えたこと、昔の街道の名残があること。
    昔の人たちも、きっと歩いて伊予の国の様子を感じていたことでしょう。
    どこか気持ちが和んでくるような景色です。

    桜の花びらを踏みながら歩く道。
    たんぽぽの綿毛がきれいだと思いました。
    おもえばここ数年、綿毛のことを気にしたこともなかった。
    やわらかな魂。
    昔、実家で見た車椅子の絵描きさんの絵の印象を思い出しました。
    それぞれがさまざまに生きている。
    お遍路ではきまぐれに色々なことを感じます。


    この辺の料理がまたとてもおいしいです。
    貝めしのおにぎりや麦味噌の海藻たっぷりの味噌汁、鯛めし、じゃこ天なんかを頂く。
    やっぱりその土地の料理を味わうことは大きな楽しみです。

    愛媛といえば柑橘も楽しみ。
    いままでお遍路では実にたくさん柑橘をいただきました。
    ポンカン、デコポン、小夏、土佐文旦、ユズ、すだち。
    歩いていると、お兄ちゃんもっていきなと言って、地元の人が親切に持たせてくれます。
    何を隠そう、みかん・柑橘は大好物。
    あたたかな色の皮をむくと、さわやかな香りが広がります。
    甘くて酸っぱい果実をたべると、元気がでてきます。


    今日は雨が降っていて身体が冷えていたのですが、市役所のパソコンを
    お借りしているうちに少しあたたまってきました。
    外は雨上がり、歩き遍路にとっては一時の雨宿りにもなりました。

    これからお遍路も後半がスタート!
    たくさん楽しみながら、お遍路を続けよう。




      


  • Posted by えだまめ at 12:07Comments(3)四国遍路

    四国お遍路日記~四万十川

    2011年04月12日

    四万十川のほとりの町・中村にやってきました。
    ここには10年程前に旅行したことがあります。
    今回、お遍路に出たのも昔の旅の記憶が
    残っていたからからだと思います。
    遍路道のルートからは少しそれるのですが
    ぜひ道草して寄りたい町でした。


    駅前でレンタサイクルを借りて、四万十川の上流へ向かいました。
    赤い大きな鉄橋を渡り、どんどんサイクリングロードを上流へ。
    木洩れ陽がさすくねくねした道を走って、佐田の沈下橋をこえると
    時間が止まってるのかなと思うような集落を抜ける道。
    鉱山をこえたら三里沈下橋に着きました。

    深い青と緑が混ざり合った水の色。ゆうゆうと蛇行してゆく川。
    水面を覗くと稚魚がたくさん泳いでいてアメンボが滑ってました。
    冷たい水の感触。岸には菜の花が咲いていました。


    河川敷でおにぎりを食べると中村温泉という名の銭湯に行きました。
    ここは富士山の絵のない簡素な造りでした。
    湯船の中にはじいちゃんが一人だけ(すぐに上がってしまった)。
    温度調節は難しいけど、気持ちの良いお湯加減でした。

    風呂上りにコーヒー牛乳を飲みながら番台のおばちゃんと世間話。
    ここは薪で焚くお風呂だよと教えてもらってボイラーを見せて頂きました。
    独特の重厚感が格好よすぎる。30年ほど前に火災で全焼したことを聞き
    「一生懸命やれば、なんでも出来るろう」と言ってもらった言葉が
    あたたかく響きました。猫のねねと遊んだり、おばちゃんとお客さんの
    会話をぼんやり聞きながら、のんびりしてました。


    高知市からの遍路道は、雨に降られたり、こけてズボンの両膝小僧が大破(笑)したり
    携帯電話を失くしかけたり、色々ありました。無人駅や公園の東屋に寝たりして長い夜。
    でも、歩くことに慣れてきて足の痛みや疲れをあまり感じなくなってきて
    シンプルに一日をお遍路で過ごすことが、とても楽しく感じるようになってきました。


    お遍路中には多くの人と知り合います。昨日は波の音が聞こえる古い民家に
    泊めさせて頂いて、サーフィンの話や勤めている高校の話を聞かせていただく。
    楽しい時間。色々な人がいる。人生は色々あってもいいんだなと思う。
    川の流れのように、蛇行しながら海へとたどりつくように、生きることができたらと思う。


    今日は中村でまったりして、明日から足摺岬を目指して遍路を続けます。
    もうそろそろ愛媛!頑張ろう!


