たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

鉱泉につかる

2015年02月27日

しとしと雨の日にあるいた谷中。


古い家がたくさん。



喫茶店で玉子サンド。


お寺がとにかくいっぱい並ぶ街。




以前、働いていた職場のちかく。


通った店で、また中華丼を食べてみる。


あったあった、この傘袋。

使い捨てじゃないんだった。


野菜たっぷりの優しい味。


玉子がひとつ、のっている。


ごちそうさまでした(^-^)。




くねくねの見慣れない路地をゆく。


野良猫みたい。すきまを探してぶらぶら。



暖簾をくぐると、ここは銭湯。


昭和のはじめから営まれる鉱泉。


一番風呂だい。江戸っ子たちと白い息をはきながら。



タイル絵は、なぜか錦帯橋。


きれいに磨かれたお風呂。



シャンプーと石鹸のぶくぶく、泡だらけ。


お湯は黒湯。水の記憶、地層へ深く。



熱い熱い!


じょじょに慣れてきて、肩までつかる。


細胞までぽかぽかにあたたまる。



寒い日の鉱泉、最高だった。




着がえ場の木づくりの床。


文学士風の人もいる。



番台のおばちゃんの黄色いセーター。


やわらかな表情。目の感じ。


いいときだったよ。ありがとう。





帰り道は裏道をじぐざぐとゆく。


来たときより、すっかり元気になる。




地下鉄の階段を降りてゆく。




ふたつ先の新御茶ノ水へ。



本屋で東京大空襲のパネル展をみる。


かつてあった悲劇にことばを失う。



東京の火の海。


残されたものの語る歴史。


ありふれた生活が、人を豊かにすると思うとき。



雨のなか、また冷えてゆく帰り道。



でも、鉱泉の温もりの芯はずっと残った。


そんな日だった。  


  • Posted by えだまめ at 21:03Comments(0)

    ひろがり

    2015年02月25日

    ベルボトムのジーンズをはく。



    緑のチェックのネルシャツと帽子。


    白いスニーカー。


    なんだかノッポさんみたいな雰囲気。




    ビートルズのアビイ・ロードのジャケット。

    交差点をあるくジョージ・ハリスン。



    みたいには、足も短いし、ほど遠い、けど…。



    いいのだ。




    颯爽と歩いてく。


    心もひろがってゆく気分。  


  • Posted by えだまめ at 06:48Comments(0)

    手袋みつかる

    2015年02月20日

    なくした手袋がみつかった。


    また、あたたかな指先。



    ありがとう。


    今晩はいい夜だな~。



    手紙でも書きたくなるくらい、うれしい。  


  • Posted by えだまめ at 21:22Comments(0)

    ファドを聴く

    2015年02月19日

    アマリア・ロドリゲスの歌を聴く


    胸にひびく夜。




    深い哀しみ。包まれる慕情。


    暖かく、懐かしい気持ちになる。




    石畳の坂道、路面電車、青い海。


    景色や匂いまで浮かびあがる音楽。



    いまここは、リスボン。






    子どものころ、父がよく聴いていた。



    色んなことを思い出した。


    休日の午後のカーペットの模様。





    十何年かのち、ポルトガルを旅して、ここが果てかと不思議な気持ちになった。


    まるで、懐かしい場所に帰ってきたみたいに。



    音楽と旅をする夜。






    しわがれた声のひだ。


    ギターラの響き。




    なんだか、ポルトガル料理を食べに行きたくなった。


    素朴でおいしいんだよなぁ、焼き魚とか。  


  • Posted by えだまめ at 22:42Comments(0)

    2015年02月17日

    お茶を一服。


    のんびり、のんびり。


    うまくいかなかったことも、ほんわりとけてゆく。



    カップをくるくる回したり。


    ときどき、ひとの仕草をながめたり。




    しばらくまぶたをとじていたら。


    お茶がじんわり、指先までしみこんでゆくようだった。





    茶はいいなぁ。


    小雨まじり、すこし肌寒い2月の夜の喫茶店。


    作法っぽく回しては、ゆっくりとすする。  


  • Posted by えだまめ at 19:50Comments(0)

