たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

みちのく双六~5月の海

2016年05月29日

あおあおとした海がひろがっている。


よく晴れた5月の日。

手をあわせ、ただ見つめていた。




バスの車窓には、かつて訪れたところが見えてきた。


震災以降、廃墟になっていたところの多くは、空き地へ。


盛り土やたかい堤防、道路のかけかえ。


いたるところで、土木工事がすすむ。



杖をついたおばあちゃんに、手をそえたとき。


花巻の避難先から、何年かぶりに戻ると仰っていた。




津軽石地区のちかくへ、友とした泥だし作業をおもいだす。


いまなお不通の山田線のプラットホーム。


数年前に亡くなった友。


ようやく、今ここにこられた。



宮古の風景は、とてもなつかしい。


きれいな川が流れていて、渡り鳥が飛来する。



服屋さんを営んでいる、ボランティアリーダーに会いにゆく。


長髪のロックンローラー、格好いい方だ。


あとで飲みにいこうと誘ってもらった。


そのあいだに、サイクリングで浄土ケ浜にいったり。


宿ちかくの商店街を歩いてみたり。




銭湯へゆく、夕暮れのとき。


ふるい味のある雰囲気。


素朴なやさしさにみちた番台の方。


さっぱりと暖まりました。



車でむかえに来てくれて、赤提灯へ。


地元の友人をまじえて乾杯。



刺し身盛り、牡蛎と若芽と葱の煮つけ。


友のこと、宮古のようす、いろいろな話をした。


テレビにうつっていた楽天がかって、手をあげてガッツポーズ(^^)


来てくれてありがとう、と言ってもらえてうれしかった。


どうか、元気でいますように。





あくる朝は、三陸鉄道を北へ。


久慈をめざす。



白い車体に、赤と青のラインがかわいい。


たくさんのトンネルを抜けつつ、右手には青い太平洋。


さわやかな新緑の車窓。


パチパチと写真をとってみる。




久慈についたら、さっそく駅そば。


朝メシを食べ損ねていたから‥。


ホタテそばを注文。安いのに、立派な帆立だった。ごちそうさま。

次の日たべた、味噌焼きおにぎりも、ウニ焼きおにぎりも絶品。



かわいらしいおばあちゃんのいるカウンター。





琥珀色の街。さわやかな潮風。


ほんと不思議なタイムトラベル。


泊まった旅館も木造で、アットホーム。


キョンキョンもここにきて話したのよと、はしゃいでいた。




ひさしぶりに洗濯機をまわして、ほして。


モカという喫茶店で食べるナポリタン。



バスにのって、小袖海岸まで、海を見にゆく。


いい日だった。




今日は、久慈から八戸線にのって。



とてもきれいな海ぞいの路線だった。







いまは青森の、野辺地というところにいます。


週にいちどの楽しみの真田丸を、うとうと途中でしたのは迂闊だった…。



明日からは、さらに北へ、下北半島をゆく。



六ヶ所村に、東通原発。


ちょうど南相馬での震災ボランティアを思いだしていた。



オバマ大統領の来広の折、核について思いをはせる夜。




それでは、おやすみなさい。


  • 同じカテゴリー(みちのく双六)の記事
     みちのく双六~かえるの声 (2016-06-07 22:11)
     みちのく双六~かざぐるま (2016-06-02 22:08)
     みちのく双六~ことばを辿る (2016-05-26 22:11)
     みちのく双六~ハイウェイ (2016-05-24 20:26)
     みちのく双六~点と線 (2012-04-02 17:44)
     みちのく双六~すごろく日和 (2012-04-01 23:56)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    みちのく双六~5月の海
      コメント(0)