      


  • Posted by えだまめ at 16:39Comments(2)四国遍路

    四国お遍路日記~太陽の市場

    2011年04月06日

    はるばる来たぜ、高知市街にやってきました。

    昨晩は、たまたまお声かけいただいたご家庭のお宅に宿泊させて頂きました。
    市営住宅の団地でおばあちゃんとおじさんと一緒でした。
    お食事にお風呂にテレビに色々なお話。
    本当にリラックスさせていただき、ありがとうございました。


    近くの停留所から市電・土佐電鉄に乗って高知の中心のはりまや橋に移動しました。
    歴史のある車両が持つアナログな乗り心地を堪能!
    オスロ車両の見分けがつかなかったのですが、人にたずねてみたら
    車両の中にそれぞれの車両について表示があるとのこと。
    大正時代に走った車両のリニューアルやポルトガルから渡ってきた車両なんかもあるらしい。
    お遍路道に戻るまで、あと一回だけ土佐電に乗るチャンスがあるので楽しみです。

    そこから歩いて高知城へ、花見を満喫しました。桜の花がきれいでした。
    高知の市街地も一望できて、ボランティアガイドさんから城の造りや
    坂本龍馬が住んでいたあたりを説明いただき楽しかったです。

    それからお城近くのひろめ市場の中にある食堂・明神丸で
    鰹のタタキ定食(塩)をいただく。目の前で大振りな鰹がワラで炙られてました。
    カツオのたたきがユズと合う合う!冷たいビールがまた最高にうまいのなんの!


    市場を出たところには、露天売りのひとたちがまったりと敷き布を広げて商売をしてました。
    雑貨やら野菜やら色とりどり。なんだか沖縄・東南アジア・インドの雰囲気。
    こころが海を越えてゆく感じがします。

    まっ昼間からまっかですが、華やかな春の酔いにまかせてお遍路を続けます。
      


  • Posted by えだまめ at 12:40Comments(2)四国遍路

    四国お遍路日記~(裏)街道をゆく

    2011年04月04日

    高知・土佐に入り、安芸という町にいます。

    太平洋沿いを歩くお遍路道は本当に気持ちが良くて
    海の青さと咲き始めの桜色を満喫しています。

    いままでより更にスローペースになってしまい
    結構な大名旅行、半日くらい歩いては気になるところに
    泊まってという感じです。


    先日はイルカと泳ぎました。室戸ドルフィンセンターという
    ところです。イルカの生態を説明いただいたあと
    生涯初のウェットスーツで海に入りました。
    2頭のイルカと2人の指導員の方と2人のお客さんで
    無心で追いかけっこ。背びれにつかまってイルカに乗ったお遍路さん(笑)
    大変に楽しい時間を過ごさせて頂きました。イルカの鳴き声が可愛かったです。


    ゲストハウスでも印象的なところに泊まりました。

    出羽島ゲストハウスは、徳島県の牟岐から船に乗ったところにある離島にあります。
    ご主人は、潜水士・サーファーからゲストハウスを始めた気さくな人です。
    料理は超絶品で、夕食は7分突きのご飯・茄子のお味噌汁・焼き魚・イカと大根の煮物
    ほうれん草のお浸し。朝食はお粥に梅干しと生姜とヒマラヤの岩塩をトッピング・ほうれん草のお浸しでした。
    古民家をご自身で改装されたそうで、その腕の良さにもびっくりでした。
    海のある自然が好きとのことで、ここ何年かの急激な環境変化についてお話を伺いました。
    反・核処理施設の活動の話も興味深かったです。何よりすごくリラックスできる宿でした。

    蔵空間は、歴史的建造物保存地区に指定されている、室戸の吉良川という街にあります。
    ここの街自体が本当にゆっくりとした時間がながれていて、とても気に入りました。
    神社では子供たちが元気に走り回っていて、建物を見ていたらおじちゃんがガイドしてくれたり
    デコポンくれたり、スーパーにも鮫がまるまる一匹売られていたり。徳屋というパン屋さんも
    最高に美味しかったです。昔ながらの機械で焼かれたこだわりの食パン。
    吉良川で育った蔵空間のご主人は、建築のお仕事で日本各地で働いたのち、また戻ってきたそうです。
    炭火でコーヒーを焙煎する様子を見させてもらったり、檜風呂に入ったり、屋根裏のいい感じの
    部屋に泊まったり、たくさんの楽しい体験をさせていただきました。


    クルマががんがん走る国道を外れて、昔ながらの裏通りを歩くことで感じられるものがあると思います。
    生活感だったり、土地ならではの匂い、水をはった田んぼ、地元の人のなにげない会話。
    きっと歩き遍路が出来たから感じられたことだと、ありがたく思ってます。

    高知・土佐での野望はぜひ叶えたい。
    1.鰹のたたきをたらふく食う。
    2.桂浜で寝そべる。
    3.高知市電に乗る(たしかノルウェー・オスロ市電の払い下げが走ってたはず)


    人はみんなきっと小さなかけら、心のともしびを消さないように
    元気に生きて行けたらということを、とある文で読みました。

    これから自分は何をしてゆこうかなと考えながら歩いてます。
    しばらくはまだ、元気にお遍路を続けたい。



      


  • Posted by えだまめ at 11:53Comments(2)四国遍路