たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

三日月

2018年11月27日

すこし早めにたまりばーるに着。


午後3時、友だちはまだ来てなかった。


テーブルのむこうには絵たち。

黄色い南武線が通りすぎて、踏切が鳴った。


若い男性のお客さんがふたり、話をしている。

木のふくろうがこっちを見ている。


店主さんに、散歩にいってきます、と言って外へ。

初冬の桜並木、二ヶ領用水沿いを歩いてゆく。


芝生広場、ベビーカーの親子連れ。

黄緑色のゴムボールをお父さんが転がして、それを3歳くらいの女の子が追いかれている。

暮れかけてゆく空。



携帯に着信。

芝生広場は閉まるので、近くの八幡下込碑で待つ。

何回か、歌詞カードを見て歌いながら。


軽く手をあげて、友だちは宿河原方面からやってきた。


ウクレレケースをかかえて、颯爽とした感じ。

すこし歩いて、段をおりて、そこで練習をはじめる。


歌とウクレレ、数回うたって、これはいけそうだという感触をつかむ。

この夏の夜、碑文谷公園の池のベンチでうたった歌なのだ。


たまりばーるへ向かう。

二ヶ領用水の流れにそって、一歩、二歩・・・。



店主さんに、ただいまです。

奥のほうの地図のかかった机の椅子に荷物をおいて、練習再開。


何回も、何回も、確かめるように、音をあわせる。

ここのとこは音を下げて、ここのとこは一拍休んで・・。


たまりばーるの扉がひらいて、懐かしい人が入ってきた。


そばには女の子。何年か会わないうちにお母さんになった友だち。


心をこめて、うたう。

友達の弾く、どこまでもやさしいウクレレの音色。



くるりの三日月。


三日月の欠片のこと。

何かを失くしたあとも、そっと光るもの。

明日になれば太陽がさんさんと輝いて。

つらい涙も悲しい気持ちも、全部風に乗って消えてゆく。

淋しさをやさしさに変えて、届けてくれるうた。


ぶっ通しで、一時間ちかく、何回も何回も歌った。



店主さんは、友達親子に紙芝居。

リアルな声色。描かれてゆく世界。


おつかいでバースデーケーキを取りにゆくあいだに、友達親子は帰っていた。



バースマンスパーティー、といっていいのか、11月生まれのたまりばーるに集う人へのお祝い。


それぞれ自己紹介して、ご飯をたべたり、泡盛をちびちび。

ちびちびのつもりが、ちょっと酔ったかな。


なんだか、急に出番がおとずれた感じ。

グラスの水をごくりごくり。


心臓がどきどきの小心者・・。

みんなの前に立つ。


ウクレレの前奏のあいまで、さんはい、と声で合図。


こ~の三日月を~♪とうたいだす。

声がうわずってしまった。



今となっては、とりあえず、歌い通せたこと。

途中で、みんなで手拍子してくれたり、にっこりしてくれた人もいて。


最後に、やさしさに変えて届けたいのところで、ゆっくりフェードアウト気味にしておわり。


おめでとうございました~、とおじぎ。



かなやまさんが、ケーキを切り分けて、立ってるほうを渡してくれた(^^)




そのあとは、歓談しながら、紙芝居、ウクレレの演奏で夜は更けていった。たくさんおしゃべりしたなぁ。


久地駅までの帰り道、ひろくが三日月の曲でよかったと言ってくれた。



ありがとう。

いい夜になりました。




くるり三日月、聴いたことない方は、YouTubeにラーメンたべてるPVもあり。。オススメ♪



  • Posted by えだまめ at 12:37│Comments(0)
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    三日月
      コメント(0)