たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

気球にのって

2011年08月30日

こんばんは。

今日は気持ちのよい晴れの日でした。
台風が近づいているとのことで、明日からはしばらく雨続きの予報です。
お元気でお過ごしでしょうか。


昨日は町田駅で東北への切符を買って、旅行気分がたかまってきました。


それから先日、絵日記を始めました。ちょっとした最近のマイブーム(死語)
夏休みの終わり間際にスタートすんのかよって話ですが・・(笑)


身の丈起業塾に通ってたときに、同期でアートセラピーのワークショップを
開催してくれた友人がいて、その体験をヒントに絵日記を書いています。
何をするのかというと単純で、小さなスケッチブックに12色の色鉛筆で
絵を描いてゆきます。そして最後にタイトルと日付を書き込みます。

人に見せるためではなく、あくまでも個人的なもの。
音楽を聴きながらでも(昨日はレッド・ツェッペリン)、寝そべりながらでもOK。
もっとも絵心はないに等しいから、かなりの画伯!っぷりですが・・。


孤りで創作をすることは、大切で貴重な時間だなと思います。
心の奥深くからイメージを引き出して、紙の上に晒けだしてゆきます。



たとえば気球。
燃焼する熱のエネルギー。風をうけてただ飛んでゆく。

たとえばウクライナ。
揺れる麦畑。原発の廃墟。カモミール。水色っぽいイメージ。

たとえば・・・。
とりとめもない沢山のイメージが浮かびます。
くだらないこと。せつないこと。


決して“正しく”はないけど、正直な絵日記をひたすら描いています。
それでいいのだ、とか言いながら。



台風が過ぎ去れば、いよいよ東北へ行ってきます。
なんとなく人生の転機になりそうな予感もしています。


明日で8月もおしまいです。
宿題を残している方は頑張ってラストスパートを!!
↑↑自分のことです↑↑

それでは、お元気で!
















  


  • Posted by えだまめ at 19:23Comments(0)

    またたび

    2011年08月24日

    今日は青い空で気持ちがよかった

    少しずつ感じる秋の気配



    あたらしい群青色の靴で旅に出かけよう

    そんなわくわくに心踊らす


      


  • Posted by えだまめ at 17:39Comments(0)

    うめぼし

    2011年08月22日

    いつもわがまま無鉄砲、優柔不断のろくでなし
    意地っ張りのかっこつけ、世間知らず、エトセトラ・・

    そんな米粒をおにぎりにして食べてしまおう

    梅干をひとつだけ


    塩を舐めるとしょっぱい味
    海にも汗にも涙にも似てる味


    にぎにぎっと形を整えて、海苔をまいた

    腹がへっているからか、意外とうまかった





      


  • Posted by えだまめ at 18:42Comments(0)

    水色の虫

    2011年08月21日

    こんばんは。

    今日は季節はずれの肌寒い天気でしたね。


    涼しくなると聴きたくなるビートルズ。
    赤盤の2枚目をかけました。小雨の朝によくなじむデイ・トリッパー!

    昼前に家をでて、小田急の向ヶ丘遊園駅から歩いて岡本太郎美術館に行きました。
    インパクトがある作品だらけで、脳内が一気に活性化された気分です。

    館外の生田緑地をしばし散策。
    原っぱに古い鉄道客車がおかれていていました。
    窓から水色の服の女の子が手を振ってくれました。


    それから町田に移動して買い物。
    仲見世商店街というアーケードを歩きました。
    ここは闇市みたいな、昼間でも薄暗くていかがわしい雰囲気。
    上海小籠包とかタイ屋台とか韓国屋台、靴修理やペットショップが軒を連ねます。

    琉球料理の居酒屋に入って、ゴーヤチャンプルをあてにオリオンビールを飲みました。
    頬が紅らんで血が通ってくる気分。どこかから聴こえてくる沖縄の曲。
    泣きなさい、笑いなさい、いついつまでも花を咲かそうよ、と。
    まぶたの中の小さな水色の虫。ほのかに温かな気分になってゆきます。


    さきほど鶴川に戻ってきて、いまはネットカフェの中です。
    来月初旬に青春18切符で東北に行こうと思っていたのですが、気持ちが揺らぎます。
    行って何をするのかと考えてみる。被災者の足かせになるとしたら、行く意味は無いから。

    でもきっと、現地を見てみたいという気持ちには抗えないだろうとも思います。何かをしたい。
    "もっときちんと考えないと"と言われている気がします。


    それでは風邪などひかぬよう、温かくしてお過ごしください!
















