たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

えひめの海~木から木へ

2016年11月26日

“‥みかんの季節になると、いつも思いだすんよ。


あの子はいまごろ、どうしてるんかなぁって‥。

たったひとつき半くらいのことなのにね‥。


絶対に忘れない‥、何年たっても‥”




脚立のうえにのぼって聞いたひとこと。


農家のおかあさんの何げない呟き。







生い繁る葉からさしこむひかり。


木洩れ陽にゆられながら、うごかす指先。


枝をつかむ地下足袋、手ぬぐいで拭う汗。




段々畑にうえられた蜜柑の木々のあいだを縫ってあるく。


つめられた果実のコンテナをはこぶ重み。




ときどきはじけるにこやかな笑い声。


ちょっとした思いで話とか、なんとか。


いつまでもつづく短編、長編の物語みたいに。





木から木へ、段から段へ。


力をあわせながら、おぎないあいながらゆく。



おだやかな波みたいな、柔らかな日々。


皮をむいたら、さわやかな匂いがひろがる。





帰ったら、夕日をみに行こうかな。


今晩のおかずは何かな‥。


こたつをかこんで、テレビを観たいな。





きっとはなればなれになるけど。


大切におもえる、今。




やさしさやあたたかさを知るひととき。


枝から、枝へ、わたりあるく、6人の探検隊。  


  • Posted by えだまめ at 17:56Comments(0)えひめの海

    えひめの海~入日色

    2016年11月19日

    やさしい海のいろ。

    夕日につつまれるとき。



    おつかれさまでした。


    きっと明日は、いい日だよ。


    そんな声がきこえてきそうな、丘からの眺め。




    八幡浜から南へ。


    穴井という集落にいます。



    みかん摘みの季節アルバイト。


    ふるい一軒家の屋根のした。


    段々畑がうえまで広がっている。




    はじめて家にきたときに感じたなつかしさ。


    ボンボン時計とか、こたつとか。



    魚をさばいて刺身や塩焼き、骨せんべい。

    白和え。マカロニサラダ。筑前煮。


    どれもほんとうにおいしくて、もぐもぐ。


    こたつでテレビをみながら、みかんをたべて、くつろぎのとき。



    あぁ、この一家といられて、よかったなぁと思える。





    朝になれば、バンにのって、山の中の畑にはいる。


    さわやかな柑橘の匂い。


    脚立にのぼって、みかんの枝にハサミをいれて摘み、小さな袋へ。



    カゴにうつして、いっぱいになったら、モノラックというトロッコへ。



    目にうつるのは、湾にうかぶ島々、海のむこうの九州も。




    おいしい、おいしいみかんは、まるで夕日のよう。


    やさしくて、あたたかみのある日々のなか。  


  • Posted by えだまめ at 08:47Comments(0)えひめの海

    えひめの海~ナイト・トレイン

    2016年11月19日

    窓のそとを眺めながら。

    夜行列車にのってゆく旅。



    旅のはじまりは、横浜から。


    ホームにゆきかう人たち。

    とぶように流れてゆく街の灯り。




    ハイボールの缶をあけて、崎陽軒のシウマイ。

    軋むレールの音のなか、かるく酔いながら眠りについた。

    熱海、三島‥。


    まるい月が夜空にうかぶ。



    あわい夢のなか、街から街へ通過してゆく。



    ‥、明石、姫路。





    シャワーをあびて、ラウンジへ。


    白く明けてゆく空。

    橋をわたる大橋からの眺め。



    四国にはいると、坂出でのりつぎ。


    ちょうど通勤・通学タイム。

    がたごとと、観音寺ゆきの鈍行にゆられて、西へ、西へ。



    まるっこい山、おだやかな海。


    ほっとしてくる温かな風土。



    ときどきは乗りかえのため、小休憩。

    コーヒーの薫り、パンの味わい。




    松山についたのは、お昼どき。


    さっそく市電の撮影にでかける。


    にぎやかな大街道まで乗車。

    お遍路さんの姿もちらほら。



    オレンジ色の車体、木造りの床。

    モスグリーンのシート。何げなくおかれた俳句ポスト。


    うかんでくる小さなことばたち。


    駅までもどり、いただくじゃこ天うどん、おいしかった。




    さらに鈍行にゆられて、八幡浜へ。


    時間がかかったけど、ぶじに到着!

