たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

おきなわ日和~風の音

2016年02月23日

ざわわ、ざわわ、ざわわ。



さとうきびの緑の穂が、波のように風に揺れる。




麦わら帽に汗をかいた頬。


手をうごかして、すこしづつ歩いて。




しばらくしたら、お茶休憩。


ごくごくと喉をならして。


おばぁがくれた飴玉キャンディの甘み。




みんなめいめい腰かけて、ときおり笑顔。


ゆいまーる。結うように助けあい、補いあいながら。




草のうえに寝ころがったら、白い花が咲いていた。




やわらかな今日の風、波のように肌を撫でてゆく。








いま、沖縄の八重山諸島、波照間島にきています。



キビ刈りのバイトの日々。


元気にしています(^^)










東京の成田から、那覇へ。



沖縄本島では、糸満や首里城、裏通りの公設市場、壺屋へ。


バスにのって基地や、ひろがる海をみつつ、名護へ。


辺野古での座りこみテントへも。





点々とゲストハウスをうつりながら旅するとき。


インドで会った友人とも、偶然に再会したり。






飛行機にのって、さらに南西へ、石垣島まで。


すこしあるくと雰囲気のある古い家並み。



ローカル感ただよう理容店で、すっきり散髪。





はじめてなのに懐かしい気持ちになる宿のとき。


語りあう夜の淵、さらしあう悲しみに、ひととき安らいだり。





竹富島は、観光地然としていた、けど、これはこれでたのしいとき。


赤瓦の家屋。三線の音と水牛車。




浜まであるいてゆく。


星砂をひろいながら、桟橋のさきまで。





ふたたび石垣島にもどり、何日か出航待ちのあと、波照間へ。




港の食堂でたまたま見つけたキビ刈りのポスター。


ひょんとした縁から、働かせてもらえることに。





いまは、農家の離れの小屋に。


もうひとりとともに住み込み生活。







自炊したり、たまの休みには、あやふふぁみという近くの食堂へ。




島のごはんがおいしくて、本がたくさんあって。


風とおしの良いひとときに癒されながら。






昨晩は、タテタカコさんというシンガーソングライターのライブ。


何年かまえに、吉祥寺ではじめて聴いて以来。



またここで会えること、不思議なきもち。




心ふかくまで届く声、ことば。


あたたかな、本当にすてきなライブでした♪







海の色は、エメラルド、藍、水色、浅葱色。


さまざまな階調の青。


裸足であるいてゆく砂浜の白。



やどかりと戯れるとき、小さな生きもの。



きこえてくる風の音。





しばらくここ、波照間島で過ごしたいと思います。  


  • Posted by えだまめ at 11:07Comments(0)おきなわ日和