たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

八ヶ岳ハイク

2015年07月25日

1日目 小淵沢駅ー観音平‥雲海‥編笠山‥青年小屋




息をきらして稜線をあるいてゆく。



晴れわたる空の青さ、風のつめたさ。


疲れはしょっぱい飴や水とともに吹き飛んでゆく。




よく晴れた日。



陽気な感じの熟年夫婦とたまたま一緒。よく歩いた。



鮮やかな木々の緑。風の匂いのさわやかさ。


ときおり、休みをいれながら、一歩ずつ。



ゴロゴロした岩から錆びたトタンの小屋が見えてきた。



小屋に入ると、暖炉の火とこたつ。


フリースを着たら、温もった。


ごはんどき、同じテーブルの山歩きの人たちと、話しながら。

20代後半くらいの高校の先生ふたり、調布から遠足の下見にきていた。


お酒を飲みかわしながら夜が更けてゆく。




星がきれいで、流れ星もみえた。


願いごとも忘れるくらいの一瞬。



ほろ酔いのなか、眠りについた。






2日目 青年小屋‥権現岳‥赤岳‥横岳‥硫黄岳山荘



どうでもいいことだが、今日の行程は色の名前が多い‥(^^)


地図をながめながら、色づくこころ。





朝ごはんにでたシウマイがおいしかった。


基本的に山でたべるものはたいていうまいと思うたち。

ゴウカすぎたりすると、もっと質素でもいいのに、と思ったりするタイプ。



だが、この焼売のジューシーなうまみには、ほんとに元気がでた!


スタッフさんもいい感じ。すてきな山小屋だった。



透きとおるような空の青、遠くの富士山もはっきり見えるほど。


きりたった稜線にも花が咲いている。


腰をかがめて写真をとったら、なんだかその花が身近に思えた。



ところどころ、すれ違う人と話をする。


こういうちょっとしたときに元気をもらえるのだ。



雲がながれてきて、山あいにぶつかって吹き上がるのがわかる。


地形のつくりだすダイナミクス。天気がかわってゆくのを肌で感じる。



赤岳頂上山荘で、カレーとこけももジュース。


眺めがよいところ、ちょっと本を読んで休憩。



外にでて、雲が濃くなった道をあるく。



岩がちの道。こけないようにしなくては。



尾根づたいの細い道。


つよい横風がふいて、やがて霧から雨にかわった。


雨がっぱにザックカバー。




ふかい谷の底がみえない。


ただ一心にあるいてゆくとき。



女子高の生徒さんたちがガイドと一緒にあるいている。


なんとなくはなやぐ気分。めげずに歩こう。




2時まえ、わりと早い時間に小屋着。


窓際の2段ベッドの上を確保。


フリースに着がえて、談話室でうどんをいただく。


しゃきしゃきのインゲンとちくわ、とてもおいしかった。



棚にある漫画をよんでたら、わりと恰幅のいい宇都宮からの若者と話した。



明日は雨、大丈夫かな?



窓からそとを眺めつつ、入眠。





3日目 硫黄岳山荘‥夏沢峠‥本沢温泉‥天狗岳‥黒百合ヒュッテ



起きたら、ざぁっという音とともに雨がふっていた。




荷づくりをしていたら、夏沢峠におりてゆく人たちで一緒に行くことになった。


花にくわしいおじさんと、ひょろっとした感じの中学の先生。


こういう一期一会って、なんだか楽しい。




曇っていて深い霧、ところどころにある石を積み上げたケルンが目印。


いま8個目、もうすこしですと即席パーティーを励ましてくれたり。




樹林帯におりると、風がやんだ。


小屋ですこし休憩させてもらい、ふたたびあるく。




花にくわしいおじさんが生き生きと、この花はね~とおしえてくれた。


本沢温泉について皆とおわかれ、またいつか。



日本一高いところにある野天風呂。


雨に濡れつつひとりだったけど、いいお湯だった。


内風呂も秘湯感がすごくて満足。



カレーをたべたり、スタッフさんと話したり。




白砂新道の森のなかをのぼってゆく。



雨のなか、苔が生きているようだ。


木々は朽ちて、あらたないのちに包まれる。


繰りかえしてゆく営みの不思議。



尾根にでると、つよまる風。


ふきとばされそうになるくらい。



天狗岳の山頂につくと道しるべが微妙にずれていた。



黒百合平をしめす方は崖。


視界のきかないところ。



ありゃ~と思って地図を見ていたら、3人の登山者にあった。


その方たちは黒百合平から来たとのこと。



出会えたことで、ひと安心、感謝!


岩づたいの道はたいへんだけど、あとすこしで着けるはず。



眼下にみえる黒百合ヒュッテ。


思わずガッツポーズ。



3時くらいに到着。



なかに入るとまるい形の木の机のまんなかに焚かれるストーブ。


畳の広間にはおおきな本棚。ピアノ。厨房。


とてもいい雰囲気だ。



すこし贅沢して、千円増しの個室にする。


着がえてストーブにあたって本をよんだり、話したり。


岩手からきている山の会のメンバー。



陸前高田からきている人もいて、いろいろなはなし。


かつてユースホステルに泊まったことがありますといったら、犬との散歩コースだったんだよ、と。



東北にもいい山がたくさんあって、仲間ともども歩くことも。


まだまだ復興の道のりはながいことも。




おやつどき。



こけももマフィンと、コーヒーのセットを頼む。


手作りのほくっとした食感。ほんとにおいしい!



