たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

鍋割山ハイク

2012年11月30日

今日は丹沢の鍋割山を歩きました。


小田急線の新松田からバスに乗って30分。

山道の砂利採取場を抜けると山あいに寄(やどろき)集落がありました。


終点で下車。
石垣のある家の間の坂を登ってゆくと
所々に黄色い実をつけた柚子の木。
一面の茶畑が広がっていました。


初老のおじさんが右手に柑橘をぶらさげて歩いてきました。

こんにちはと挨拶すると若い頃に秦野の専売公社に
勤めていた頃の思い出を話してくれました。

穏やかな笑顔にふれて元気をいただく。
何となくちぃ散歩…な一期一会(笑)


シカフェンスを開けると山道へ。

イロハカエデの落ち葉を踏みしめてゆく。

風のない初冬の空はとても澄んでいて
真っ白な富士山も広く青い相模湾も
その先にある大島も一望できました。

落葉に埋もれて道がわかりづらく
逸れては戻りを繰り返す消耗戦。
それでもとことこと進んでゆく。


くぬぎ山から栗の木洞。
思ってたよりペースが遅く不安になる。

後沢乗越を過ぎたあたりで二俣から合流してきた
ハイカー達をぽつぽつ見かけヘンにほっと安心。


それにしても紅葉の美しさ。
赤や黄色の溶けあうような暖かく落ち着いた色み。



木道を歩いてゆき鍋割山の山頂に到着。12:30。

広々とした眺望の開放感にひたる。

昼食は鍋割山荘の名物の鍋焼きうどん。

この季節に食べたくてわざわざ歩いてきたようなもの。

大きなベンチで富士山を見ながら“いただきま~す”

エノキ・シメジ・椎茸・ネギ・卵。
しっかりと具が入って熱々で最高にうまいのだ。

すべての疲れはチャラにはならないけど
ここにいるとはっきり確かに感じる。


山頂を満喫して下山は小丸尾根へ。


ジグザグと石の多い坂を下ってゆく。

あくまでも今日の気分ですが
帰りのほうがハードに感じました。


山あいの夕暮れは早く訪れるもの。
心もち早足で歩いてゆく。


沢の水の流れる音が聴こえてきて二俣に到着。

川ぞいの林道を歩いていると4台の水を積んだ
スクーターに乗った男達にすれ違いました。


それからはひたすら1時間近く林道を道なりに歩きました。

すぐ後ろには亀仙人みたいな独特のヒゲを生やしたおじさんの姿。

偶然に近い一定の距離を保ちながら
目的地の大倉まで歩き続けました。


バスに乗って渋沢駅へ。
小田急線で途中下車。
弘法の里湯につかり一息。

いい一日でした!  


  • Posted by えだまめ at 00:24Comments(0)

    2012年11月28日

    麩がふわふわと膨らんでゆく…。


    不思議だなと思いながら味噌汁をいただく
    すこし肌寒い晩秋の朝ごはん。

    冬のはじまりを感じながら。

      
    タグ :


  • Posted by えだまめ at 06:56Comments(0)

