たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

あるく

2015年05月27日

暑かった1日!


実家から尾道、京都をへて、いま帰ってきました。


充実した旅の日々を過ごすことができました。





瀬戸田港では、両親がゆっくりと手をふるすがた。


おだやかな波にゆられ、島々を縫うようにゆく航路。




尾道から、電車をのりついで京都へ。


市営地下鉄を今出川でおりると、同志社の学生でにぎわっていました。



すごく国際色が豊か。


きっとこういう青春も楽しいだろうなぁと思ったりして。




碁盤目の街。


とことこと歩いてゆく。



糸屋という古民家のゲストハウス。


あたらしい別館、つくりたての雰囲気。



バックパックをおいて、さっそく、さらさという喫茶店へ。


元・銭湯のタイルのエキゾチックなお店。



豆腐のどんぶりも柚子ジンジャーもおいしかった。



そして、メインイベント=船岡温泉へ。



ここの銭湯はほんとうにいい銭湯だと思う。


タイルの模様の美しさ。


渡り廊下の構造。



檜造りの露天風呂。


快適なお湯加減。



ぽかぽかにあたたまった。


冷やしあめを飲んでさっぱり。



湯あがりの街をあるいた。


宿でビールを飲みながら読書をして、就寝。





朝おきて、さっそく外へ。



北大路あたりでうろうろ。


行ってみたかった府立植物園にはいる。



ひろびろとした芝生。


小学生たちが遠足にきていた。



色あざやかな帽子。たのしそうな声。


食堂からながめながらドライカレー、アイスコーヒー。



そこから、また北大路へもどり、西陣へ。


織物の展示をみて、工場の見学。


木の織り機を使って、職人さんが働いていた。


その手つきの鮮やかさ、流石だった。




糸屋をへて、西陣京極もへて、森の木立のなか、はちはち、へ。


はちはち、は自家製天然酵母のパン屋さん。


雰囲気のある古民家。



なかに入ると木のテーブルに中庭。


やわらかな陽射しがさして、葉っぱのさわぐ音がする。


部屋のなかの陰影の深み。


すこし寂しげで、それでいてあたたかみのある音楽。



長塚京三みたいな店主さんのすがた、かっこいい。



相席は、高校生とおかあさんの親子。


セーラー服の赤いリボンをしきりになおす仕草。



でてきたランチプレート。


ひとくち味わうほどに深みをかんじる。



あぁ、おいしい。


なんでだろう。


こんなに食べものっておいしいのか、と思うほど。



こくのあるチーズ、野菜のスープ。



ふかくふかく心と身体にしみこんでゆく味。


ここまでこられて、よかった。




お店をでたら、また昼の陽ざし。


停留所からバスに乗って、出町柳へ。



賀茂川と高野川の合流地。


飛び石のあるところで、いろいろな人と川涼み。




叡山電車にのって、一乗寺の本屋へ。


いい本を購入、満足。




出町柳にもどり、川ぞいの店でグレープフルーツ・スカッシュ。


京阪電車、阪急、市営地下鉄とのりついで京都駅へ。




きたときと同じく、新幹線でかえった。



鶴川駅について、アパートまであるいた。  


  • Posted by えだまめ at 05:47Comments(0)かえる尾道

    かえる

    2015年05月24日

    尾道はすてきな街だ。


    いま、会った人や見た景色を思いながら、あたたかくなっている。


    いい旅に心から感謝。





    お好み焼き屋さんの村上。


    おばあちゃんがふたりたっていた。


    ほんと家庭的なお店。


    キャベツもモヤシも、焼いたあとの生地も、玉子も。


    出来上がったあとのふんわり感。


    ジューシーな味わい。


    お兄ちゃん、お兄ちゃんと呼んでくれた。


    ほんとにおいしいな~。




    あるいて立ちどまったとき、道を教えてくれた眼鏡屋のおばちゃん。


    とまってくれてよかったわ、といってジョウロから花に水やり。


