たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

しましま~巡り巡る

2019年01月17日

おはようございます。


今日も京都。

金魚屋さんで朝食を(^-^)

ごはん、お味噌汁、焼き鮭、玉子焼き、おから、京漬物。

どれもおいしい。おからがこんなにおいしいなんて・・。


バスにのって出町柳。

加茂川と高野川の合流点。鴨川になるところ。

賀茂大橋から、飛び石を歩いてゆく人が見える。

赤いコートの女性、買い物袋をぶらさげて。

くるりのアルバムの中ジャケットにも載ってる風景。



バスにのって、山のほうへ、大原に向かう。

ときに蛇行しながらゆく高野川に沿ってゆく。


途中、幾つかの集落に寄りながら、やがて急に谷あいに視界がひらけてくる。

たしか、ノルウェイの森でも出てくるところ。

直子のサナトリウムに、バスに乗って訪ねてゆくときに。



大原のバス停。


国道には杉をのせたトラックが1台走ってゆき、やがて静かになった。


小川ぞいの坂をのぼってゆくと、土産物屋やお漬物屋。

澄みきった風の冷たさ。暮れに降った雪の白さ。


三千院。

おおきな伽藍。歩いてゆくと広間。

お抹茶と羊羮を頂きながら、庭をながめる。

ゆったりとしたときのなか。


庭におりると、苔も木々も光り輝いていた。



少しまたのぼってゆくと声明で知られるという来迎院。

小ぢんまりとした山寺。

耳が治りますようにという願いがこめられた絵馬。


しばらく歩いて、来た道を大原バス停まで引き返し、寂光院へ向かう。

尼寺として、かつて建礼門院も居たところ。


石段をのぼってゆくと、本堂。

古いお堂は焼失し、再建された歴史。

なんだか、心痛み、引き締まる。

目を瞑って、祈りをささげた。


かつて建礼門院がすごした住居跡に足をのばす。

どんな思いで日々を過ごしていたのだろう。


石段をくだり、大原山荘へ。

足湯カフェは残念ながら、臨時のお休み。

その替わりといってはなんだが、立ち寄り湯へ。

露天風呂、とっても気持ちいい、頭寒足熱。


風呂上がり、おにぎり定食、おいしかった(^-^)


大原からバスで八瀬比叡山口。

黄金の大きな楕円、モスグリーンの叡山電車、ひえい号が近づいてくる。

なんだが、夢に出てきそうな荘厳な雰囲気。

不思議な気持ちで宝ヶ池。


乗り継いで貴船まで。

バスにのって、しばらく川沿いを歩いて貴船神社。


水を祀るところ。ひんやりとした境内。

木々も立派で元気。


樹木の匂い、細胞にまで届くような。


スキップするように下り坂を駆けおりてゆく。


ふたたび叡山電車、そして、出町柳まで戻ってきた。


今度は、地下に、京阪電車。

祇園四条駅から、ちょっと歩いて、散歩中のおじさんに道をたずねて、建仁寺。


けっこう広い禅寺。


石庭には波の模様。

ちょうど夕暮れどき、砂のようにきらきら光る。

柔らかなウェーブになって届く安らぎ。

屏風の龍は、レプリカだけど立派だった。

居合わせたスーツ姿のおじさんに頼んで、龍とツーショット写真。

よく撮ってもらえて、うれしい!


法堂の天井の双龍図、おおきくて立派だった。

色々な見どころのあるお寺、美術館みたいだったな。



すっかり長居して、出るころに夕暮れ。

鴨川の残照。自転車で帰路につく人がいる。


河原町から阪急電車にのる。

マルーンカラーの大好きな車両。

わざわざ好みの形の準急まで待って乗り込む。


四条大宮からバスで乾隆校。


もはやおなじみ気分の紫野、金魚家まで戻る。

こたつであったまって、ゲストさんとしばし話。


お風呂セットと着替えをもって、いとう、へ。

いらっしゃい、といってとびきりのアットホーム、ありがとう。

今晩は、おろしハンバーグ定食。


これがまた絶品!

