たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

川苔山ウォーク

2012年09月05日

今日は奥多摩にある川苔山を歩いてきました。

いやはや、よく歩いた楽しい一日でした。


青梅線に揺られて奥多摩駅へ。

単線に新型車両が乗り入れるミスマッチ感を味わいつつ
緑が色濃くなってゆく多摩川沿いの車窓。

駅からはバスに揺られて檜原街道の細道へ。

平日で空いてると思いきや
大学生達が乗り込んできて満員に…。

川の澄んだ流れや大きな岩の美しさ。
錆色の橋にトロッコが行き来していました。


川乗橋バス停からは舗装された林道を歩く。

渓谷に流れる沢の音。
幾つもの滝。濡れた岩肌。
葉と苔の柔らかな緑のグラデーションがきれいです。

川苔の山名は地に生える緑藻に由来するそうです。


ひとり歩く道の途中。
ロードムービーさながらに1台のバイクとすれ違う。


間伐と枝打ちのされた林を抜けると
奥深くの自然林の森へ。

複雑に入りくむ枝の様相。
木漏れ陽がさしてくる光のトーン。


やがて辿りついたのは百尋ノ滝。
滝壺をうつ音の迫力に圧倒されました。


途中で会った山ガールの2人組と若いカップル。
“お疲れさま~”とエール交換。元気をもらいました。

いやはやツラい登り坂。
ラクな登山のつもりが甘かった…。
てくてくと一歩ずつ進んでゆく感覚。


山頂にお昼に到着。
おにぎりと芋パンとバナナと麦茶の昼食。
鍋とバーナーを取り出しはじめた人達がうらやましくなる…。

広がる景色のたまらない開放感。
満足感にひたりました。


今回の下山は奥多摩や鳩の巣ではなく
尾根伝いの古里ルートを選択。

地図好きとしては奥多摩は地名の宝庫。
タタラノ頭。エビ小屋山。大マテイ山。
どうしてこの地名なのかと地図を眺めながら想像を巡らす。


坂道を下りはじめると眺望がひらけ
遠くの市街地が見えました。

トンボが飛ぶ稜線を心地よく吹く涼しい風。

緩やかな林道の砂利道を踏み鳴らして歩く。


ふとさっきの大学生のことを思いだす瞬間。

学生の頃に何人かで倉沢の鍾乳洞に来た記憶が甦りました。

焚き火の光の揺らめき。木が割れる渇いた音。煙の匂い。

色々な記憶がないまぜになったころ現実に戻る。

営林署の二人連れにすれ違い挨拶しました。


山道を下りてゆくと古里の集落に到着。

立派な民家にきれいな百日紅が咲いていました。


駅から青梅線に乗車。
もえぎの湯に立ち寄り帰路に着く。

山の楽しい休日でした!




  • Posted by えだまめ at 19:11│Comments(4)
    この記事へのコメント
    お久しぶりです。
    川苔山に行ったんですね。
    私も近いうちに行こうと思っています。
    古里に下りたんですね。
    道はどんな感じですか?
    奥多摩に下りるほど急ではないと思いますが、よく整備されている様子ですか?
    Posted by セギセギ at 2012年09月05日 23:21
    ごぶさたしています!

    川苔山の古里への下山ルート
    すごく歩きやすかったです。

    大半が平坦な林道で砂利道や土の道。
    ただ眺望はあまりのぞめませんでした…。

    木々のなかを静かに淡々と歩くのに最適なルートかなと思います。

    山と高原地図・奥多摩の別冊では推奨ルートになってました。


    ではではお気をつけて、楽しい山行を!
    Posted by えだまめ at 2012年09月06日 21:51
    葉と苔の柔らかな緑のグラデーション....素敵なんでしょうね

    激しい にわか雨降ったりしなかったですか?
    Posted by まった at 2012年09月07日 22:00
    まったさん、こんにちは!

    葉っぱも苔も豊かな色合いの緑で
    目に心地よかったです。

    水ぎわを歩く道は身体に良い
    イオンに包まれてるような(^^)


    滝壺にいたとき、今日は雨が降ってなくて
    良かったなと思いました。

    とてもスリリングな実感です…。
    Posted by えだまめ at 2012年09月08日 06:30
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    川苔山ウォーク
      コメント(4)