    そのほほえみの優しいひかり。




    船頭さんの豪快な笑顔。


    目じりが少年みたいな海の男。


    ともにした航路のゆらめき。





    遠い国からきた、あなごのねどこの女の子。


    たくさんたくさん話す心地よさ。


    けん玉がすっと入ってにっこり。



    あぁ、いいひとときだぁって思った。





    花の咲いている細い坂道。


    のぼって、おりて、アーケードに入って。


    夜は深く包んで、また朝にひらかれて。



    変化してゆくものへの憧れ。


    静かなものへの憧れ。



    そのままで優しい色あい。


    人の手のぬくもり。




    病院にいって、いとこのお兄ちゃんと、退院した母と、尾道港へ。


    ランチに食べたおおぶりの牡蠣。


    船の窓には波しぶき。


    よく晴れた海のながめ。




    島の港の桟橋。


    家についてカーテンをあけて、しばらく昼寝。



    おきて、父を港に迎えにゆく。



    デコポンのジェラートを食べて、スーパーで買いもの。


    晩ごはんをたべて、ごちそうさま。


    なんだか、いわゆる日常へ。




    かえってはゆき、かえってはゆく。


    繰りかえしてゆく日々のこと。




    布団でゆっくりと眠ろう。


    おやすみなさい。  


  • Posted by えだまめ at 21:47Comments(2)かえる尾道

    あなご

    2015年05月23日

    いまは、あなごのねどこという宿に泊まっています。


    たのしく緩やかに流れてゆくときに感謝。



    父がしばらく留守し、病院にも近いから、一度いってみたかったとこへ。



    母の見舞いのとき、10年ぶりくらいにいとこのお姉ちゃんと再会。


    とてもすてきな、かわいらしい人なのだ。



    バスでならんで座って、市街へおりてゆく。


    おばさん・おばさんとも久しぶりに再会。


    ふたたび歩いて、いとこの姉と昼ごはん、あなごのひつまぶし。


    おいしい、おいしい、ほんとにおいしい。


    時をこえて、大切なひとときだった。



    海ぞいから、商店街をあるいてゆく。


    おすすめのパン屋さん。

    いろいろなお店。

    行商の魚屋さん、とか。


    またね、と言って、にっこり。


    ひとり、坂道をのぼってゆく。


    小学生たちが箒をもって橋をそうじしていた。



    薫る風が心地よい日。


    陽射しが光って、ますます海は青く。


    見えるたくさんの島。


    眠る野良猫。歩く人。


    まわりつづける風ぐるま。


    線路からきこえる音。



    古い寺をいくつもめぐり千光寺へ。


    素晴らしい景色。写真をとってみたり。


    ロープウェイでくだって、コーヒーを飲んで。


    宿のあなごのねどこへ。


    いい宿だな~と思った。


    細い廊下をゆくと、きれいな中庭があって。

    心地よい音楽や、静寂や。鳥の声。


    スタッフさんたち、旅する人とのひととき。


    リーフレットやベッドのひとつひとつにほほえむような。


    夕暮れの街をあるいて、お好み焼き屋さん、のぐちへ。


    ちいさな家庭的なお店。


    小学生くらいの女の子が、アポロという苺のお菓子を、はいどうぞ。


    鉄板に焼き上がるのは、尾道焼き。


    砂ずりと揚げイカも入っている。


    キャベツもたっぷり。


    これは、うまい!


    ヘラで切り分けながら、話すひととき。


    ごちそうさまでした。



    銭湯に入り、夜風にふかれながら、あなごのねどこへ。


    机をかこんで話したり、けん玉をしてみたり。



    いい日だった(^^)  


