たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

おかやま風景~日本海

2018年08月25日

富山~新潟~酒田と、日本海がわを北へ。



富山では、路面電車にのったり、富山地方鉄道にのったり。

地鉄、ナイスなレトロ車両がたくさん走ってて。

稲荷町という駅で、しばらくずっと撮影していました。

感動、感動。大切に乗られていることに感謝。


しょっぱいブラックラーメンの味。

富山は、学生のころのたしか3月、親不知を歩いて旅した、思い出の地。

親切にしてもらったり、そのとき食べたふるい駅ビルでのモーニング、憧れのひとが住んでいた街。

たいせつなことを、思い出すようなとき。




翌朝、地鉄で新魚津まで。

夏の立山連峰もくっきりみえて、いい朝。

通勤風景、扇子をあおぐひとが多いなぁ。



そこから、第3セクターでゆく。泊、糸魚川、直江津と。

駅弁の鱒のすしが朝ごはん、贅沢。

あおい日本海をながめつつ。



直江津から久しぶりのJR。


越後線で吉田。

旅人にとっては、いい意味で、取り残されたような街。

地元のひとに道をたずねて、探しあてた店の、焼きそば。

太麺で、食べごたえあった。ごちそうさま。


ふたたび吉田駅。

弥彦線は、乗車のみ。


ひろがる田んぼに、朱色の大鳥居。たかい弥彦山。


のぼったら佐渡がみえるという。いいなぁ。


新潟に近づくにつれて、ひとが増えてきた。

とくに学生たち。新潟大生かな。



車窓からみえてきた市街地。

おおきな街。レインボータワーの虹の模様。


観光案内所でたずねて、信濃川の対岸、古町にあるビジネスホテルへ。

さっそくシャワーあびて、また外出。




萬代橋。ゆきかう人たちと自転車、銀色のバス。

しみじみとするひととき。



バスセンターでは、さっきみえたレインボータワー。

もう取り壊しというから、見おさめだろう。


それにしても、存在感ある。

かつて眺めた写真集のことを思う。

いつも空をみあげて、光を探していた写真家。

心になかにある光。自分にも、きっと。



友達と駅近い居酒屋に呑みに。

枝豆もお酒も味噌の焼おにぎりも絶品。

たくさん話せて、楽しかった!ありがとう!




翌日はひとり、ほうぼう、酒蔵とか、周遊バスに、アート展、いい感じに観光。


そして、また夜に、沖永良部でのバイト仲間と飲みに。

鯛めしに、枝豆に、こちらも美味。

なんだか恵まれてるなぁ。

すてきなひととき、どうもありがとう。



翌日、バスで新潟駅。


そこから、白新線、新発田。羽越線、村上。

台風の影響で、灰色の日本海の車窓。


灰色という言葉では表現しきれない深みのある色。


青いしましまのレトロ車両、良かった。


庄内の田んぼ風景をながめて酒田へ。


絵かきさんの友達の故郷。




ふるい港町。

北前船の西回りの航路が通るところ。

おかやまの下津井のみなとから、ここまで繋がってるのだ。


日和山公園に、ワンタンメン、すてきな海の街。


宿の窓からは操車場。

鳥海山。上のほうはくもってて残念、だけど、満喫。



今日からは、最上川をのぼって山形方面。

奥の細道の旅。



それでは、また。  


  • Posted by えだまめ at 05:50Comments(0)おかやま風景

    おかやま風景~潮風

    2018年08月20日

    おかやまでの仕事がおわって、北陸へ旅しています。


    鈍行をのりついで、福井で一泊。

    ソースかつ丼をたべて、夜の散歩。

    駅前や城跡のまわりをうろつく。


    晩はテレビで映画、君の膵臓を食べたい。

    胸がぎゅんぎゅんきた。


    朝はホテルバイキング。


    えちぜん鉄道にのって三国。京福バスで東尋坊。


    けっこう迫力ある。絶壁の柱状摂理。


    遊覧船にのって、日本海へ。

    潮風あおいいろ。さわやかな航海。


    海産物屋さんで海鮮丼たべて、ふたたびバスで芦原温泉。


    そこから金沢へ。

    駅近くのふるいビジネスホテル。

    荷物をおいて、香林坊から犀川のあたり。


    金沢21世紀美術館、屋外展示かっこよかった!


    浅野川のほうまで、ふるい街並み、ぶらぶらと。

    駅前で晩ごはんを食べる。

    なんだか以前より、すごく都会になってて、ちょっとさびしい。


    タワレコで視聴しながら、サザンを口づさむ。


    コンビニでペットボトルのお茶とお菓子、シロクマ。


    テレビでセットコントみたいな番組で星野源のファミリーソングを高畑充希さんが、お父さん姿でカバーしていた。


    とてもソウルフルで優しい歌声。

    胸がぐっときて、涙がにじんだ。


    こんな夜もいいな。


    これからしばらく北陸から岩手の陸前高田へむけて鈍行旅。


    若くして亡くなった、バイト友達の弔いも出来たらと思っています。


    明日、次の街は、富山。

    私鉄の鉄道王国にブラックラーメン。楽しみです。

    夏の北陸、ええのう。


    おやすみなさい。  


  • Posted by えだまめ at 23:39Comments(0)おかやま風景

    おかやま風景~心音

    2018年08月17日

    心音みたいに響く鼓動。


    夕闇にとけるやぐらから聞こえてくる。


    いつになく真面目な眼ざしで太鼓をたたく子どもたち。

    農家さんの子も、そのなかにいました。

    声をあげて、腕に力をいれて、えいっと。


    永遠と瞬間。

    備中たかはし松山踊り、紡がれる長い歴史のなか。



    出番をおえて、にぎやかな通りのなかへ。


    かき氷、焼きそば、冷やしパイナップル。

    たくさんの露店をながめたり、おんぶしたりして。




    あぁ、なんだか生きている心地がする。

    笠をかぶった大人たちの踊りの揺らめき。


    ゆっくりと夜が更けてゆきました。



    高梁での日々も、もうちょっと。

    この前のお休みの、児島~下津井の、風の道、廃線跡歩きも、いいひとときでした(^^)v


    あと数日、がんばって、楽しんで過ごしたいと思います。  


  • Posted by えだまめ at 19:21Comments(0)おかやま風景

    おかやま風景~夏の花

    2018年08月05日

    休みの日、電車にのってぶらぶらと。


    代行バスから、また伯備線が走るようになりました。


    岡山でのりついで、邑久まで。

    以前、インドでであった、N君がコックをしてる店、アルバンモー。


    田んぼのまんなかにある古民家。

    真っ黄色に咲いた夏のひまわり。


    年季の入った木のテーブル。透明なガラスにかざられた一輪の花。


    えだまめさん、ビートルズ好きでしたよね、とアビーロードをかけてくれた。


    地元食材の数々。美作の米。車麩のフライ。夏野菜のラタトゥイユ。きゅうりのピクルス。茄子のスープ。サラダ。しそジュース。

    どれも優しい、おいしい味がした。ごちそうさまでした。


    帰り道は、岡山で、うらじゃという踊りの祭りを見たりして。

    ふたたびかえってきた農家。なんだかおちつく。



    とても暑い高梁ですが、浸かった畑をちょっとずつ、手をいれながら、作業しています。

    もうとれなくなった野菜もあるけれど。


    飲みもののんで、麦わら帽をかぶって、すこしずつ。


    咲く花にありがとう。あざやかな夏の色。  


  • Posted by えだまめ at 20:45Comments(0)おかやま風景