たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

日々の葉

2015年04月29日

新緑の日々。



鮮やかな木漏れ日。


咲く花に元気をいただくような季節。




奥多摩にある山に行ったんだけど、携帯を舗道におとしちゃって。


道をひきかえして、地元・鶴川にUターン。



いままた、新品へ交換になった携帯を手にしながら。


日々の思いに心をとめる。




ここのところ大きなニュースが続く。



戦争へとすすみかねない気配だったり。


ネパールの地震のこと。



かつて歩いたアンナプルナの山々の景色。


一緒に歩いたトレッキング・ガイドのこと。


幾つもの星の光。



カトマンズにいた旅人たちのこと。


街の雑踏、村落のにぎわい。ネパールの人たち。



思いをはせながら。





たまたま、喫茶店であった知人に夏みかんをいただいたり。


甘くて苦くて、酸っぱくて、さわやかな匂い。



皮をむいたときの優しい気持ちに感謝しながら。




たのしい集いの夜もあり。



あらたな土地へ引っ越しする人。


たくさん話せたうれしいとき。



韻をふまないかたことラップを3人でうたい笑ったり。


心地よい春の酔いにまかせて。



すてきな人たちと。素晴らしい夜だったなぁ。





いま、本を読む夜。



最近は古典が好きになった。


古今和歌集とか、おくのほそ道など、など。



十代のころとは違う沁みかたを味わう。




本、という字には、おおもと、という意味があるそうだ。


白川静の字解をひきながら、ふむふむ。



自分の足元、根元にあるおおもとは何だろうかと思う。





いろいろな日々。



陽がさして鮮やかな新緑の繁みのなか。


葉みたいな思いをかさねてゆく。  


  • Posted by えだまめ at 22:36Comments(0)

    とことこ

    2015年04月20日

    ことばがとことこあるきだす。


    ことこととことこ。



    とこのまのねどこのねごと。



    ときにはよだれ。


    はるのよのゆめのうきはし。




    ちょっとにがいこーひーによふかし。


    ことばをつらつらかきつらねる。



    あとでよんだらはずかしくなるかな。


    それともくすっとするのかな。



    とりあえずあっぷしてねむろう。




    まよなかのひとりごと。


    とことこことこと。



    あさにむかってあるきだす。




    おやすみなさい。


    ことことことば。  


  • Posted by えだまめ at 01:29Comments(2)

    葉山の海

    2015年04月17日

    4月の海へ。


    ずっと波の音を聴いていたから、今もまだうねりを感じる気がする。


    眠りにつくまできっと、心地よくゆれるリズム。






    車窓を眺めていたら、北鎌倉あたりから緑が濃くなるのが分かる。



    逗子につくころにお昼。


    魚佐次からは新鮮な魚の匂い。鱗から眩しい光。

    いらっしゃい、おいしいよ!と呼びこみの活気。


    そのビルのうえにある食堂でいただくお刺身定食。


    プリプリしてて、活きのいい味。


    朝どれの地魚と三浦野菜を売りにした店。


    おいしかった!




    葉山まではバスは2系統。


    海回りの窓際に乗ることにした。



    ふだんよくのる山回りと違う景色。


    対向車とすれ違うのに難儀するくらい細い道もあったり、面白かった。



    乗っているローカルの人の紺色のシャツ。

    穏やかな眼ざしでながめる海のほう。




    終点の葉山でおりる。


    海の匂いに山の匂いが混ざりあう。


    何となくおなかがへってくる匂い。

    むくっと感覚がおきあがるようなとき。



    すこし先の岬まで歩いて、そこから砂浜に下りた。



    人はまばら、波打ち際にたわむれていた。




    のたりのたりと春の海。


    昼さがりのやわらかな色。



    西よりの風はつよく波もある。


    砂のさらさらとした感触。




    一色海岸から、森戸海岸へ。


    見慣れない貝殻をみつけたので並べて写真をとった。


    草間彌生のオブジェのような不思議なかたち。


    手のひらにのせてみたヒトデの骸。



    海の生き物のゆたかさ。


    歩いてゆく砂地の上、渚の野道。




    葉山マリーナでトイレをかりて、川にかかる橋をわたる。



    逗子海岸のおだやかな夕べ。



    散歩している人。たたずむ人。


    はしゃぐ人たちの浮かべる笑み。


    砂にのびてゆく足あと。



    いい海あるきだった。





    逗子駅にむかう途中のumibecafe。

    コーヒーとアップルマフィン、絶品だった。


    店主さんと海のはなし。



    帰りぎわ、たまりばーるでおいしいカレー(^^)


