たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

2017年06月29日

やわらかなかたち。


なぞるとうぶ毛が生えている。

いい匂い。あまい匂い。


初夏みたいな甘酸っぱさ。

したたりおちる優しさ。




まだ食べていないのに、夢のような気持ち。




来週から、いよいよ信州・小布施へ。


あらたなはたらき先です。  


  • Posted by えだまめ at 16:51Comments(0)

    豆をつかう

    2017年06月17日

    知りあいから紫たまねぎ(←無農薬)をバザーで購入。


    どうしようかとおもってたときに、思いついたサラダ。

    意外にとてもおいしかった!

    自己流のかんたんレシピ。もっといい作り方、あるかもしれないけど。



    ・紫たまねぎをきって、水に晒してあげる。

    ・トマトをおおきめコロコロにきる。

    ・きゅうりもざっくりきる。

    ・納豆をまぜる。

    ・キムチをあける。

    ・ポン酢をかけていただく。



    台所のすみっこでもぐもぐ食べた(^-^)


    納豆とトマトの相性がよくて、紫たまねぎ、きゅうり、キムチの食感もよかった。


    納豆やキムチ、チーズ、ヨーグルト。発酵食がすきです。




    日曜には憲法の本の発表もあって、ばたばた。


    でも、昨日はちかくの喫茶店へ映画会。

    ボブ・ディラン“ノー・ディレクション・ホーム”を観て、面白かった!


    そして、今日は絵描きの友人と神保町へ、ふらっと散策する予定。




    共謀罪のことなどで、色々迷ってた。


    心からわきあがるものを言葉にしたり、かたちにしてゆきたい。  


  • Posted by えだまめ at 09:45Comments(0)

    丹波農くらし~みちくさ

    2017年06月07日

    鶴川にかえってきました。


    丹波での農くらし、あらためてよかったなぁ~って思うときです。



    田植えはぶじにおわり、夏野菜にむけての畑の準備。

    あらたに来た新人さんとしばらく過ごし。


    ちかくの温泉で歓迎会&送別会をしてもらったり。


    部屋に掃除機をかけて、メッセージノートを書いて。

    って言葉にしたら、こんなに簡潔になってしまうけど。


    言いようの思いつかないくらい、豊かなときだったなと思う。



    とれた野菜、ひとつひとつ。


    ふれながら洗ったり、ならべたり。


    こころにしみわたるとき。





    朝ごはんをたべて出発。


    豊岡では、ことばあそびの知人の生家へふらっと。

    里山にある古民家、ここも素晴らしいところだった。



    いまお住まいの方と話したり、知人の幼なじみの方と話したり、散歩したり、ドライブしたり。


    泊まっていって、ってことになってご厚意に甘えて。


    玄米とけんちん汁に、おいしかった!

    どこか懐かしくなる感じ。

    そして愉快なひとときだったな。


    バス停まで、幼なじみの方に送ってもらった。

    頭にまいた手ぬぐいが、よく似合ってた。




    宮津では、駅前にある大衆食堂へ。


    ここの、あら煮定食がまた、おいしかった!

    とろっとろの旨み、たまらなかった。

    岩がきも大ぶりで美味。


    また空も晴れてきて、舞鶴へと向かう。


    西舞鶴をぶらっとしたのち、ローカルバスで東舞鶴へ。

    ビジネスホテルに泊。



    舞鶴は、多くの戦争遺産がのこる街。


    赤レンガ博物館や、引揚げ記念館。

    船による港遊覧では、今のイージス艦・護衛艦をみる。


    戦争、って本当に怖いな、と思った。

    それに慣らされてゆくことも、ひとも、また。



    東舞鶴からは若狭湾まわりで。


    高浜、大飯、美浜、もんじゅ、敦賀。

    たくさんの核関連施設がならぶところ。


    海がとてもきれいで、駅舎は助成で立派で。


    なんだか、なんとも言えない気持ちに。

    読んでる方、まとまりのない文章、ごめんなさい。



    敦賀についたら、駅舎がおおきくなっててびっくり。

    以前の佇まいとは、あまりに違っちゃって‥。



    駅そばの、おぼろそば。

    太めの越前蕎麦におぼろ昆布。

    薄い汁にひたすと、朧があわくとけてゆく。


    ええのう。おいしかった。小腹も満たされた。



    長浜方面、山をこえて、近江へ。

    人の装いが都会っぽくなってゆく。


    新快速、そのままゆけば、京都・大阪・神戸。


    夕映えの田んぼ。流れてゆく車窓に心うたれる。




    米原でのりかえて、名古屋方面へ。


    豊橋についたときには結構な夜。

    ネットカフェにて、泊まることにした。


    いつまでたっても、こんなかたちの風来坊。


    点々と道草しながら‥。





    路面電車、走ってたけど、いま思うと未乗のままだった。



    朝、浜松へ。

    けっこう好きな街。


    バスにのって、中田島砂丘へ。

    途中、おおがかりな工事をしていたけれど。



    やっぱりおおきな海は最高だ!太平洋!


    風紋が砂にできている。

    すこしかわいた気持ち、凧になって飛んでゆく風。



    駅にもどって、楽器博物館へ。

    たくさんの楽器をみていたら、メロディーが浮かびそう。

    それにしても、凄い数の楽器だった。


    いくらかかったか、とか、なくなった側はどう思うのか、とか。

    要らんようなこと、思ったりしながら。



    うなぎ茶漬け(ひつまぶし)もおいしかったな。


    目あての店は休みだったけど、充分に満足。


    あ~、なんだか、これ以上はないだろう‥。


    うなぎと、お茶と、ワサビ‥。





    あとはひたすら東海道線。


    よこひろがりの静岡県。乗車区間はけっこうながく、しかも鈍行だから、うとうとしながらだった。


    熱海について、駅前銭湯へ。


    なかなかかなりのレトロで、お湯はあちあちだったけど、楽しめた。


    湯上がり、坂をくだり、浜へ。


    バスにのって熱海駅へ。



    小田原からは、小田急で、鶴川に帰りました。


    ひさしぶりの町、なんだかほっとしました。  


  • Posted by えだまめ at 08:48Comments(0)丹波農くらし