たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

九州一周~753

2017年12月20日

今朝は超早朝、4時に起きました。

そろっと、そろぉ~っと、ドリトリーの人たちをなるべく起こさないように‥。


鹿児島中央駅まであるいて、改札前でしばし待つ。


しばらくしたら駅員さんが改札に立った。


ホームはまだ真っ暗。

黄色いディーゼル車が入線。

指宿・枕崎線の旅がはじまった。


通勤型のシート。がらがらだったのに、少しずつ高校生がのりはじめた。



山川で、車両接続。今度はボックスシートに。

さきに一人で座ってた高校生に声かけて、一緒のボックスに。

ほぼずっと暗かったが、枕崎のひと駅手前で、ようやく夜が明けてきた。

もう、明後日には冬至。



枕崎からは、坊津を循環する路線バスにのる。


鑑真和上が、1264年前の今日、753年12月20日、坊津に日本上陸。


車窓を眺めながら、先人の苦難多い足跡を思った。


海のきれこんだ谷から、集落がのびている。

手積みの石垣。道路も曲がりくねった、きっと応時のままの。


枕崎にもどってきたときにはバスのなかに自分ひとり。



とりあえず、枕崎といえば鰹、ということで、鰹節工場をさがして街にでた。

しばらく歩いていたら、たまたま外にいたおじさんと立ち話。

親切に、ここに行けば良いよ、と、一番わかりやすいとこの工場を教えてくれた。


そこにいくまでも、いくつか工場を発見。

小さな町工場風の建物のなかに、たくさんのひとが、鰹の処理をしていた。

何をしてるか、はっきりとは見えない。鰹の匂いがしてきた。

薪もたくさん並べられている。

これで本枯節をつくるのだろう。



海沿いを歩いていたら、漁船が荷捌き所で、たくさんの魚たちをおろしていた。


さらにいった魚センターで、お昼ごはん。


かつおと鰹節、ねぎ、わさび、刻み海苔。それにだし汁を注いでいただく、まるでひつまぶしみたいに料理。

これが、とてもおいしかった!

鰹の旬ではないけれど、うまいものはうまい。

旬のときは、きっともっとうまいはず。



舌鼓をまんぞくにうったところで、駅へ。



帰りの汽車は、乗り換えなしで鹿児島中央へ。


海際の窓側のボックスシート。

景色がとても素晴らしかった。


開聞岳はきれいな円錐形のコニーデ火山。

陽ざしをうけて光る海。


しばらくしたら、錦江湾から、桜島もみえてくる。

湾にそって、進んでゆくにつれ、どんどんおおきく見てえきた。



人もだんだんと車内に増えはじめる。



鹿児島中央に、四時ころに到着。

駅ちかくの、地元だけであろうビジネスホテルにチェックイン。



特別なとこではないが、居心地はよさそう。


外を散策、大久保利通や、西郷隆盛の生誕地へ。


天文館まで歩いて、ラーメンとご飯をたべて、小松帯刀像、西郷隆盛像をみえ、ホテルへと戻る。



館内のコインランドリーで、この旅初めての洗濯。


今晩はぐっすりと眠れそうな気がする(^^)


ではでは、おやすみなさい。


  • 同じカテゴリー(九州一周)の記事
     九州一周~ありがとう (2017-12-28 00:04)
     九州一周~器 (2017-12-26 23:55)
     九州一周~冬の陽だまり (2017-12-25 23:16)
     九州一周~坂道 (2017-12-24 21:38)
     九州一周~静かの海 (2017-12-23 21:08)
     九州一周~ゆず湯 (2017-12-22 22:20)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    九州一周~753
      コメント(0)