    ベランダ

    2015年02月16日

    よく晴れた早春の日。


    優しい空の色。



    今日はベランダに花を植えました。


    なんだか、それだけで、とても生きいきとした気分。



    小さな白いプランターに、黄色い花と深緑のミントとタイムが寄りそって咲く姿。


    ちょっと狭いから、もうひとつプランターか、植木鉢がほしくなります。




    すこしまえまで素通りしてた花屋へ。


    ここで何でも揃うだろう、くらいに考えていた。


    けど、そうではなかった。


    歩いて、自転車にのって、電車にのってゆく。


    ホームセンターやハンズで買うプランターやジョウロ。




    夕方についたひろい庭のような園芸屋。


    たくさんの色とりどりの花や植木。



    若草色のモンベルのウェアを白いタートルの上に羽織った人といろいろ話す。


    日を背にうけて白い髪が光っていた。



    よくなる、と思って花を育てること。


    日々の生活もそう。



    よくなってゆくイメージを持つこと。



    そう言いながら、にっこり微笑んでいた。




    腐葉土と赤玉土をかき混ぜてもらうひととき。


    星のかたちに似た黄色い花と、いい匂いがしそうなハーブを買う。


    またいらっしゃい、と言ってくれて、うれしかった。




    だんだんと暮れてゆく帰り道。


    自転車を走らせる。




    アパートについて、早速ベランダへ。



    土に触れるの、なんだかいい気分。


    植えかえてゆくときにこぼした土を拾う。



    植えた花にすこしずつ如雨露で水やり。


    やわらかな心地になった。




    あれこれと思うことはたのしい。


    思いをもって、伸ばしてゆくこと。



    きっと枯れる悲しみも味わうけれど。



    それでも、よくなってゆくイメージを持ちたいと思う日だった。




    水と風と光と土の恵みがありますように。



    あたたかな早春の夜。


    カーテンごしの花たちを気にしつつ、ゆっくり眠りにつきたいと思います。  


  • Posted by えだまめ at 21:01Comments(0)

    春にむけて

    2015年02月11日

    あかるい陽射しのさしこむ日。


    今日はひさしぶりに部屋のかたづけをしました。



    午前中は、新聞を束ねたり、聴きっぱなしだったCDをケースにしまったり。



    昼前に駅まで歩いてゆく。


    修理に出していた白い自転車をとりに自転車屋さんへ。


    ぶじに直って、うれしかった(^^)



    すいすい走る帰り道。




    家の近くのお店でラーメンを食べる。



    午後からは、読みおわった雑誌や着ない服も思いきって処分することに。


    いろいろ、ずいぶん片づける。



    そのあいだ、めったに聴かないスティビー・ワンダーやらノラ・ジョーンズなどをBGM。


    こういうのもいいなぁと思う。



    なつかしい手紙や双眼鏡や卓球用品。


    個人的なお宝を目にしてなごむ。



    台所まわりやお風呂まわりもそうじ。


    シュッ、ゴシゴシ。シュッ、ゴシゴシ…。




    あっというまに夕方。


    ベランダにほしていた布団と洗濯物を取りいれる。



    目のまえの公園では、子どもたちが寸暇を惜しむように遊んでいた。


    すてきな光景。





    けっこう部屋がひろくかんじる。



    詩のコーナー。地図コーナー。手紙コーナー。音楽コーナー。


    なんだか、ならんだものを眺めるだけでうれしい。




    もうすっかり外は暗くなって、買い物へ。


    いろいろ作る意気はあったけど、お腹ペコペコ。



    焼きそばをささっと作ることにした。




    フライパンに油をひいて野菜と豚肉を炒める。

    ジューといい匂い。



    ラジオのFMを聴きながら、ビールをあけて、食べた。


    おいしかった!




