たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

土用の日

2012年07月27日

暑い夏の一日。

今日は土用の丑の日で歩いていると
スーパーの軒先の所々で鰻蒲焼の露店が立っていました。


今日は休みで午前中は洗濯に掃除。

昼から外出し小田急線の百合ヶ丘にある
山崎という鰻屋さんに食べに行きました。

事前にネットで目星をつけていた店。
商店街の路地裏を抜けてゆく一見目立たない店構えです。

暖簾をくぐると落ち着いた涼しくこじんまりとした店内。
結構混んでいました。

隣りの席には80歳くらいのおばあちゃんが一人。


おいしいお茶を頂いていると鰻重と肝吸いと漬物。
山椒をかけて頂きました。


いやはや美味しい!
さっぱりめの甘すぎない大人の味。

山椒の匂いも大好きです。
爽やかに官能を刺激される心地。
カレーやキムチもいいけど山椒はいいなぁと改めて思いました。


食後は新百合ヶ丘へ。
山野楽器とブックオフでCDを買う。

なぜか店内に流れていたレッド・ホット・チリ・ペッパーズを衝動購入。
間違いなく山椒~香辛料つながりですね…(笑)



夕方になって生田緑地に移動。

宮本常一さんの写真展“記憶の島”を見にいきました。

宮本さんは日本各地を隈なく見て歩き
人々の話を聞いてこられた民俗学者です。

モノクロ写真に映る昭和。
漁村・農村・都市の風景。
民具。祭具。人たちの表情。

なんだか何とも言えないような気持ちになりました。


学生時代に石川県の海女さんの生活する舳倉島に
住み込みで卒論を書きに行ったときの記憶。

物見遊山気分の中途ハンパな自分に
当たり前のように海の日々を話してくださった人たちと
写真の表情が重なって見えます。

海のような深い眼差し。
厳しさや優しさをあわせもつ存在感。

波の音に混ざりあう記憶。


人に谷と書く俗という字も何となく気になります。
谷間にうごめく人の生活感のあるイメージ。
どこか夕暮れみたいな温かみを感じたり。

人に山は仙。仙と俗。

人をあらわす対称的な両方のコトバに魅力を感じる不思議…。


夕涼みにアイスコーヒーを飲んでから
歩いてゆく駅への道すがら。

すこし淡い青空に浮かんでいる白い月。
蝉の鳴き声のざわめきに夏を感じました。  
タグ :山椒海女


  • Posted by えだまめ at 17:33Comments(0)

    年輪

    2012年07月21日

    36回目の誕生日。


    木のように年輪は重なって
    また新たな始まりを静かに感じます。

    これからも成長してゆきたいと思いました。
      


  • Posted by えだまめ at 12:07Comments(2)

    水のくらし

    2012年07月19日

    季節は夏。

    蟹座生まれということで
    蟹が気になるここ数日です。


    蟹座は水の星座。
    水のそばにいるとほっとするのは
    何か因縁があるのではと感じることもあります。


    生まれは尾道の海のそば。

    川崎の多摩川ぞいにいたときは自転車で河口を見に行ったり
    夏休みの自由研究で上流から下流へと出かけて
    削られた石を拾い集めたりしました。

    そうして今いるアパートは鶴見川のそば。

    きっとこれからも水のほとりで暮らしてゆくのが
    蟹座のさだめかなと思ったり…(笑)。


    なるほど知図帳という日本地図を見ていると
    川や滝や沢や湧水や温泉や海岸の数々。
    水の自然に恵まれてるなぁと感じます。


    やまなしを読んでクラムボンを懐かしく憶い出したり
    がに股を気にしつつ蟹工船を眺めたり
    冷たい水や蟹のことを連想する日々です。



    暑い夏。

    バテないように気をつけてお過ごしください!  
    タグ :


  • Posted by えだまめ at 07:18Comments(2)