      


  • Posted by えだまめ at 19:35Comments(0)

    白玉ころころ

    2011年08月13日

    こんばんは。

    今週は暑い一週間でしたね。お元気ですか?


    ずっと外にいてばてたせいか、最近は自炊をしないで外食することが増えてきました。
    昨日は川崎の工業地帯が仕事先で、帰りにセメント通りにあるコリアンタウンで冷麺を食べました。
    コリアンタウンって久々に足を踏み入れたのですが、焼肉屋さんが並んでいて、モツの充実した
    肉屋さんや韓国衣装屋さんがあって、楽しかったです。銭湯もあって入ろうかなと思ったのですが
    お風呂セットの持ち合わせがなく、断念しました。


    今日は休みになり、部屋の片付けをしたり、洗濯しにランドリーにいったり、音楽を聴いたり
    ウクレレを弾いたりして、ごろごろと過ごしました。

    夕方になり散歩に出かけました。
    淡い色の夕暮れがきれいで、川沿いの道を歩きながら眺めていました。
    本屋さんで雑誌を立ち読みし、近くの喫茶店でクリーム白玉あんみつを頂きました。

    白玉を食べながらしばし、白球を追いかけていた高校の夏のことを思い出していました。
    白球といっても、小さなピンポン玉なのですが(笑)

    校内で夏季合宿したり、練習試合であちこち行ったり、走りこみしたり
    飲み物を買いにコンビニに出かけたり、なんてことはないんだけど懐かしくなりました。
    部員は、小田急に詳しいミヤギくんや、なぜか宮本武蔵かぶれのコイズミ先輩
    ほぼ毎日一緒に将棋をさしてたコンノくんなど、すこし独特な存在感を放つ人が多くて。
    教室の空気とは一線を画した感じの、でもどこかカーテン越しに暖かな陽が差している
    自分にとっての居場所だったんだなぁと気がつきました。

    今は会うこともないけれど、皆はどうしてるのかなと考えたりもしました。
    小さなすきまにしっかりと咲く花のように、その人らしく楽しくいてほしいなぁと願いました。


    読んでくださっている方は今頃はお盆休みでしょうか。
    故郷に帰省したり、海や山へ出かける人も多いのでしょうね。
    どうぞお気をつけて、楽しんできてください。

    よい夏休みを!




      


  • Posted by えだまめ at 19:33Comments(2)

    夏祭り

    2011年08月07日

    こんばんは。

    最近はわりと変わりやすい天気ですが、お元気でお過ごしでしょうか。


    今週末は鶴川の盆踊りと国立にある古民家“やぼろじ”の夏祭りに行きました。


    鶴川の盆踊りは、ふだんは閑散としているこの街に、こんなに沢山の人がいたのかと
    驚くほど賑わっていました。都心のベッドタウンだから普段は顔を合わせることもないけれど
    盆踊りになると音頭に吸い寄せられるように集まってきます。

    子供たちも若者も年配の方も浴衣を着て楽しそうに歩いています。
    ラムネを飲んで、光るおもちゃに夢中になったり、追いかけっこをしたり。
    ビールを飲んで、グチをこぼしたり、耳をすまして佇んだり。

    “東京音頭”や“ズンドコ節”を聴きながら、きりたんぽとビールで乾杯して楽しかったです。
    日が暮れてきて、提灯に明かりがともると、夏の夜がいっそう艶やかな気配に包まれます。
    祭りの囃子が高く天まで響いて、過去に未来に繋がってゆくような感覚になってゆきます。
    夢を映しだす幻灯機を見ているような。言葉にすると大げさですが・・。



    やぼろじ”の夏祭りには、友達と新たな友達たちとあわせて4人で行きました。
    祭りのにぎわいを友達と一緒に楽しめるのは、やはり最高でした!