    チャイをのんだり、話をしたり。



    宿の湯にも、ひさしぶりにつかった。




    いい1日だったな~と思う。


    書いているうちに、眠くなってきてうとうと(-.-)…。



    おやすみなさ~い。  


  • Posted by えだまめ at 23:24Comments(0)

    砂の岬へ

    2015年04月12日

    砂の岬へ。


    桜新町にあるこじんまりしたカレーの店。


    ミールスというインドの定食を食べにゆく。



    緑のつたの絡まる外観。


    お店のまえには何人か並んでいた。


    ただよう匂いに期待をふくらませながら待つ。



    インド好きのご夫婦のいとなむお店。


    奥さんが注文をとりにきた。



    本を読みながら、ベンチでしばらく待っていた。




    お店にはいるとかかっていた印度音楽。


    ひとつひとつの調度品の風あい。


    いい雰囲気だな、と思った。



    しばらく待っていたら、ステンレスのお皿に盛られたミールスが運ばれてきた。



    まんなかにジャスミンライス。


    パパドという揚げせんべい。


    小皿にはサブジやアチャールなどのお惣菜。



    カレーは、ベジタブルサンバルという野菜のカレーと、コダクパンディマサラという豚肉のを選んだ。



    ひとくち食べて、やさしい味だなと思った。


    そして奥深くにさわやかに香辛料が入ってくるのだ。



    とてもおいしかった。


    日々の家庭のごはんみたいな感じ。




    デザートにはインドプリンとチャイ。


    カレーのあとは、やっぱりこれだな~(^^)。


    しあわせにひたるひととき。





    食べおわると、奥さんが丁寧にお会計。


    また、マドラスチキンも食べに来たいな、と思った。




    駒沢大学まで歩いて、バスにのって大橋へ。


    目黒川ぞいの葉桜を見ながら歩いた。



    なんだか、心はあらたな方へ向かいはじめた。




    また山や海へ。


    インドへ行きたくなってきた。  


  • Posted by えだまめ at 23:36Comments(0)

    お花見

    2015年04月02日

    今日はたくさん歩いた。



    うららかな春の日。


    はしゃぐ子どもたちの声。

    桜の花びらが水面に浮かんでいた。



    偶然がかさなって、また会えた。


    うれしくて、少しせつない春の風。



    今日はずっと行きたかった砂の岬へ。



    小田急がとまっていたので、新百合からバスにのる。


    平日の昼さがり。


    がたごと揺られながら。


    寄りそう仲良したちを見て、春やなぁと思う。


    あざみ野まで、思わぬ細い道も抜けてゆく。


    こんなこじんまりとした旅も乙。



    田園都市線はほんとひさしぶり。


    かつて住んでいた駅を通りすぎる。



    桜新町で降りたら、お店にかけられていた友人の絵を、たまたま発見、興奮。


    今度会えたら、話したいこと。


    カレー屋さん、砂の岬はお休みだった。


    店構えがなんともよかった。


    気になるところ、また来たい。


    ちがうお店でカレーを食べながら、読みかけの本を読了。

    津軽の話。



    桜新町は地下の駅。


    ロータリとかないし、駅前って感じはしない。


    玉電が走ってたんだっけ。

    都会だよなぁと思ったり。



    溝の口から宿河原へ。


    お花見の人たちで、二ヶ領用水ぞいはにぎやかだった。


    大月珈琲でコーヒー豆を購入。


    店主さんのいい雰囲気。



    水ぎわの遊歩道をあるいてゆく。


    ひらひらと舞ってゆく花びら。


    水面を流れてゆき、ところどころ桜色にたまって明るく染まる。


    棒切れをもってなにか釣ろうとはしゃぐ子どもたち。


    春の芝生はところせましとシートに座る人・人、愉しそう。



    緑化センターの前で足をとめる。


    階段をおりて、小さな花見をした。


    むこうには紫の諸葛菜。


    ひらひらと桜吹雪であそぶ女の子に微笑む。


    ゆっくり流れてゆくとき。




    夕暮れにはまだあるから、東高根森林公園へ。


    道をたずねつつ、回り道。


    緑のトンネル。大きな木。


    あったあったとうれしくなった。


    そこから霊園にむかうつもりが丘の向こうへ降りてしまった。


    はじめて歩くところ。


    小さな鳥居のある坂道から霊園に入れた。


    丘のうえの桜並木。

    ここも、けっこうにぎわっていた。


    ひろがる夕空を眺めた。



    津田山から南武線で、たまりばーるへ。



    お花見御膳の桜のごはん、焼き味噌、おいしかった!


    お菓子とお茶を飲んで、話をしたり。


    手のたたきあう音を聴きながら。


    ご馳走さまでした。



    帰りは、夜桜が提灯にうかぶ用水ぞいを歩いた。


    いい1日に感謝。  


  • Posted by えだまめ at 22:00Comments(0)