  • Posted by えだまめ at 09:23Comments(0)かえる尾道

    こだま

    2015年05月20日

    コン・コン。カン・カン。



    いくつもの玉がゆきかう音がこだまする。



    となりの島まで、卓球。


    父とスポーツセンターへ。



    近所のサークルの人たちと。



    みんなユニフォームを着て、気合い充分。


    しわくちゃに笑ったり、しっかりと目を細めたり。



    次々といろいろな人とラリー。


    そしてダブルス・シングルス。



    汗だくになりながらスマッシュ。



    ふだんは柑橘をつくる人。


    今日はオレンジボールであそぶ。



    また来てのう、と言ってくれた。



    たのしいひととき。





    そのあと、船と電車とバスを乗りついで、病院へお見舞いへ。


    だいぶ回復してきて、いろいろ話したり。


    すこし病室で昼寝のとき。



    尾道もちょっと散策。


    向島にも航路で渡ってみたりして。



    商店街のパン屋航路で、いくつかパンも購入。




    お腹ペコペコ、お好み焼きが食べたい。



    明日もまた、歩きたい。  


  • Posted by えだまめ at 18:19Comments(0)かえる尾道

    ひかる海

    2015年05月19日

    あたたかな日。


    母の手術がぶじにおわってよかった。


    と、父とのんびりすごす風呂あがり。



    ひかる海をながめながら船はゆく。




    看護婦さんのぬくもり。


    痰をうけとるすがた。



    待合い室でのんだ炭酸ジュースの泡。


    まつあいだ、父と話したこと。



    若かりし椎名誠みたいなお医者さん。


    見せてもらった子宮のしわ。



    ぶじに手術がおわったときの母のかお。


    丘のうえから見える海の色。



    食堂の磯のりうどん定食、おいしかった!


    やわらかな深い味わい。



    注射をして、すこし眠る午後。


    ちょっと表情がおだやかになる。


    また明日。




    バスは丘をくだり、港へむかう。


    船員さんが自転車をおろすすがた。


    きらきらとてりかえす波。



    船室に父とならんですわる、晴れた海の旅。



    釜飯割烹で晩ごはん。


    たこの酢の物。鯛の釜飯。刺身の盛り合わせ。ビール。


    ほんとにおいしかった!



    ゆっくりとあるき実家へ。




    いい1日(^^)


    じっくりと日々を過ごしたいと思います。  


  • Posted by えだまめ at 22:39Comments(2)かえる尾道

    のぞみ号

    2015年05月18日

    いま新幹線で西へとむかっている。



    尾道へ。


    母の子宮の手術の立ち会いのため。



    街のあかりが流れてゆく。


    あっというまに着いてしまいそうなはやさ。




    ナイト・クルージング。


    まるで闇の海にうかんでいる気分。




    窓に顔をおしつけて、景色を眺めている。



    夜をゆく列車の旅。  


  • Posted by えだまめ at 20:52Comments(4)かえる尾道

    葉ひとひら

    2015年05月13日

    今朝のこと。



    風がふいてとんできた葉ひとひら。


    まぶしげに光る葉、桜の木から。



    雫をいっぱい、まといながら。




    おはよう。ようこそ。


    はじめましてのごあいさつ。



    お茶をだすこともできないけれど。



    たったまま、のぞきこんでみたりして。


    ちょっと笑ってくれた気がした。





    今日も元気に出かけよう。


    ベランダに葉っぱひとひら。



    風のなか、さくらの木からとんできた。  


  • Posted by えだまめ at 20:01Comments(0)