ソースの酸味が食欲をそそる。お肉の焼き加減もジューシー。

大好きなバランス、なんというか感動なのだ。


旅してきたのですが、ありがとうございました。

そう挨拶して、また来ます。

チョコをいただいて、外に出る。


船岡温泉。今晩は入れ替えで右っ側。

こっちは初めてなので新鮮。

造りがちょっと違うんだと思った。

肩までつかって、いい湯だな~。


風呂あがり、待ちあいでテレビを見ながら、おじさんたちとあれこれ話す。

鴨せいろ、うまそうやなぁ~、とかつぶやく。



てくてくと金魚家に帰ってきた。


めぐりめぐって、充実した1日になりました。  


  • Posted by えだまめ at 21:43Comments(0)しましま

    しましま~紫野から

    2019年01月17日

    朝、ビジネスホテルを出て、京都駅にむかう。


    バスの営業所でカードを買って206番。

    若草色に深緑の市バスにのって、乾隆校へ。


    紫野といわれるあたり。

    古い民家の住宅街に、銭湯や、飲食店も充実してるところ。

    なんだか、住み心地よさそうな、懐かしくなりそうな。


    道を上がって曲がって、金魚屋、というゲストハウスに。

    バックパックを預けに寄ったけど、ほんとに趣きのある建物。

    アンティークな家具、やさしいスタッフさん。

    なんだか、一気に大ファンになった。


    折り畳み傘をさして、とじて。

    そんなしっとりとした日もいいな。


    バスをのりついで妙心寺。

    広い敷地を歩いてゆく。

    おおきな法堂に入ると、天井には龍が泳いでいた。

    雲龍図。眼にすいこまれそうで、息をのんだ。


    そのままの心で、龍と向き合っているような。

    生きている龍が、そこにいる。そう思った。



    絵師・狩野探幽が8年の月日をかけた作品。

    絵の魂が、今もこうして、心に響く。

    慈しみの雨を、染み渡るように降らせてくれる。

    こんなに感動するとは、思ってもみなかった。



    ひろい境内をでて、嵐電にのる。


    初詣の女性の和装の、華やかな後ろ姿。

    嵐山は、観光客でいっぱい。

    人力車にお土産物屋さん。

    渡月橋、桂川の流れてゆくさま。

    橋のたもとで、空手家たちが寒稽古していた。

    すんごいなぁ~。


    欄干わきで、そこにいた女の子が、カップルさんの写真を撮っていた。

    大切な瞬間が刻まれてゆく。

    これからも、きっとこの先も。

    紡がれる糸のように、流れてゆく水のように。


    ふたたびバスカード活用。

    山越して、目指すは、龍安寺。


    なんといっても、見たいのは石庭。

    ミニマムなシンプルなアート。

    禅の境地とは、ほど遠い自分かもだけど、なんとなく感じることができる。

    静かになってゆく、淡く光がさしてくる。


    居合わせたひとたちと、ともに味わうとき。


    おなかがへったと思ったら、お寺のなかに湯豆腐の料亭。


    お庭の景色をながめながら、おいしい湯豆腐。

    たちどまる湯けむりと、絹ごしのなめらかな豆腐。

    あぁ~、なんだか、いいひとときになりました。

    あったまった~。



    水鳥が、池につくる波紋を見ながら歩く。

    風がふいて、さざ波がたつ。


    仁和寺にも入る。

    こちらも立派なお寺さん。

    山門や五重塔、重厚な木造建築。

    お寺ごとの個性があって、面白い。

    大人になっても、修学旅行は続いてゆく。


    嵐電の始終点、北野白梅町。


    北野天満宮には、人・人・人。


    早咲きの梅の花。

    小さな祈りをささげる。


    芸者さんたちの歌舞練場のある上七軒を抜けてゆく。

    また紫野に帰ってきた。

    大徳寺で、終了間際に拝観させてもらった龍源院。

    石庭が、ここにも。

    なんだが、うれしくなって、ほっとして佇む。


    さらさ西陣で、パンプキンケーキに珈琲。

    銭湯をおしゃれに改装したカフェ。


    おいしい~。そして、生き返るなぁ。


    金魚屋さん、こたつの間でしばらくのんびり、ガイドブックをひらいたり。

    お客さんに、みかんを分けてもらって、一緒に頂いたり。


    晩ごはんは、いとう。

    いらっしゃいませ、ってほんのり暖かい笑顔で迎えてくれた。


    まず、お茶がおいし~い。


    お客さんがいっぱいだったんだけど、気をくばってくれた。


    さば味噌定食を頂く。

    こんな丁寧なさば味噌定食、食べたことないや。

    オーソドックスなんだけど、しっかり素材そのものの味わい。

    それでいて、この値段だから、すごい。

    おやつにチョコレートまで頂いた。

    こりゃ、通いたくなるお店。明日も来よっと。


    船岡温泉、という銭湯にゆく。

    ここは、エキゾチックなタイルと、豊富な湯。

    檜風呂や露天風呂、色々と楽しむうちに、すっかりあったまる。


    ゲストハウスへの帰り道、じんわりと今日のことがしみこむ。

    ほのかな灯りが心にともるような夜でした。  


  • Posted by えだまめ at 12:02Comments(0)しましま