たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

奄美花言葉~花暦

2018年04月06日

バスの車窓をながめていた。

鶴川駅からアパートに向かう帰り道。


やわらかな新緑のみどりと色とりどりの花々。

桜はちょうど葉桜のころ。


まるでおとぎばなしのように、しっとりと雨に濡れていた。


奄美にくるまえは、アパートに雪がふったり。


給湯器の管が凍って、お湯がしばらく出なかったり、だったんだ。

季節は巡る。



なんだか、ずっと、どこかに行き急いでいた気がする。

どこかに、性急に行こうとばかりしていた。

勿論、悪いことばかりではないだろうけど。

今回の旅に出る前は。



花は咲いている。


ちょうどいい頃あいに、咲いてくる。

そして、枯れてゆくのも、また宿命なのかも知れない。


花のこよみ、時の感覚は、とても自然なもの。


いそぎすぎる自分を、そっと見つめているかのように。



鹿児島に着いてからは、天文館にあるビジネスホテルへ。

新緑のなか、城山を歩いたのが心地よかった。


朝のうちに来たときは桜島に靄がかかってた。

それはそれで、すごい風情があった。


街を歩いてたら、何回か声をかけられた。

なんでかはわからないけど、とてもうれしかった。

たとえば、交差点の信号の替わるタイミング、遅いわね、とか。

どうでもいいと思われることでも話す垣根の低さ、いいなって思った。


山形屋という老舗デパートの最上階にレストランがあって、そこで名物と言われる焼きそばを食べた。

かた焼きそばに、お好みで酢をかけて頂く逸品。

これがえらくおいしかった。城山歩きのあとで、空腹ってのもあったけど。


そしたら、席の隣のかたが、どこから来たの?とかいって、最後にポンと食事券をおいてってくれた。

なんだか、とてもとてもうれしくて、ありがたくて。



午後、外にでたら晴れていたので、もういちど城山にのぼった。写真もパシャリ。


遊覧バスにのって市街をめぐり、鹿児島中央駅から市電。


ふたたび天文館。むじゃきの白熊、というかき氷。

最初は甘っ!って思ったけど、後半になるといい感じに馴染んできた。

いつか、また食べられたらいいな。



ホテルにもどり、しばらくのんびり。

夜の外出がめんどくさくなって、近場でラーメン。

コンビニで夜食用におにぎりとシュークリーム。

繁華街のなかのセブンイレブン。

思えば、沖永良部では、こんなに便利ではなかった。

けども、楽しかったなぁ、島での日々。



翌朝、ホテルのモーニング。

食パン、ロールパン、クロワッサン、茹で玉子、サラダ、ウィンナー、ヨーグルト、リンゴジュース、コーヒー。


天文館から空港ゆきのバス。


かなり早めについて、ぶらぶらと空港内を散策。


雨がふりだし、霧が濃くて、本当に飛行機がとぶのか危ぶまれたが、少しおくれて出航。


成田につく間際も、けっこう風に揺れた。



ぶじに着陸!


東京駅まで、シャトルバスで900円。

そこから中央線で新宿駅。小田急で鶴川へ。




奄美花言葉、いい旅になりました。

どうもありがとうございました。


お元気にお過ごしください♪



  • Posted by えだまめ at 21:47│Comments(0)
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    奄美花言葉~花暦
      コメント(0)