たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

ツリーハウス・パレード

2011年06月12日

今日は身の丈の友達と武蔵境のあたりで遊びました。
ツリーハウスに登ったり、パレードを歩いたり、充実した1日でした。


武蔵境駅から15分ほど歩いたところにある“古民家 和のいえ 櫻井”では
タイマッサージ祭りなるイベントを見に行きました。

結構広めの敷地には、タイ料理や気功や足つぼや楽器やさまざまな屋台が並んでいて
アジアの香りが五感に伝わってきました。庭にはきゅうりや茄子の畑がありました。
広めの母屋ではマッサージ師さんが15人くらいせっせと施術をしていました。

裏手にはツリーハウスを建てているところで、左官職人さんが壁を塗っているところでした。
職人さんに許可をもらって、我々もはしごを上ってツリーハウスへと登りました。
ゆらゆら揺れる足場。でも心は高揚感で満たされています。
足元には祭りのにぎわい。木の匂いに生命を感じる。
小学生のときの秘密基地を思い出す。時間がとまっているような感覚。

小腹を満たすため、タイ屋台で野菜プレートを注文し庭石に腰掛けていただく。
鎌倉野菜の濃い味。おいしい野菜は美味しい。みずみずしい食感と匂いを体全身にいただく感じだ。
デザートのココナッツミルクとバナナとブラックタピオカも美味い。優しい味がする。

蔵の中では、震災で写真の修復活動に携わっている方の話を伺う。
人手が足りないこと、写真表面が剥落するため時間との勝負であることを聞き
自分もボランティアに行くことを考えてみる。

それから気功をされている方の話を伺う。
歌うことが好きでパンを作っているとのこと。
生き生きとした人のもつ笑顔。温かな気持ちになる。


門をでて、そこから歩いて武蔵小金井へと向かう。
たくさんの話をしながら歩く道すがら。あじさいの花の色。


集合場所の団地のふもとの公園にはすでに沢山の人で賑わっていました。
“さよなら原発小金井パレード”という集いでお子さん連れの親子を先頭に
楽器隊・大人の順に隊列を組んで駅周辺を中心に1時間くらい歩きました。
我々は手ぶらで楽器隊にまぎれこむ。それぞれの方が好きな楽器を奏でていい感じ。

パレードは初めて参加するが意外に居心地がよい。
シュプレヒコールに真剣ななかにもユーモアが混じっている。
歩く子どもたちは何を感じるのだろう。
きっと複雑な強い印象となって残るのではないだろうか。

パレードの後は子どもたちは何事もなかったようにサッカーしたり
自転車に乗って水たまりを横切ったり。
よわい小雨が降り始めて折りたたみ傘をさす。

自分自身はパレードに参加できて良かったと思う。
“動けば出会える”という言葉の通り。
まず動いて参加してみる。その先に出会いや発見や失敗や喜びがあるはずだから。


それから喫茶店でお茶。交差点で別れて駅へと向かう。

充実した1日にありがとうの気持ち。
さあ、帰ったらウクレレだ!




  


  • Posted by えだまめ at 21:15Comments(0)