    お風呂にゆっくりとつかる。


    蛇口からしたたるちゃぽんという音に聴きいる。



    すっきりとした心地。




    すきまに風をいれたくなったり。


    あたたかな陽射しをよろこんだり。


    バケツに水をいれたくなるような、生きいき感。




    春本番にむけて支度をした、いい1日になりました。  


  • Posted by えだまめ at 22:03Comments(0)

    鎌倉天園ハイク

    2015年02月06日

    よく晴れた、あたたかな日。


    北鎌倉の改札をおりたら、家の軒先からのぞく紅梅の花。

    すっぱい匂いがただよってきた。


    春のはじまる雰囲気。



    なんだか催眠術にかかりそうな陽射し。


    明月院の蝋梅。円い窓。石庭。


    鶯のさえずり。



    住宅のあいだを抜けて、山道へ。


    昨日の雨でぬかるんだ泥をはねあげて歩く。


    緑の葉に寒椿の赤と黄。


    半僧坊の展望台からみえる相模湾の薄い青。

    水筒の麦茶をゴクリ。


    向かいのハイカーたちのお喋りを聞きながら、ひと休み。


    尾根伝いに歩いてゆく、ところどころから海や市街地。


    幾重にも織りを成す地層。

    ところどころにある祠。


    ひろがる森。


    おだやかな風が気分を運んでくれる。


    一歩、一歩。のぼりくだり。



    ときおりすれ違うハイカーとかるく挨拶。


    雪のとけ残りが枯葉の上に。

    陽射しをあびて、光っていた。



    天園の名のとおり、空を近くに感じるような原っぱの広場。


    ゴルフヤードの脇を歩いたり。



    すこしのぼったところに、横浜市最高点の表札。


    2軒あるうちの奥にある休憩所へ。

    白い梅の花びら。水仙も咲いていた。



    おにぎりと豆腐汁を頂く。


    おにぎりは大葉で包まれた焼おにぎり。


    豆腐汁は大山豆腐にわかめと柚子がのったおすまし。

    おいしかった!


    常連さんたちと一緒に焚き火をかこむ。

    網にあった栃尾の厚揚げがおいしそうだった。



    ついつい長居。


    くだってゆく道の、暮れてゆく雰囲気。


    登山道から車道にでた。


    瑞泉寺へお参り。


    庭にはたくさんの梅の木。

    ところどころ、花ひらいていた。


    すこし淋しげな咲き始めの今も、またいいなと思う。


    山門を出て、鎌倉駅に向かって歩いてゆく。


    パン屋と肉屋の並びにある喫茶店でコーヒーとエクレア。

    お店の名前は忘れたけど、(思い出した!ベルグフェルド♪)、いいひととき。


    駅につくころにはすっかり日が落ちていた。



    北鎌倉のあたり、また歩きたいなと思います。  


  • Posted by えだまめ at 23:00Comments(0)

    もっと

    2015年02月02日

    北風のなか、縮こまっていた。


    悲しいニュース。


    内心、思えば思うほど、震えていた。



    争いの口火を安倍政権は切った。


    その火を、罪を償わせると言って、イスラム国の人たちへ向けようとしている。


    戦争は何の解決にもならない。


    より深く広い悲しみを生むだけだ。




    ひとつひとつ、命はひとつ。


    どんな土地にもある暮らし。



    いつか旅した砂漠のオアシス。


    陽に焼けた人たちは、優しく微笑んでくれた。


    うれしそうに椅子に座って、はにかんで。


    僕の青くさい猜疑心も、とけてゆくようなとき。



    戦争はしたくない、どんな理由があろうとも。


    消していい命など、どこにもない。



    なんと言われてもいい。



    僕は、被爆三世のバックパッカーだ。


    どこにでも行きたい、と思う。


    核兵器は恐ろしいと、おばあちゃんから心身代々、伝わっているのだ。




    デモにもいく。


    後藤さん殺害を曲解して、戦争に向かってはならない。




    心の声をもっと。



    叫びも不安も憤りも、無力さも、ことばにしてゆきたい。



    もっと、たのしいことも。



    緑と紺とクリーム色のチェックの山シャツを買って、着ている。


    春へとむかう自然のなかを歩きたい。



    人にも会いたい。




    もっと、もっと、耳をすませ、声をあげよう。  


  • Posted by えだまめ at 21:16Comments(2)