    1010

    2015年05月12日

    北千住の銭湯へ。


    3時のはじまりまで時間があるので、ぷらぷらと散歩した。



    日光街道の宿場街ということで、ところどころに名残あるお店。



    飴屋さんにならぶ色とりどりのあめ。


    はきものやには下駄があったり。


    旅館や本陣、高札場の跡など。



    ちいさな路地から路地に抜けながら歩いた。


    ぽつりぽつりと雨がふりだして、折り畳みの傘をひらく。


    米屋のおじちゃんに道をきいたら、親切に教えてくれた。




    タカラ湯という銭湯へ。


    暖簾をくぐり、番台にゆくと明るい雰囲気。



    天井がたかくて、外庭からとどく光。


    つつじの花。植木の緑。


    縁側の木の色。錦鯉の赤。


    あまりの見事さに驚かされた。



    壁絵の富士山のすがたもやすらぎを感じる。


    白髪のおじいちゃんたちがもくもくと石鹸で洗っている。


    お風呂に入ると、はじめのうちは熱っ!と思ったが、馴じんできた。


    いい銭湯は、お湯がいいのだ。


    薬湯にもちょっとつかり、あがる。



    最近、気にいっている八ヶ岳の水色の手ぬぐい。



    番台わきのコーヒー牛乳をかって、灯籠のある中庭のわきに腰かける。


    風鈴の音がひかえめに響く。


    そのときの豊かさにひたるひととき。



    となりには年配の女性がこしかけた。


    いい音だね~、といいながら。

    そうですね~、と相槌を深くうってみたりして。



    近くの銭湯のよもやまばなし。


    江戸ことばで、ひくいをしくいと言うのも、ならではだなぁと思った。


    ごゆっくりね、と軽く手をふって。



    そのあと瓶をたおしてしまい、カバンが甘い匂い、あ~。


    そんなのも、まぁいいかなと思うタカラ湯のとき。




    今日はほかにも、飯田橋の納豆食堂や、御茶ノ水の喫茶・穂高、下北沢へ。


    書ききれないので、このへんでおひらき‥(^^)




    雨ふりの夜。


    ゆっくりとおやすみなさい。  


  • Posted by えだまめ at 22:01Comments(2)

    風の音

    2015年05月12日

    台風が近づいている。



    風の音を聴きながら、布団のなか。


    ビュー。



    窓ガラスはきしむ。


    がたがた、がたがた。




    予想円のことも気になりつつ。


    刻々とかわるグレーの空を眺める。




    風や雨にふりまわされながらすごすひと。


    びゅんと心はとんでゆく。  


  • Posted by えだまめ at 08:41Comments(0)

    糸ぐるま

    2015年05月11日

    心はいつも行ったり来たり。


    ゆっくりとながめたり、巻きもどしたり。



    あたたかな思いにふれて、にっこり、ないたり。


    ぎゅっとたしかに感じたり。




    行ったり、きたり、まわりつづける。


    やわらかな糸ぐるま。  


  • Posted by えだまめ at 19:34Comments(0)

    ミントの葉

    2015年05月11日

    さわやかな朝。



    やわらかな空の色。


    ベランダのプランターのミントに水をやる。


    はじめて葉を一枚、摘んでたべてみた。




    すごく、しっかりと、生きている感じ。


    爽快!そしてちょっと苦い!


    おいしかった。



    心のなかはミントのグリーン。


    生きている初夏の緑。  


  • Posted by えだまめ at 06:36Comments(0)

    レシート

    2015年05月08日

    ここはとある喫茶店。


    カウンターにおかれた一枚のレシート。



    ふちの薄くかすれた赤い色。


    あぁ、そろそろロールの交換のとき。


    右も左もいろづいて、何をおもう。



    くるくると回る日々から解かれるころ。



    また、まっさらな新しいロールがかかるはず。


    それはちょっとさびしくもあるから。




    いままでどうも、おつかれさま。


    まじまじとレシートを眺めながら、ひとつづつ言葉をさがす。



    ねぎらうのも、おかしい気もするけれど‥。


    くしゃくしゃにしきれずに、指先でさすってみたりして。




    きっと、こんな小さなころは、どこかに繁る木だったんだね。


    あちこちへ旅をして、回ってみたりして、今ここにいる。




    文字と数字のしるされた、巻末のレシート。


    年末の紅白みたいに、愛でたくも思えてくる。




    かるく手をふって。


    どうもありがとう、とあいさつをする。



    元気でね~。  


  • Posted by えだまめ at 20:39Comments(0)

    絵のとき

    2015年05月07日

    今日は友人のグループ展に、銀座線の外苑前へ。



    青山通りから入ったところにある静かな谷間。


    ちょっと古そうなマンションの一階にギャラリーがあった。



    草が生えていたり、猫がたたずんでたり。


    陽がひっそりとさしこむ隙間。



    ギャラリーの店主さんだろうか。


    女性がにこやかに、青いカップにつめたいお茶をだしてくれた。



    こどもと宇宙、と題されたグループ展。



    六人六様の空間はとても優しくて。


    気球にのったはりねずみ、空を見たり。





    ひろくくんの絵に描かれるもの。



    スカーレット色というのかな。


    印象的な赤の深みのある温かさ。



    下地のピンクとブルーの混ざりあった色のかっこよさ。


    言葉ではうまくいいあらわせない、伝わってくるもの。



    いいひとときだった!





