たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

ワンタン日和

2018年11月01日

今日は朝から浮き足だっていた。


どうしてもワンタンメンが食べたくなった。

前夜からたまってた唾液。

そのままの気持ちで朝になって、カーテンを開いて。


昼前に着いたのは浜田山。

ほどよい気温はラーメン日和。雲呑日和ともいうかなぁ。


改札おりてすぐ近くのお店、たんたん亭。

明るいオレンジの暖簾。くぐるとちょうど一席あいていた。

OLさんにはさまれて座るカウンター。

このお店は女性でも入りやすそうだ。きれいな店内。


麺の茹であがる湯気、香りたつスープの匂い、きびきびした手つき。


ミックスワンタンメン。


エビの雲呑、豚肉の雲呑、プリっとして、ふわふわでジューシー。

あぁ~、これは、本当にうまいと思った。

すっきりとしていて、また食べたい、と思った。


お店を出て、なんとなく井の頭線にのり、明大前へ。


駅から通りを歩いて、歩道橋を渡り、明大和泉校舎。


もうすっかり変わり、新しい建物ばかりだけど、懐かしさが身体中に込み上げる。


あんなこと、こんなこと、今歩いてる学生達の姿に重ね合わせたり。

当時の友達や自分の面影が甦っては、いたたまれない気分になる。

酸っぱくて、苦くて、ほのかに甘くて。

すかすかのようで、ぎっしりのようで。



あぁ~、この店あったな、そう思う帰り道のすずらん通り。あぁうれしや。


そのままののりで、神保町に向かう。


ここでは、神田古本まつり。

提灯がぶらさがっていて、古書店の軒先には出店。

おそらく、年に一度の大にぎわい。


ふっるい鉄道雑誌とか地図がツボ。あと音楽誌。

何よりも、行き交う人たちの姿がいいなぁって思う。

歩いては立ちどまって物思い。


結局、農文協で発酵の本を購入。古本じゃないけどね。


喫茶店のミロンガ・ヌオーバへ。

煉瓦づくりの建物。

アルゼンチン・タンゴがレコードでちりちりと聴こえてくる。良い良い。

おおきな木テーブル。相席の程よいにぎわい。コーヒーとレアチーズ。

店員さんの大人っぽい雰囲気。


学生のときは背伸びして入ったもんだけど、今では染みいるようさ。回るタンゴ、時の彼方を想う。



御茶ノ水駅まで歩いて、新宿経由で帰った。


自宅でカープのラジオ中継。

映像なしだから、間抜けな感じもするけれど、思い浮かべる。

なんとか、ここから挽回してほしいと願う、秋の夜長。



  • Posted by えだまめ at 08:28│Comments(0)
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    ワンタン日和
      コメント(0)