ただの、ほうじ茶とかりんとうもポリポリ。


こういう時間がなんともいえず、味わいぶかいのだ。



テント泊のなか休みにとまっている長崎からきた方とも話。


なんとなくテントのときもいいなぁと思ったり。



やがて晩ごはん。



ハンバーグ、じゃがいもの煮物、ひじき、ごはん、お味噌汁、野沢菜漬け、など。



おいしい和のごはん。おかわり、おかわり、おいしかった~!



1日1度、テレビの天気予報の時間。


大勢で、スタッフさんも一緒にみるひととき。


なんといっても気になるのは、先ず天気なのだ。



読みかけの本を読みおわって、安心して消灯のとき。


小部屋の小窓。


外からは雨の音。


それもまた心地よく感じる。



ぐっすり眠ろう。






4日目 黒百合ヒュッテ‥中山峠‥みどり池‥稲子湯ー松原湖駅



目ざめ、心地よく眠れた。



朝ごはんには卵かけごはん、切り干し大根、味噌汁、梅干し、などなど。


こういうのが山の朝食のひとつの理想だなぁって思う。


おかわりして、ご馳走さまでした(^^)



荷づくりして、小窓から外をながめる。



岩手の山の会のかたがたと宿を出るときが一緒だった。


玄関前で、はいチーズと記念撮影のシャッター。



元気でね、と手をふりながら。



昨晩の雨でぬかるんだ道をあるいてゆく。



中山峠からは下り坂。


青い空もまた見えてきた。



苔がきらきらと光りだして、息をふきかえすような森。


鳥のなきごえが響いてくる。



みどり池のしらびそ小屋では、コーヒーを飲みながらクッキー。


この山行もあとちょっと。



かつての森林鉄道の軌道跡をあるいていたら、沢にでた。


水でかおや首すじをぬらすと冷んやりして心地よかった。




さらにあるいて、稲子湯に到着。




温泉でささっと汗をながして、応接間で高原ミルクのもなかアイスをいただく。



まもなく来た小海町営バスにのって、ときおり窓から八ヶ岳の山々をながめました。  


  • Posted by えだまめ at 09:09Comments(0)

    シャワー

    2015年07月17日

    シャワーをあびる。



    シャンプーを泡だてて、石鹸でごしごし。


    身体中の汗を洗いながして、いい気分♪




    昨日、散髪したばかりだから、細かい毛がでてきた。



    風の音、虫の声、遠くから車のクラクション。


    いろいろな音が聴こえる夜。




    ベッドのうえでのんびり。




    夏生まれの蟹座。


    だからというわけじゃないけれど、水に親しみを感じる。


    川のそばにすんだり、青系の色が好きだったり。



    沢あるき、また行きたくなったり、ながめる山地図の温泉マーク。




    ふんだんにシャワーを浴びながら、日本は水に恵まれた国だなぁ、と思う。



    濁流になるとき、梅雨や台風のときもあるけど。





    今晩もシャワーのおかげで、さっぱりとした‥(^^)


    おやすみなさい。  


  • Posted by えだまめ at 21:43Comments(0)

    2015年07月11日

    声をきいてみる。


    声をあげてみる。



    がんばってあげたから、からから。


    でもきっと、これからもあげる声。



    戦争には、反対。





    デモにいってきた。



    国会前へ、ようやく晴れて、蒸し暑い7月の夜のこと。



    仕事のかえり、地下鉄の階段をのぼり、人たちのなかへ。




    学生たち主催の戦争法案反対のデモ。


    いままでより参加層に若者がふえて、にぎやかな雰囲気。




    ある女の子のことばが胸にひびく。



    アウシュヴィッツでみてきた遺品。


    そこには泣いたり、笑ったりしていた人の影。



    どんな人も、いつも過ち、無慈悲になりうる。



    だからこそ、そのむこうにいる人をおもおう、と。





    まざりあう海のような、それぞれの声。


    集団行動はにがてだけど、時にはいい感じ。




    声の熱気に、生きたことば。



    透ける本音、未熟さのなかにもあるもの。


    グルーヴィーな祈り。





    あらためて思う。



    戦争には、反対!



    声をきいてみて、あげてみて、よかった。  


  • Posted by えだまめ at 10:51Comments(0)

    はれま

    2015年07月10日

    ひさしぶりの晴れま。


    昼の暑さがやわらいでゆく、初夏の夕暮れ。



    いつもの川ぞいの公園で。



    じゃんけんをしていたり。


    語らったりする人も。



    さえずりあう鳥たちも。


    かすかに揺れている白い花も。



    やわらかな夕陽に染まってゆくように。



    身近なものに思えたら、なんだか声をかけたくなった。  


  • Posted by えだまめ at 19:53Comments(0)

    かっぱ

    2015年07月06日

    かっぱをきて自転車にのってゆく梅雨の日々。



    雨合羽のこと、気になってしらべたら。


    へ~、とうなづいておどろいた。



    capaというポルトガル語だったんだ。


    昔々の人がきていた外套のこと。



    なんだか意外な由来と、かぱというかるい語感。



    かぱ・かぱといいながら自転車をこいでみたりして‥(^^)。





    海をこえてつながることばに思いをはせて。


    オレンジのモンベルの合羽をはおる、梅雨の日々。  


  • Posted by えだまめ at 17:35Comments(0)