    タイム・トラベル

    2012年07月14日

    今日は青空の見える一日。

    多摩丘陵にある生田緑地を歩いてきました。


    向ヶ丘遊園駅から歩くと真っ黄色のひまわり。
    夏の森の匂い。紫陽花と桔梗の花も咲いていました。
    だんだんと涼しく感じる空気。


    今回はじめて日本民家園に入って展示を見ることが出来ました。

    東日本各地や遠くは沖永良部島から20数軒の古民家を移築した野外博物館です。
    宿屋・水車小屋・船頭小屋・高倉などバラエティ豊かな建物の数々。


    スモーキーな煙にひかれてゆくと福島の奥州街道にあった馬宿の建物がありました。
    囲炉裏には鍋。もくもくと蒸気がのぼって天井の闇へと消えてゆきます。

    漁村には漁村の、農山村には農山村の、環境に適応するための生活。
    夏休みにおばあちゃんの家に帰省したような、どこか懐かしい感じがしました。

    もう二度と帰ることのないタイム・トラベルみたいな記憶。



    お昼どき、雲が風にのって流れてゆきました。


    合掌造りのそば処“白川郷”で冷やし山菜そば。胡瓜もはいった夏らしい一品。
    お店をでて食べたかき氷はイチゴ味。涼しくておいしかったです。


    坂道をあがってゆくとおじいちゃんが紙を漉いていました。
    水をはった大きなトレイにはコウゾの白いふわふわが浮かんでいました。

    和紙漉きには清らかな水が大切だと語る表情の柔らかさ。
    ゴツゴツした手指が印象的でした。


    長い階段をのぼると大きな船越の舞台が見えてきました。

    志摩半島の漁村から移築した歌舞伎なども演じていた舞台。
    回り舞台を人が押して動かす地下の奈落の空間が見応えありました。



    ふたたび坂をおりる途中。丘陵の森と広々とした空の眺めの良いベンチ。
    木々はざわめいて風のふきぬける心地よいひとときでした。

    やがてメタセコイアの林に到着。
    青紅葉に木漏れ日がきらきら光っていました。



    広場を歩いてゆきプラネタリウムへと。
    宇宙食のレトルトカレーとおもちを買いました。

    D-51蒸気機関車と客車の存在感。


    噴水からは勢いよく水がふきだしています。
    そこら中の子供たちが楽しそうに声を上げていました。


    楽しかった一日!

    生田緑地から登戸へのドラえもんバスの帰り道。
    いつの間にか揺れのなかで眠っていました。  


  • Posted by えだまめ at 22:19

    7.10

    2012年07月10日

    今日は7月10日“納豆の日”です。
    最近までまったく知りませんでした…(笑)

    一日一日がきっとどこかで誰かの何かの
    記念日なんだろうなぁと思ったり。


    今朝はしそのり納豆を頂きました。
    ご飯やみそ汁によく合う味でした。デリシャス!


    先日は喫茶店で納豆談義。

    ひとによって好みは様々。

    納豆をあまりかき混ぜない人。
    卵黄だけを入れる人。
    大粒の豆が好きな人。
    納豆とご飯を一緒に混ぜる人。セパレートの人。
    オクラなどネバネバ系とあわせる人。

    色々な人がいるなぁと話していて感心しました。

    水戸納豆に熱々の緑茶をかけるのが盧山人流なんだとか。



    さぁ今日も納豆を食べて、セブンテンいい気分でありますように~!  
    タグ :納豆の日


  • Posted by えだまめ at 07:11Comments(0)

    日向山ウォーク

    2012年07月04日

    今日は東丹沢にある日向山(ひなたやま)を歩きました。

    昨晩の雨があがり今朝は薄い雲がつつむ空。
    小田急線に乗って伊勢原で降りると
    バスに程なく乗ることが出来ました。

    しばらく揺られること約20分
    アジサイの咲く細い舗道を走りながら
    終点の日向薬師に下車しました。


    あたりは段々の水田の鮮やかな景色。
    麦藁帽と紺モンペ姿のお婆ちゃんが
    身をかがめて黙々と作業していました。


    山門をくぐり参道の苔むした石段をとことこ歩いてゆきます。

    水たまりに映しだされた木漏れ陽。
    濡れた蜘蛛の巣が光っていました。

    木のもとに佇む地蔵さまの表情。


    汗をかきながら辿り着いた本堂は
    改修中でホロがかかっていました。

    本堂を見られないのは残念でしたが
    中から出て来た50代と30代らしいベテランと若手コンビの
    宮大工は引き締まった職人らしい良い顔つきをしていました。

    仮本堂の奥にある売店で頂いた甘酒の冷えていて優しい味。
    看板娘の方々がくれたヒルよけの塩と絆創膏もうれしかったです。


    ここから本格的な山道。
    といっても標高404mしかありません。
    ゆっくりと一歩ずつ登ってゆきました。

    木々の匂い。涼しい風。葉のすれる音。鳥の鳴き声。
    久しぶりの山歩きです。


    途中には張り巡らされる獣よけのフェンスと倒木と枯死。
    紛れもない今の東丹沢の現実です。

    荒れ果てた山林を“山は泣いている”となぞらえる言葉に
    もっと耳を傾けたいと思いました。


    道を歩いてゆくと眺望がひらけ日向山の頂上に到着。
    やはり心地よい山頂の到達感です。

    タイミングよくきれいに晴れた日向のベンチで昼ごはんにしました。
    梅干しおにぎりに麦茶にバナナ1本。足元には歩きまわる虫たちの姿。

    ゆっくりした時が流れてゆきました。


    しばらくして、下り坂を降りてゆくと水の流れるゴォーという大きな音がしてきます。

    川に並走する舗道に着くとクライマー風の男性二名を見かけて挨拶。
    今日初めて日向山で見かけた人でした。

    林道のわきにある大釜弁財天は大きな岩にある滝壺の脇にあります。
    手にすくった水のひんやりとした肌触りが気持ちよかったです。


    帰りは広沢寺温泉にある老舗旅館の玉翠楼で露天風呂に入ってリフレッシュ。

    ぬるめのアルカリ泉にゆっくりと浸かり手足をのばして寛ぎのひととき。
    浴槽にいたカタツムリは触覚をのばしながら移動をはじめました。

    お風呂上がりにはアイスコーヒー。
    中庭と丹沢の山並みの見えるソファー。


    楽しい山歩きの一日になりました!


    ---------------------------------------------------------------------------------------


    当ブログが記念すべき30000アクセスを迎えました。
    ご覧いただいている皆様のおかげです。ありがとうございます!

    今後も日々に感じたことを書いていこうと思っています。
    いたらない文章ですが、どうぞ今後ともよろしくお願い致します。


      


  • Posted by えだまめ at 14:52Comments(4)