    江戸時代から続く古民家ということで味わい深い造りの建物でした。
    外ではおいしそうな野菜や織物や籠などが売られていました。
    ベジタブルカレーとビールを買って、庭の縁石に座りながら友達たちと色々と話しました。

    雷が近づき雨が一滴二滴と降り始め、母屋のなかに入ることにしました。

    母屋ではギターや太鼓やコンガやピアノやノコギリなどの楽器のライブセッションが行われました。
    エキゾチックな音楽。子供たちがはいはいで太鼓に触りはじめ、和やかな気持ちになりました。
    やがて雷が近づいて雨が激しくなりました。演奏の熱気と部屋の人たちの熱気で、独特な雰囲気。

    やがて雨はすこしおさまり、庭から涼しい風がふきはじめました。

    駅まで歩き、3人に手を振り、それぞれの家路へと向かいました。


    ここ最近の週末は新宿や御茶ノ水など都心で過ごす時間が長かったので
    雨の匂いを感じたり、木に触れたり、雷や祭囃子の音を聴いたことが、とても新鮮でした。
    きれいな夏の景色を感じました。


    それでは、よい夏をお過ごしください!





      


  • Posted by えだまめ at 20:25Comments(4)

    ラムネ

    2011年08月01日

    こんばんは。

    今日は8月・葉月のはじまりの日。
    曇天がつづいておりますが、いかがお過ごしですか。


    この週末は、懐かしい友達たちと再会することができました。


    お遍路の仲間との待ち合わせは、新宿東口のアルタの前でした。
    3ヶ月ぶりの懐かしい笑顔。尼僧さんが通りの向こうから歩いてきました。

    中村屋でカレーを食べながら、お互いの近況報告。
    会って話すうちに、頬がゆるんでくる。
    一緒に長く歩いてきたことが、楽しい思い出になって甦る。

    外は小雨。
    これから富士登山をするとのことで、京王バスセンターまで歩きました。
    彼女は陣笠をかぶり金剛杖をついて、ビルの谷間の人ごみを颯爽とすり抜けてゆく。
    まるで玄奘法師と孫悟空。完全に浮きまくっている(笑)。くすぶっていた心が軽くなる。
    お互いの無事を祈って、バスを見送りました。


    新宿のアルタといえばひとつ思い出があります。

    二十歳の夏、まだその頃はテレビをよく見ていました。
    アルタスタジオで生放送されるテレビ番組で、コーナーに参加する視聴者を募集していて
    ある日、唐突に行くことを思い立ちました。

    翌朝にアルタのビル前に並んでいると、ADさんに声をかけられ、7階までエレベータで上がりました。
    テレビのセットそのままの、思ったより狭いスタジオでしばらく待機。

    当時、すごくめちゃくちゃアガリ症でした。
    生放送のオーディションに参加するというのは、いま考えるとたいへんな暴挙です。
    恥ずかしいくらいに生真面目な赤い炎。

    ディレクターさんの面接で「あなたの特技は?」と訊かれました。
    とっさに答えられず一瞬で撃沈されました(笑)!
    さっさとスタジオから追い出され、街に出る。
    でも確か、妙に爽快だった気もします。

    今でも、アガリ症の人たちを見るとうれしくなります。
    結局、自分もあんまり変わらないから。

    忘れかけていた思い出、忘れていなくて良かった。



    下北沢では海外帰りの友達と会いました。
    久しぶりに会う彼は、陽にやけて少し精悍になっていました。

    下北沢のカレー屋“茄子おやじ”で食事したのち、近くのバーでビールを飲む。

    カード詐欺にあった話とか聞きながら、楽しい時間を過ごしました。
    生き生きした旅の話はやはり最高です。


    これからは夏本番、よい8月をお過ごしください!









      


  • Posted by えだまめ at 20:20Comments(0)