    すぐ近くにある、もうひとつのギャラリーへ。


    二十歳くらいのころ、よく通った画廊主さんに会いに。


    ひげも白髪もひろがってたけど、相変わらずだった。


    いろいろと話して、元気をもらった。



    また会いにこよう、と思った。




    それからしばらくゆくと、納豆の出店を発見。


    岡田発酵工房の。ちゃんと豆の味がして、おいしかった。



    それから、ひろしげさんに教えてもらった銭湯、清水湯へ。



    都会のラグジュアリー感。


    ジャグジーとかシルク風呂。


    なんだかこういうのもありだな~、と思った。


    なぜか久しぶりにフルーツ牛乳をのんでみる。甘かった‥。




    表参道から代々木公園へ、ずいぶん歩いた。


    新緑の木々の濃い匂い、すごい。



    充実した日だった。感謝~(^^)。  


  • Posted by えだまめ at 20:40Comments(0)

    屋上と銭湯

    2015年05月07日

    ここは屋上。


    ゆっくりとまわる色鮮やかな観覧車。


    晴れわたる空は青。



    連休中だったから、たくさんの子どもたち。

    ハンチング帽姿のかき氷屋の若い兄さんのつくる氷の花を見つめていた。




    この屋上、来たのいつ以来だろう。


    もっと古ぼけた観覧車があった蒲田東急プラザ。


    まだちょっとカラフルさに目がなじめないまま、マンゴーのかき氷を食べる。



    暑い日にのどにはいりこむ冷たさ。




    屋上の仕事には2回就いた。


    緑化資材と気象観測機器。


    いろいろな街のビルやときには家にものぼった。



    風を感じて、空が近くて、地に足がつかない気もしながら。



    どことなく思春期の中学生が授業をさぼってぼっとしているような。


    白いシーツがはためいているような。



    今はあまりのぼらない、屋上の空の記憶。




    蒲田の街ってけっこう面白い。


    おおきな商店街があって、喫茶店、映画館、飲み屋、電器屋、蕎麦屋、寝具屋。



    ひととおり何でもあって、にぎわっていた。

    人の匂いのただよう感じ。



    裏通りには点在しているスナック。


    ふらふらと猫のようにあるく昼さがり。




    銭湯にはいりにゆく。


    銀色の煙突の第二日の出湯。



    番台のかたのすてきな雰囲気。



    着替えてお風呂へ。


    2時台でお客さんは何人か。


    女風呂のしゃべり声がお湯でくぐもって響いてきこえる。


    身体の汚れを洗いながし、浴槽へ。


    お湯は黒湯。


    これがいいのだな♪


    なんだか芯のしんまで温まるのだ。


    お湯だけの話じゃなくて、この銭湯そのものからだけど。


    深い地中の恵みとつながっている喜び。



    手拭いでふいてソファーへ。


    昼ドラをながめつつコーヒー牛乳。



    さわやかになった身体にあたる風が気持ちいい。


    駅のデパートの屋上で、かき氷を食べて帰り道についた。



    東急電車もホームで撮影。


    7700系には、1962年に製造された7000系の車体がつかわれている。


    内装や機器を交換したりして、いまも健在。


    フィラデルフィアの地下鉄を基に設計された日本初のステンレスカー。


    デザインがかっこいいんだな。

    ランプや窓枠のプロダクト。




    ながいサイクルを感じるような日であった。  


  • Posted by えだまめ at 09:15Comments(0)