    ランチ

    2012年11月25日

    今日はとても懐かしい友人と過ごした一日でした。


    待ち合わせは御茶ノ水駅。
    改札から歩いてくる姿。
    13年ぶりの再会でした。

    はにかんだ微笑みにうれしくなる心。


    駅前のスクランブル交差点を渡りギターショップの喧騒を抜けて
    とちの木通りから錦華坂へと回り道して
    お互いのことを話しながら歩きました。


    エチオピアの2階に入ってチキンカレーを頂く。

    バルセロナのグエル公園でとった共通の友人との3ショットの写真。

    彼女がストックホルムで訪れた森の話が印象的でした。

    やわらかな関西のイントネーション。

    窓から日射しが差し込んできてテーブルを明るく照らしました。



    お店を出て駿河台下の交差点を渡り
    まっすぐに歩いてゆき皇居の濠の見える場所へ。

    色とりどりのマラソンランナーが駆けてゆきます。



    平川門をくぐり東御苑へ。

    広々とした敷地には紅葉のきれいな色。
    天守跡の石垣に登りベンチに腰掛けました。

    変わらない懐かしい感じ。


    ふたたび歩きながら木々の匂いや
    鳥の鳴き声を並んで感じるとき。

    よく晴れた晩秋の日差しの心地よさ。



    竹橋から九段下を通り神保町へ。


    喫茶店に立ち寄ってコーヒータイム。

    色々な話をしながら過ごす。
    人の多さも次第に気にならなくなりました。


    木と煉瓦の薄暗い店内から眩しい外へ。

    古書店街を眺めて三省堂に入って地図コーナーへ寄りました。


    駿河台下の交差点から御茶ノ水駅へ。

    まだ時間がありそうなので聖橋を渡って湯島聖堂を訪れました。


    黒い壁と緑の屋根の本堂。
    屋根の上の動物がリアルすぎてビビりながら…。


    ふたたび聖橋を渡りながら走ってゆく地下鉄を眺めました。

    すれ違う電車を見ながら偶然の重なりをうれしく思う。


    きれいな月が夕暮れの空に浮かんでいました。


    中央線に乗って東京駅で見送り。


    素敵な一日をどうもありがとう!
    心からそう思います。

    いつかまた再会できますように。  
    タグ :御茶ノ水


  • Posted by えだまめ at 00:24Comments(0)

    高麗山ハイク

    2012年11月19日

    木枯らしの風の冷たさを感じる日々。
    お元気でお過ごしでしょうか。


    今日は湘南にある高麗山を歩いてきました。

    東海道線の大磯駅を降りて線路に沿って右へ。
    魚屋を過ぎてひとつめのトンネルをくぐり歩いてゆき
    “→湘南平”の表示を右へ。

    閑静な住宅地の坂道をどんどん上ってゆきます。

    灰色の曇り空と広がる海。
    東海道線が走る音が聞こえてきます。


    公園の脇から山道へ。

    家の垣根にはイノシシ除けの青や紫のテープがぶら下げてありました。

    暖地性の常緑樹が多い木々。
    静かな山道を上ってゆき
    配水タンクを過ぎて進んでゆくと大きな電波塔が見えました。


    山道を上りきると湘南平。
    芝生広場では10歳くらいの小学生達が
    お弁当を食べていました。

    レストハウスには展望台があったので登ってみる。
    視界には丹沢の山々や平塚や二宮の市街。太平洋を一望。

    昼になって晴れ間も見えてきました。



    公園のベンチには女性がひとり
    海を見ながらおにぎりを食べてました。

    僕もベンチに腰掛けてランチ。
    コロッケパン・クルミパン・ホットコーヒー。
    デザートにはミカン。


    遠足の4人の女の子が近くのブランコを漕ぎはじめました。
    歌をうたう賑やかな甲高い声
    揺れるマフラーの赤い色。

    雲のすき間から差しこむ陽の光たち。

    とても印象的な光景でした。


    実はここ湘南平には気象機器メーカーに勤めてたとき
    風向風速計の設置に来ました。
    転々の日々を思い出す。。


    ふたたび歩きだし山道へ。

    浅間山~八俵山~高麗山の尾根縦走。

    ケヤキ・ミズキ・アラカシ・コナラなど豊かな樹相の森を歩いてゆく。


    高麗山には高来神社の神社跡がありました。

    高句麗の滅亡のあとに渡来した人が住んだ地であったこと。
    明治維新のあとに御用林であったこと。
    戦時中に多くの木を伐採し供出したことなどを知る。


    参道から国道1号へ。
    分岐から入ってゆき旧東海道の並木道を歩きました。


    西湘バイパスをくぐってテトラポッドを抜けると広い砂浜へ。

    渚には潮の匂い。

    紫とオレンジの混ざりあう夕暮れの不思議な色あい。

    あぁ、いい日だなと思う。



    近くの喫茶店に入り焼きリンゴと紅茶を頂きながら
    店主の方と地元の鳥の話。島の話。イラスト地図の話など。


    うどん屋で温かいじゃこ天うどんを食べて
    すっかり暗くなった道を歩いてロータリーへ。

    東海道線に乗って帰りました。  


  • Posted by えだまめ at 23:55Comments(0)