    充実した旅であった。



    改札をおりると、農家さんやバイターさん仲間が迎えにきてくれていた。  


  • Posted by えだまめ at 08:10Comments(0)えひめの海

    やさしい芝生

    2016年11月13日

    あたたかな日だまりのなか。


    ながれてゆく優しいとき。



    よく晴れたあおい空。


    あざやかな雨あがり、芝生の匂い。


    たのしくなる音楽、こだまする声。





    透明のアクリル板に、小さな手でえがかれてゆく色たち。


    さき描いたあおい魚を、竿をしならせて、一緒に釣りながら。



    ゴスペルの歌声にてをたたいたり。


    オペラの動きに見とれたり。


    笛や楽器に、ひろい世界を想いえがいたり。





    あたたかなお茶の味。


    広場のなかをぶらぶら歩いたり。


    なにげのないことが、うれしくて。




    鼻笛をとりだして、吹いてみては。


    また一歩、あるいてみたり。





    二ヶ領用水のみなもをながめる。


    おだやかにながれ、ながれて。


    午後の光がきらっとかがやく。




    たくさんの人がいったり、きたり。



    色紙の輪っかをむすんでみたりして。





    緑化センターまつり。


    たのしいときをありがとうございました!




    にぎやかな、あたたかな気持ち。



    うれしくて、足をのばした。


    やさしい芝生のうえ。  


  • Posted by えだまめ at 07:06Comments(0)

    空をみあげて

    2016年11月11日

    11月11日。ぞろ目の日。


    肌寒くて、降るのは小雨。


    空をみあげていのる。



    きっと、明日は晴れますように。


    たのしいこと、たくさんありますように‥♪  


  • Posted by えだまめ at 13:04Comments(0)

    ひだまりの瞳

    2016年11月04日

    みつめたら、みつめるほど。


    時がとまるくらい、いとおしい仕草。



    さみしさのひだも、かなしみのおくも。


    ひだまりの瞳にとけてゆく、やさしい絵のなかへ。






    上井草にある、ちひろ美術館に出かけました。


    なつかしい感じのする駅。



    踏みきりの音がきこえたり、黄色い西武電車。



    友人と待ちあわせ、歩いてゆく。


    さわやかな青い空。あかるい陽ざしのお昼どき。



    キッチン南海で、しょうが焼き&チキンカツとご飯。


    もぐもぐ、とてもおいしかった!



    武蔵野のおもかげのあるたかい木々。


    自転車をこぐ練習にはげむ、ちいさな女の子。



    のどかな住宅街をゆく。





    ちひろ美術館には、アトリエのあと。


    モダンなチェア。数々の本。パレット。


    お洒落な、かわいらしい服。



    年譜から、彼女のあゆんできた平坦ならぬ生涯を感じる。


    かなしみのなかから、愛らしい絵を描いてゆくこと。


    ふかく、絵にひきこまれてゆくとき。




    企画展には、あべ弘士さん。


    旭山動物園から絵描きさんになったという。



    それぞれの動物たちの表情。


    草原や氷河、自然の織りなす彩りがすばらしかった!




    外にでると、まるでちひろの世界が、そのまま続いているように感じる。


    ひだまりのあたたかさ、風のつめたさ。


    心にあるさまざまな起伏を見つめられたら。




    上井草の駅ちかくから、バスにのり、荻窪ちかくへ。


    行ってみたかったTitle(タイトル)という本屋さん。


    谷川俊太郎の、せんはうたう、を購入‥(^^)。




    てくてく歩いて、西荻窪まで。


    途中の、ギャラリーカフェでお茶をして。



    もうすっかり暗くなった商店街をぶらぶら。


    オーケストラという店のインドカレーとチャイも絶品!




    さらに吉祥寺まであるき、レコード屋へ。



    そして、さらに下北沢までゆき、締めのラムチャイ。


    電車で、手をふり、またね、ありがとう!



    充実した1日でした!  


  • Posted by えだまめ at 01:14Comments(0)