たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

おかやま風景~細道をゆく

2018年09月03日

みちのく、くねった細道をゆく。


酒田駅のロータリーからは代行バス。


庄内平野の田園風景をぬけ、最上川をしばらく上流へ。

途中、幾つかの駅によってゆく。たくさん人がのってきて、しばらくしたら満員に。

水害の影響もあって、陸羽西線は不通。




新庄についたら、新庄祭りが開催されていた。

神主さんや天狗さま、それぞれの装いをまとった行列。

観客もたくさん。人たちのあいだにすき間を見つけて観る。


長い時間ではなかったけれど、鮮やかな印象を心に残す、みちのくの祭り。


新庄駅のホーム。山形新幹線と在来線の奥羽本線が並列にならぶ。


普通列車の車両、ひとがふえてゆく。


小学4年生くらいの男の子とおばあちゃん。

はたちすぎくらいの女の子ふたり、買い物にゆくのかな。

車窓には緑、とても深い色。そしてやわらかな気持ちになる。



山形について、足で宿をさがす。

時に、街によっては、予約サイトよりも安くて、その土地にしかない、家庭的なビジネスホテルがあったりする。

フロントでたずねたら、それだけであたたかな雰囲気に癒されたりする。


今回も、そんなステキな宿に出会えてよかった。ラッキー。



バスで、天童にゆく。

電車とは違って、くねくねと細い道にも入って、よりたしかにその地を味わえる、路線バス。


将棋クラブだったからか、資料館も、ところどころの橋桁やマンホール、足元の詰め将棋のタイルが、ツボに入る。

それにしても、詰め将棋、難しい‥。


帰りのバスは、ちょっと眠たい、うとうとしながら、山形をながめる。


お堀ぎわから、城跡へ。

冷やしラーメンを食べに、食堂へ。

トマトやきゅうりも入ってるけど、れっきとした醤油ラーメン。

冷やし中華とは違う意味で、すっきり。

酸味がなくても、これはこれでいけるな。


そのあとも環状バスにのったりして、また歩いて、夜の赤提灯、いも煮を食べてしめた。

いも煮、季節はちょっと先取りだったけど、めちゃくちゃうまかった!



翌朝はやく、ホテルの朝食。

そもそも米がおいしいし、だし、という野菜のみじん切りもおかずもうまいのだ。

それに加えて、味噌汁も、焼き鮭も、なんか山形めしすべてがおいしいと思った。


仙山線で、山寺へ。


したたる小雨。のぼってゆく立石寺の階段。

途中で雨がやんで、描きだされる雲の模様。

かつて芭蕉がおとずれた地にいる。

谷あいの景色がまぶたに。


雫。森の匂い。しっとりと潤う心・身体。



降りてゆくと、おみやげ物屋さんで、玉こんにゃく。

お皿にのせて、辛子もつけて。

これもおいしい、おいしい。山形めし、決定的にうまい。


ふたたび降りだした雨を、山寺駅のホームからながめる。


ここから仙台へゆくのだ。


深い森のなか、トンネルをぬけてゆく。

ながい歴史を想像しながら。



おおきな街、仙台。

ながく張り巡らされた歩道橋に興奮。


あらかじめWeb予約していたビジネスホテルへ。

地下鉄東西線で国際センターへ。

あぁ、都会だなぁ、とか思う、オノボリさん。


木々のあいだをぬけて青葉城にむかう。



広瀬川から急な崖地になっていて、市街のいい眺め。


立派な伊達政宗の騎馬像。かっこいい!

形のバランスも、三日月のかぶとも。

そのあとでたべたずんだ団子も美味。

おいしすぎて、二本目もおかわりしてしまったよ。


坂をおりてみた仙台博物館もナイス展示。

常設展には、仙台の歴史。支倉遣欧使節団の内容が充実していた。そのうえ企画展は、アンデス展。


なんだか、頭のなかが不可思議な世界に包まれてきたような。

ループルという巡回バスにのって、仙台駅へむかう。


ところどころに公園があって、なんだかやっぱり杜の都だなぁって思う。

子どものころ、よく仙台の地図を眺めていたのを思い出す。ポケット日本地図。


ロフトで筆ペンと香典袋をかって、アーケードの仏壇屋で数珠を、藤崎で悩んだ末にモロゾフの焼き菓子を購入。



明日は、陸前高田。いよいよ旅も終盤になってきた。


  • 同じカテゴリー(おかやま風景)の記事
     おかやま風景~小雨 (2018-09-06 19:37)
     おかやま風景~日本海 (2018-08-25 05:50)
     おかやま風景~潮風 (2018-08-20 23:39)
     おかやま風景~心音 (2018-08-17 19:21)
     おかやま風景~夏の花 (2018-08-05 20:45)
     おかやま風景~ふたたび (2018-07-30 20:17)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    おかやま風景~細道をゆく
      コメント(0)