    高川山ハイク

    2012年11月10日

    鮮やかな赤やオレンジ。
    中央線から山々を見ただけで充分に
    来て良かったなと思いました。


    高川山は初めて登る山。
    大月駅で富士急に乗り換えて禾生駅へ。

    トタン屋根の民家の縁側に干してある柿。車窓に映る景色。


    改札を降りて山へと向かう。
    桂川を渡る川茂橋が付け替え工事中でやむなく迂回。

    リニア線の高架を防音壁で囲っているのを見て
    近未来の乗客達は長いトンネルを抜けてどこへ向かうのかと思う。

    桂川沿いを歩いてゆくと谷の地形がはっきりと分かる眺め。
    迂回の甲斐がありました。


    登山道の看板を右に折れて
    ゆっくりと家の間の舗道をのぼってゆく。
    2匹の猿が跳ねながら消えてゆきました。


    峠を越えて谷間の古宿集落へ。

    風にたなびく洗濯物やシーツ。
    名も知らない薄紫色の花が澄んだ青空とマッチしてきれいでした。

    林道が始まると熊注意の表札。
    鐘の音を響かせながら歩く。

    2匹の和犬を散歩してる作業着姿の中年男性と会う。
    思いっきり吠えられたものの人の気配にほっとする気分。


    かさっと乾いた音をたてながら落ち葉の上を歩いてく。

    赤・黄色・橙・緑。木漏れ陽の色。

    さっと風が吹いて舞い散る葉の色み。
    時が一瞬とまるような静寂。

    乾いたあれてる指で樹に触れてみる。


    涸れ沢を歩きながら疲れたら休憩。
    レモンキャンディと麦茶。


    クヌギ・マツ・カエデの樹林をゆく。
    汗のかいた額を打つ風。



    やがて山頂に到着。
    岩の露出した全方位に遮るもののない景色。
    目の前には白い雪をかぶった富士山がはっきり見えました。

    澄みわたる青い空に柔らかな刷毛で描いたような白い雲。

    とても心地よい空の色。


    お昼どきで早速おにぎりとベーコンパンを食べる。
    熱いカフェオレを魔法瓶から飲むシアワセ。


    一緒に山頂にいた二人組の女性は清瀬と町田(!)から来たとのこと。
    大月周辺の山を回ってると話していました。

    ぽかぽかとした陽気の岩の上で昼寝。

    目を覚ますと富士の高嶺。凄くゼイタク。


    二人とお別れし雑木林を下る。
    紅葉の匂いがする。

    くだらないことを幾つも考えながら歩いてゆく。


    分岐で男坂のロープ道。
    気をつけて足元を確かめながら歩く。


    やがて林道へ。

    墓地を抜け人里に。

    畑には猿の群れ。違う惑星に着いたような錯覚。


    お寺の脇の道を下りこじんまりと雰囲気のある初狩駅へ。

    中央線に乗って帰りました。  


  • Posted by えだまめ at 00:08Comments(0)

    みみをすます

    2012年11月01日

    先日、友人が手伝いをしている喫茶店のイベントに参加してきました。

    お店に入るとカエターノ・ヴェローゾの温もりのある歌声。

    チャイを注文するとスパイスから挽いてくれました。
    濃くておいしかった!


    人がひとり、またひとりと増えてゆき8人ほどに。

    こじんまりとした店内はいっぱいになりました。


    読書会。

    参加した人による輪読をしました。


    朗読の息遣いがはっきりと聞こえてきます。

    本を読む声は朗らかに。
    つっかえたりしながら。
    ちょっと照れくさい感じ…。


    耳をすますと今までなんとなく通り過ぎていた文も
    深く隅々まで入ってゆく気がします。


    そのあと自己紹介と感想を伝える時間。

    豆の黒米カレーや菊の酢の物を頂きながら。


    初めてお会いした方々のそれぞれの感想を聞くと
    自分の意識が広がってゆくのが分かります。


    凝り固ったコリがほぐされてゆく心地。

    触れあうことから始まる気づき。


    いつかまた納豆を持って参加できたらと思いました。

    ありがとう。感謝!!  
    タグ :読書会


  • Posted by えだまめ at 22:28Comments(0)