たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

九州一周~静かの海

2017年12月23日

朝もやのなかバスを待つ。


熊本では、たくさん歩いたから。愛着がわいてきて‥。

もうすこしゆっくり滞在しても、という気もしないではない。


しかしながら、一方では、クリスマスのころに長崎にいたいという気持ちも働いて、出発することにした。


路線バス、終点は熊本港。


桟橋から、やや小型のフェリーにのる。

船内の標識、原島~本熊、と書かれているのが昔っぽい。


海はおだやか。有明海を、一時間ほどの航海。


カモメが飛んでいたり、スクリーンみたいに澄んだ空。

雲仙の山々がよく見える。

噴火による火砕流のあとの山肌も。

こうして、ぶじに旅行できることがありがたい。



島原港に到着。

ちかくの島原外駅の汽車はちょうど発車してしまって、これもいいチャンスと、島原駅まで歩くことにした。


途中からアーケードの商店街になっているが、なかなか雰囲気がありました。

昭和の温泉街っぽさのエッセンスもありつつ、九州ならではの品揃え、お菓子だったり、お魚だったり、もあって。

歩いていて、楽しいひとときになりました。

道ぞいのいたるところには、湧き水がわいてきていて、飲むことができます。

島原城の外観も見られてよかった。


ちょうどピッタリの時間に、島原駅に到着。



黄色い色の、島原鉄道、初めての乗車。

海ぞいを走る路線。

途中の大三東駅では、幸せの黄色いハンカチが飾られていました。

ずっと有明海をながめながら。


諫早湾の巨大な可動堰もみえてきました。



終点・諫早でのりかえ。

けっこう人で混んでいました。

そういえば、師走の週末。


長崎に、正午ごろに到着。

しばらく歩いて、古い小さな中華料理屋さんに入る。

さっそく、ちゃんぽんを頂く。やはりうまい。


15分くらい歩いて、眼鏡橋のちかく、ゲストハウスあかりへ。


チェックイン、すこし休んで、散策にでかけました。


眼鏡橋、亀山社中、風頭公園、途中でまよっておおきな墓地、思案橋、唐人屋敷、オランダ坂、新地中華街、長崎港。

前にきたことがあるので、土地勘はあって、帰ってきたような安心感もありました。


あらためて、好きな街だなぁと実感。


行きかう船の姿。汗をかいてのぼる坂のうえから眺めながら。

市電のがたがた走る音、遠くから聞こえる汽笛。


オランダ、イギリス、中国、国際的な文化が色濃く残る雰囲気。

ちゃんぽんされている感覚。


アイスカステラ(←カステラにアイスがはさまってる)おいしかった!


ゲストハウスちかくの定食屋さんの皿うどんも美味。

明日は、できたら、豚ニラ炒め定食を食べられたらいいな。



浦上とか、大浦天主堂にもいきたい。

原爆の資料館にも。

雨がふりそうな予報だけど、雨の長崎も楽しむことにしよう。



それでは、お元気で、また~。


  • 同じカテゴリー(九州一周)の記事
     九州一周~ありがとう (2017-12-28 00:04)
     九州一周~器 (2017-12-26 23:55)
     九州一周~冬の陽だまり (2017-12-25 23:16)
     九州一周~坂道 (2017-12-24 21:38)
     九州一周~ゆず湯 (2017-12-22 22:20)
     九州一周~峠 (2017-12-21 22:28)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    九州一周~静かの海
      コメント(0)