たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

奄美花言葉~海風花旅

2018年04月04日

いまは奄美から鹿児島へ、旅の途中です。



ぶらぶらと名瀬にしばらく滞在してました。


奄美大島ってゆうだけあって、とてもひろい。

バスにのって龍郷というところに訪ねたり。


新緑の葉っぱの匂い。あざやかな色。


ほそいひとけのない峠道、ひらひらととんでたアサギマダラ。


あづま屋さんという素泊まり民宿に滞在しながら。


ちかくの小料理屋さんの郷土食、絶品だった!

カワハギの揚げ物、豚の角煮、島らっきょ、鮪の刺身、あおさ汁。


鶏飯、油ぞうめん、奄美にはおいしいものだらけ(^^)



公園では、野球をするこどもたち。


ミキをのんでたら、“僕それ苦手なんだ”って話かけてくれた。

生き生きとした少年の瞳。

元気な子どもたちの声がひびいていた。


図書館にいったり、銭湯にはいったり、名瀬ではゆっくり過ごせた。






トカラ列島を島づたいにゆくフェリーとしま。


夜2時に出航するとのことで、早めに港へ。


ちょうど入れ替わったばかりの新造船。

ピカピカの船内。


広間の雑魚寝スペース。一番乗りで、窓際に。


夜の港をながめていたら、いつのまにかうとうと‥。

気がついたら、船出していた。



夜の宝島の港。

ロープを繋げたり、荷揚げしたり。ぼっと眺めた。


小宝島につく頃には明るくなって、甲板に出てみた。


次の悪石島では、これから新生活をおくる女の子の送別会になった。


子どもたちがソーラン節を踊ったり、カラーテープ。


女の子は、“ありがと~う”と言って、手をふりながら、涙。

船がでるまぎわ、子どもたちが追っかけて、旗をふる人もいて。

ジーンときた!!


平島でも、年上の男子の送別会。


声変わりした声で、島の子たちにおくるエール。


バンダナをまいた白髭の先生、とてもかっこよかった。



牛たちがコンテナにのって荷揚げされたり、小荷物の段ボール箱を、大人たちがリレーで運んでいたり。

最後にみんなで手をふるすがた。





そのあいだに食堂で牛丼たべたり、読書したり、シャワー!を浴びたり。

さっぱりしてよかった。


波にゆられながら、ひろい太平洋を感じるとき。




今はだいぶ鹿児島に近づいて、佐多岬と竹島のあいだあたり。


明るいうちに桜島が見えそうな感じ。


のこりの船旅を満喫したいと思います。


  • 同じカテゴリー(奄美花言葉)の記事
     奄美花言葉~花暦 (2018-04-06 21:47)
     奄美花言葉~みなと (2018-04-01 18:29)
     奄美花言葉~はなことば (2018-03-16 21:01)
     奄美花言葉~水平線の日々 (2018-02-20 19:08)
     奄美花言葉~春のうた (2018-02-09 17:35)
     奄美花言葉~花の写真 (2018-02-04 22:40)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    奄美花言葉~海風花旅
      コメント(0)