たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

日々の葉

2015年04月29日

新緑の日々。



鮮やかな木漏れ日。


咲く花に元気をいただくような季節。




奥多摩にある山に行ったんだけど、携帯を舗道におとしちゃって。


道をひきかえして、地元・鶴川にUターン。



いままた、新品へ交換になった携帯を手にしながら。


日々の思いに心をとめる。




ここのところ大きなニュースが続く。



戦争へとすすみかねない気配だったり。


ネパールの地震のこと。



かつて歩いたアンナプルナの山々の景色。


一緒に歩いたトレッキング・ガイドのこと。


幾つもの星の光。



カトマンズにいた旅人たちのこと。


街の雑踏、村落のにぎわい。ネパールの人たち。



思いをはせながら。





たまたま、喫茶店であった知人に夏みかんをいただいたり。


甘くて苦くて、酸っぱくて、さわやかな匂い。



皮をむいたときの優しい気持ちに感謝しながら。




たのしい集いの夜もあり。



あらたな土地へ引っ越しする人。


たくさん話せたうれしいとき。



韻をふまないかたことラップを3人でうたい笑ったり。


心地よい春の酔いにまかせて。



すてきな人たちと。素晴らしい夜だったなぁ。





いま、本を読む夜。



最近は古典が好きになった。


古今和歌集とか、おくのほそ道など、など。



十代のころとは違う沁みかたを味わう。




本、という字には、おおもと、という意味があるそうだ。


白川静の字解をひきながら、ふむふむ。



自分の足元、根元にあるおおもとは何だろうかと思う。





いろいろな日々。



陽がさして鮮やかな新緑の繁みのなか。


葉みたいな思いをかさねてゆく。  


  • Posted by えだまめ at 22:36Comments(0)