たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

一歩

2011年10月24日

一歩を踏み出すのは勇気がいるよね。

雨降りの朝。
学校に会社に行きたくなくなる。

玄関に引き帰して、ズル休みしたくなる。


足が疲れて頭もぼんやり。
あと40kmは歩きたいところ。
テントから出られず。



悲しみを抱きながら前を向くとは
どういうことなのだろう。

大きな波。家を流される。友達の死。
家族との別れ。忘れ形見。茫然自失。

前を向いて歩きたいところだけど
力が出ないとき。


いつも、途方に暮れてしまう。

点と点の距離の長さ。
交わらない平行線。


なんなら逆走でもして、もう一度オーロラを見て
どこかに息を潜めようと思うこともある。。。




否。。


人は旅人。


どこまでも水平線は広がっている。

わだかまる心、コップ一杯の水と一緒に飲み干す。


昔の友達は、大丈夫だろ、と言っていた。
人にはきっとその人らしい役割があるはずだ、と。

あせるのは、らしくないとも。



なんとか一歩を踏み出したい。


なんならサイコロを振って。

海辺の町へ。山の頂へ。
人の隣へ。次の場所へ。  


  • Posted by えだまめ at 18:58Comments(0)