たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

ほほえみのタイ~川のほとり

2017年02月25日

ルアンパバーンへ。


メコン川にそった、数多くの寺院のある街。


着いたときはわからなかったけど、歩くにつれて土地の方向感覚に慣れてきた。



おいしいお粥屋台にうれしくなったり。

おかゆのなかにはジューシーな肉団子。


あっさりした味つけで美味。

ライムを搾って、ナンプラーもちょっと。

揚げたさくさくパンをひたして食べるんだけど。


なんとなく、鍋のしめの雑炊をたべる感じ。

旨みを、身体の髄にまで。






早朝の5時に起きちゃって、6時から托鉢をみに。


思ってたよりもたくさんの僧侶たち。

鮮やかなオレンジの袈裟。


喜捨をあたえる人はひざをついて、竹で編んだおひつからもち米(カオ・ニャオ)をわたす。


地元のおじちゃんや、おばあちゃんたちのすがた。

根づいてる文化なんだなぁと思う。



まるで京都みたいに、古い家屋もたくさんあって。


いろどる花々は、本当に美しくて。

空の青さとひびきあって、絵みたいで。



お餅に卵をつけて炭火でやく屋台とか。


最近のマイブーム、ジュースコーナーもいって。

ラオス・マッサージもして。




両替をしたら、札束のおおさに驚いて。

そのくせすぐになくなってゆき。

通貨の感覚をおぼえていって。





スローボートで出会った人のひとりとばったり会って、話したり。


フランス人の親子にも、また会いたかったな。

連絡先を交換しそびれて、ちょっと残念‥。


トランプして、たのしかったから。


陶芸家のひと。

子どもたちをデッサンするときの、やわらかな目線。



でも、そうした一期一会が、やっぱり旅のよろこび。


また会えないとしても、大切に思えるひととき。




少数民族のカム族の女の子、視線がきりっとしてた。


なんだか、生きているものの姿。





夕暮れどきになって、川ぞいのレストランへ。


オラームという野菜たっぷり鶏肉いりのトロっとしたスープ。もち米(カオ・ニャオ)

そして、ビアラオを注文。



ビールをグラスに注いで、行きかう舟をながめながら、ちびちびと味わう夕暮れどき。


あぁ~、いい1日だったなと思う。


  • 同じカテゴリー(ほほえみのタイ)の記事
     ほほえみのタイ~ほほえみ (2017-03-07 09:24)
     ほほえみのタイ~でこぼこ (2017-03-03 10:16)
     ほほえみのタイ~スローボート (2017-02-23 06:41)
     ほほえみのタイ~ナンプラー日和 (2017-02-21 14:52)
     ほほえみのタイ~星とテント (2017-02-20 08:25)
     ほほえみのタイ~ほほ (2017-02-14 01:20)

    この記事へのコメント
    こんにちは。こちらは夕方の5時過ぎです。

    何だか今回のタイへの旅は、江田さんの感性にピッタリ合っている気がしますね。

    文章から心地よさが伝わってきます。タイと日本は気質が似ているのかな?

    残りの日々も出会いを大切に、そして美味しいものを沢山食べて帰って来てくださいね。
    Posted by noriko at 2017年02月26日 17:35
    norikoさん、こんばんは。

    コメントありがとうございます。

    こちらはいま夜の20時、ビエンチャン。

    ご飯を食べおわって、ゲストハウスのロビーでノンビリしているとこです。


    タイとラオスでは、ほんとうにほほえみに癒されています。

    ささやかな幸せをささやかに表現してるような。

    もしかしたら、僕の勘違いかも知れないけど、それでいいかもなと。

    川がゆっくり流れて、ご飯をあじわって。

    やすらぎを感じられるだけで、それだけでも、旅をしてよかったなって思えるとき。


    あともうちょいで旅のおわりはシンミリだけど、最後までたのしみに日々を過ごします。

    norikoさんも早春のころ、たのしい日々でありますように(^^)

    ではでは、また。
    Posted by えだまめ at 2017年02月26日 21:57
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    ほほえみのタイ~川のほとり
      コメント(2)