たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

ただいま

2019年11月10日

朝、宿河原駅から歩く。

二ヶ領用水沿いの道、色づいてきた桜の木の葉。


おはよう、って駆け寄って長机やテントを芝生広場へと。


ちょっと肌寒いけど、これからの楽しみな予感に充ちた9時。

みんなで脚をのばして組みあがってゆくテント。



はじめてお会いする新たな出会いも、懐かしい再会も。

おかえりなさい、ただいまです。

そんな安らぎに包まれる優しい芝生。



音響のチェックをしてくれるムーミンさん。

やがてオープニングの演奏がはじまった。


ほんとに縁側にいるみたいな心地よさ。

どこのエンガワだろう。きっと流れてゆく川との縁側。

やさしい風になるようなとき。



手づくりのワークショップの木のカメラをのぞいたり、早めにベーグルとコーヒーを調達してみたり。のんびり、のんびり。


やがて、待ってました!

オペラシアターこんにゃく座の開演!!

なんだか、いつも素晴らしくて、圧巻のステージ。


泣いて笑って、あらたな命の灯がともされる。

そう、生命力にみちたときなんだ。


こんにゃく座の世界に入り込んでいって、いまだに聴こえてくるようだ。

役者さんたちの、きらめく笑顔や、しょんぼりとした表情がたまらない。


歌声と楽器の織り成すアンサンブルがたまらないな。


そして、さらに、待ってました!

Matzo&コマッツォのステージがはじまった。


お父さんと、5才の息子さんの親子デュオだ!


テクニカルで思いきりに叩かれるコマッツォのドラミング!

お父さんの熱のあるヴォーカルとアコーディオンもいい。


なにより、なんか楽しい!!

オリジナルのティアーズって曲がカッコよかった。


芝生のお客さんたちもノリにノっている。


あぁ~、なんか最高だな。



そして、またさらに、ふらりとやってきた根本さん。

肩に三線をぶらさげて。


その場で、飛び入りライブを快諾してくれるキップのよさ。

芝生に三線の音楽がとけてゆくような・・、気持ちのよいお昼どき。

ベーグルは、明太子クリームチーズ、かぼちゃさつまいも、紅玉。

ごちそうさまでした!



ちいさな木のカメラを首からぶらさげると、なんだかうれしい。

アリさんの、緑の道のバッチ、セーターに大切についている。


子どもたちは踊る・走る。

緑やオレンジ、色とりどりの風船を手に。


優しいときがながれてゆく。



Matzo&コマッツォの午後のステージ。


オォーシャンゼリゼと堂々と歌うコマッツォがかっこよかった!


すこしセンターを散歩して、用水沿いのベンチに腰をおろした。


枝が広がっていて、青い空がきれいだった。



芝生にもどって、ドラムセットとかを搬出したり。


記念撮影。あぁ~、いぃ~10周年の緑化フェアだったな、と思うとき。



どうもありがとう。お疲れさまでした~。  


  • Posted by えだまめ at 11:57Comments(2)