たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

インドノート~インドの音

2015年10月29日

耳をすませたらきこえてくる。



出会った人たちの息づかいや、話したあれこれ。



通りのクラクション。祭りの楽団のミュージック。


物売りの呼びこみや、ささやき。



天井のファンの唸りをあげる音。




いつまでも奏でられる波のような音楽。





すこしずつ歩いてきた日々。


またデリーに来ました!



初めてきたときよりも、ずっとなじんできた街。



てきとうに歩くたびに発見があって。




いろとりどりの布、果物、スパイス、ねじ、時計、タイヤ。


匂いも音も、通りごとに在る小さな世界。




デリーはイスラムっぽさもすごいから、ご飯がうまい。


タンドリーチキン、ジーラ・ライス、ナン、カレー、シシカバブ。


タンドリー釜で焼いた香ばしい料理、最高!



旨みが口にひろがるとき。





通りでは、仕立て屋さんが服をしたてている。


ごとごとごと、小刻みに縫い針が音をたてている。




ときおり人だかり。


手はださないで、熱い言いあらそい。


しばらくしたら、手を握りあって、散っていった。




メイン・バザールにあるラッシー屋さん。


おいしくて通った、いっぷくの清涼。



コンノート・プレイスの楽器屋さん。


丁寧にチューニングされるシタール♪





まとまりきらない、混在した世界。


なぜかそこにいるとほっと一息つける。


ときおり、裏腹につかれることもあるけれど。



たくさんの生き生きとした音につつまれるとき。


インドにこられて、本当によかったと思う!







今晩のフライトで日本にむかいます。


読んでくださって、どうもありがとうございます。


おおきなインドにも、あらためてありがとう!



皆さま、よい秋の日々を過ごされますように‥(^^)v  


  • Posted by えだまめ at 09:12Comments(0)インドノート